在庫管理術

「Tana(タナ)」I 在庫管理アプリの使い方や評判と在庫管理機能の比較

Tanaとは

Tana(タナ)とは?

Tanaとは、複数のメンバーと簡単に在庫管理を始められるクラウドサービスです

数千種類の実験用資材や薬品がずらりと並ぶ大学研究室のラボでは、資材が別の部屋に持ち出されていたり、調達に時間のかかる専門的な資材が欠品してしまい、実験が中断されることがしばしば。

昼夜を問わず少量多種の資材が消費される環境では、いちいちパソコンを開いてExcelやGoogle Spreadsheetで在庫管理を行うのは困難でした。

このような課題を解決するために、スマホだけですべての機能が使えて、チームに参加したてのメンバーでもすぐに使い始められることを念頭に、大学の研究室が新しい在庫管理ツールを開発したのがきっかけです。

クラウド型のサービスのため、データの管理やバックアップに手間取ることはなく、どのスマホからでも安全に利用可能

また、多言語に対応しているため、まだ日本語が苦手な留学生でも使えると今、注目を集めています。

Tanaの機能

tanaの機能

在庫をチームメンバーと共同管理

チームにメンバーを追加することで在庫を共同管理できます。 ファミリーやサークルなどの小規模チームや、複数の拠点を持つビジネスなど、大規模・小規模など組織の規模を問わず利用可能

スマホでバーコードをスキャン

iOS・Androidに搭載されているカメラをバーコードスキャナとして利用できます。RFIDやバーコードリーダといった高額なハンディターミナルを別途購入する必要がありません

11種類のバーコードに対応

JANコード(EAN)とQRコードはもちろん、全部で11種類のバーコードに対応。海外からの商品もiOS・Android端末でスキャンできます。

入庫・出庫・棚卸が簡単

入出庫(出し入れ)と棚卸(データと実在庫の数合わせ)をシンプルに操作できます。

英語にも対応

2021年3月時点で、英語と日本語に対応。もし他の言語が必要な場合はお気軽に問い合わせを。

クラウドで在庫データを自動管理

データはクラウドで3重にバックアップされます。通信経路は全て暗号化されているため、セキュリティも万全。

Tanaの標準機能一覧

項目 Tana
対象業種 全業種
形式 クラウド在庫管理アプリ
入出庫管理 スマホでバーコード読み取り機能
棚卸 スマホでバーコード読み取り機能
拡張性 REST API(接続方法等はまだ一般非公開のため、サポートへ問い合わせ)

※2021年3月現在の情報です。

 

Tanaの価格・料金プラン【詳細・支払い方法】

tanaの料金プラン

Tanaの料金プランは、メンバー数によって変動する従量課金制で「1名で利用」、「スタンダードプラン」、「アカデミックプラン」の3種類があります。どのプランもすべての機能を利用可能。

また、1名での利用は無料で、機能制限やトライアル期間はありません。在庫を複数人で共同管理する際は、有料プランを選択するとメンバー1名あたりの従量課金制で利用できます。

各プランの詳細は下の表で確認してください。

  1名で利用 スタンダードプラン アカデミックプラン
標準月額利用料(税別) いつまでも無料 メンバー1名につき200円 メンバー1名につき100円
特徴 自宅のクローゼットや趣味のコレクションを整理するのに最適。買い忘れやダブリ買いを防ぐことができます。 あらゆる個人・法人でご利用できるプラン。メンバーを招待することでチーム内の在庫を共同管理できます。 大学生および専門学校生、教育機関の教職員が対象の割引プラン。ランニングコストを抑えて利用できます。
※2021年3月現在の情報です。

 

Tanaの利用料金の支払いは、主要なクレジットカードに対応しています

また、アプリを開いて該当するメニューを選ぶと、有料プランのアップグレードや無料プランにダウングレードすることもできます。

Tanaの使い方やマニュアル

tanaの使い方

Tanaの使い方は公式サイトに掲載されている「Tanaご利用ガイド」を参照しましょう。 主な手順は以下の通りです。

①アカウントの登録 (サインアップ)

Tanaで在庫管理を始めるには個人・仕事用で使用しているGoogleアカウントを使用してTanaアカウントを登録しましょう。

iOS/Androidアプリどちらの場合もアプリを開くとサインイン画面が表示されます。

Googleアカウントで続行すると初回の場合は、サインアップ画面が表示されるので、必要事項を入力してサインアップ完了に。

iOS/Androidアプリからアカウント登録を行うには、ダウンロードしたアプリを開いてから「Googleで続行」ボタンを押してください。

②チームを作成する

Tanaでは在庫管理をチームという単位で行います。アイテムや収納などのテキスト・画像データは全てチーム内に登録されます。

Tanaアカウントを作成すると、デフォルトのチームが自動的に作成されます。チームに複数のメンバーを登録することで、在庫を共同管理することができます。

③メンバーを招待する

メンバーとは、有効なTanaアカウントを持っていてチームに所属しているユーザを指します。 オーナー・管理者がユーザをチームに招待してから承認するとメンバーとなり、共同で在庫管理を行えます(有料プランを利用中のチームのみが利用可能)。

Tanaの在庫管理の手順

tana使用手順

Tanaには「アイテム」「収納」「在庫」という3つのデータ区分があり、これらを組み合わせることで「どこに何が何個あるか」という在庫情報を把握することができます。

Tanaの在庫管理の方法はとてもシンプルですが、管理対象となるアイテムや在庫が大量にあると登録に時間がかかってしまいます。

以下の順番で在庫を登録するとスムーズに在庫管理を行うことができます。

 

  1. 収納を登録する
  2. アイテムを登録してバーコードがある場合はリンク。またはTana QR Codeを印刷してアイテムに貼る
  3. アイテムと収納を紐づけて数量を入力

セットアップが完了すると、チームメンバーはiOS/Android端末の内蔵カメラからバーコードをスキャンしてTanaを開くことができます。

これでアイテムを消費・補充する度に管理者に利用状況が通知され、在庫の見える化を推進できます。

Tanaの評判

tanaのレビュー

在庫管理システムを導入する際に気になるのが、実際使った人の口コミや感想などの評判です。ここでは、APP StoreやGoogle Playの評価とレビューや導入事例から良い評判・悪い評判の両方をいくつかピックアップしてご紹介します。

Tanaの良い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
ネットショップ

ほかのアプリと違いシンプルかつおしゃれで、スキャンが出来るのに無料で使えるところに惹かれて使用しました。小規模ネットショップ在庫管理にはかなりありがたいです!

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
オフィス

使いやすい。事務所の備品を管理するために何個か試したところコレがつまづくことなく使えましたので☆5つ!

Tanaの悪い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
不明

有料使用を終了したいのに、アカウントを消しても消えないし、アンインストールしても残ります。ずっと支払わなければいけない状態です。改善お願いいたします。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
不明

いちいちサインインしないといけない上、カテゴリ変更や作成しようとしても出来ない。 アンインストールしました。

Tanaの評判は概ね良いものが多いようですが、一部では、「アンインストールしても残る」、「いちいちサインインしないといけない」といった口コミも見受けられました。

Tanaは、サブスクリプション*制のサービスのため、アプリをアンインストールするだけでは解約できない仕組みになっており、解約するにはサポートまで連絡する必要があります。

*サブスクリプション:会員制で決まった利用料を支払うことで、商品を利用したりサービスを体験したりするもの。継続利用を前提としており、ユーザーは契約期間中であれば自由にサービスを利用することができる。

Tanaの注意点・デメリット

tanaを使うときの注意

Tanaは、スマホでバーコード読み取って棚卸や入出庫を行うためバーコードやQRコードがない場合、QRコード付きのラベルを印刷して、物品に貼るという作業が必要になります。大量の製品を管理したい人(企業)にはその作業がデメリットと感じるかもしれません。

そういった場合は、やはりその他の在庫管理システムも検討してみたくなるのではないでしょうか。

 

Tanaとその他のソリューションとの比較表

スマートマットクラウドとの比較

Tanaとその他の在庫管理のソリューションとして多くの企業や会社が導入の際に比較検討しているIoTソリューション「スマートマットクラウド」を比較し、まとめました。

  Tana スマートマットクラウド
在庫の管理方法 手動でQRコードをスキャン ※別途スマートフォン必須 自動で数量計測
業務負担 ×(毎回スキャン) ◎(無人で自動計測)
遠隔管理 ×(現場でスキャン) ◎(リモートで確認OK)
棚卸の作業 手動でQRコードをスキャン※別途スマートフォン必須 自動で数量計測

このようにTanaと話題のIoT機器スマートマットクラウドを比較してみたところ…。

Tanaでは、スマートフォンによるスキャンという手間がかかることがわかります。また、QRコードをいちいち商品に貼り付けるという作業も負担に。

次の項では、手間もかからず、遠隔管理も可能なIoT機器について詳しく解説していきます。

IoT機器は、在庫管理の有効な解決策に

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

スマホのスキャンが不要!「スマートマット クラウド」

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品の在庫管理も可能

  • 発注方法は、メール、FAX、インフォマート、メディコードに対応

  • 冷凍室利用(マイナス15度以上)もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 現場への導入に向けて、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポート
スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎