在庫管理術

「ロジクラ」I クラウド型在庫管理システムの機能と評判

ロジクラ

ロジクラとは

ロジクラは、株式会社ロジクラ(旧・株式会社ニューレボ)が運営するクラウド型の在庫管理ソフトで、 基本機能は永久無料で利用できるのが大きな特徴です。

Webブラウザの管理画面とiOSアプリでサービスを提供し、オプションの連携サービスや周辺機器を組み合わせると、さらに便利に使うことができます。
iPhoneを使って入出荷処理や在庫確認が可能、PCから複数ユーザーが複数拠点の在庫管理を利用することができるため、Excelなどによる在庫管理の必要がありません。

現在10,000社(2021年2月時点)と多くの企業が導入している在庫管理ソフトです。

iPhoneで読み取り可能

ロジクラの特徴

ロジクラは、入荷・出荷管理にハンデイターミナルの代わりにiPhoneを使用します。 ロジクラアプリは、iPhoneからapp storeで入手でき、ダウンロード後にログインしてすぐに、検品やピッキング作業が開始できます。

現在(2021年2月時点)ロジクラは、カメラ機能に端末ごとの差異がありバーコード読み取り速度の保証が出来ないため、Android端末には対応していないので注意が必要です。

ロジクラの特徴と機能【在庫管理・バーコード作成など】

項目

ロジクラ

対象業種

ネット通販

形式

クラウド在庫管理ソフト

入出庫管理

スマホでバーコード読み取り機能、入出荷検品、

出荷支援(送り状・納品書作成など)

拡張性

受注管理システムネクストエンジンと連携

 

ロジクラの4つの特徴を紹介します。

①複数人や複数拠点の在庫管理を一元化

  • 誰でも、いつでも、どこでも在庫管理をする事が可能。

②バーコード作成

  • バーコードがある商品は、JANコードなどのバーコード登録により登録商品を確認できます。 バーコードがない商品もバーコードを空欄で商品登録をして、バーコードの自動作成が可能。

③通販の出荷業務を効率化

  • 受注データをもとに送り状や納品書を作成する事が出来るので、出荷業務が効率よく行えます。

④高速スキャンも可能

  • スマホに連携したハンディターミナルを導入し、高速スキャンを実現。


ロジクラのサポート

システムのサポート

ロジクラの使い方は、公式サイトの「操作マニュアル」PDFや、在庫管理ソフト「ロジクラ」ヘルプセンターのページに 実際の画面画像やイラストを使った詳しい解説が掲載されています。

さらに全ユーザーが使えるチャットサポートサービスもあり、使い方に関する疑問点を解消することができます。
有料プランになると、電話やオンライン会議によるサポートも受けられます。


ロジクラの料金プラン

ロジクラの料金

ロジクラの料金プランには以下の4つがあります。

  • 永久に使える無料プラン

    ・基本機能は永久に無料

    ・一括で登録可能な商品100件まで/1拠点まで・月間出荷300件まで

  •  
  • スタータープラン

    ・スモールビジネスに最適

    ・導入支援費用 ¥100,000/1拠点まで・月間出荷300件まで

    ※300件を超える場合は5円/1出荷(オーダー)の従量課金が発生

  •  
  • スタンダードプラン

    ・最も人気のプラン

    ・導入支援費用 ¥100,000/3拠点まで・月間出荷1,000件まで

    ※1,000件を超える場合は5円/1出荷(オーダー)の従量課金が発生

  •  
  • WMSプラン

    ・EC事業・3PL(サードパーティー・ロジスティクス=物流部門を第三者企業に委託する業務形態)向け

    ・導入支援費用 ¥100,000/3拠点まで・月間出荷1,000件まで

    ※1,000件を超える場合は5円/1出荷(オーダー)の従量課金が発生

  •  

▼各プランの特徴・料金・できること

プラン 無料プラン スタータープラン スタンダードプラン WMSプラン
月額料金 0円 9,000円 29,000円 49,000円
商品登録数 無制限 無制限 無制限 無制限
拠点数 1拠点まで 1拠点まで 3拠点まで 3拠点まで
入荷管理 可能 可能 可能 可能
出荷管理 可能(300件/月) 可能(300件/月) 可能(1,000件/月) 可能(1,000件/月)
在庫管理 可能 可能 可能 可能
棚卸 なし あり あり あり
ログ機能 なし あり あり あり
納品書 なし なし あり あり
送り状 なし なし あり あり
セット品管理 なし なし あり あり
公開API なし なし あり(開発中) あり(開発中)
NEXT ENGINE連携 非対応 非対応 ○(+20,000/月) ○(+20,000/月)
shopify/amazon/スマレジの連携 非対応 非対応 ○(それぞれ+10,000/月) ○(それぞれ+10,000/月)
スマホでピッキング なし なし なし あり
ロケーション管理 なし なし なし あり
拠点間入出庫 なし なし なし あり
ABC分析機能 なし なし なし あり

※2021年2月現在の情報です。

 

ロジクラの評判【メリット・デメリット】

ロジクラの評判

ネットやSNS上にある口コミを調べ、ロジクラの良い評判悪い評判をチェックしてみました。

ロジクラの良い評判

face
商事会社

「1人体制」の入出荷の負担を大幅軽減し、導入初月から出荷ミス「ゼロ」を実現。シンプルで使いやすいロジクラの速やかな導入で山積みだった課題を一掃できました。

ロジクラの悪い評判

face

自動発注

金属部品業者

ちょっとした融通が効かずに困ることが多かったです。携帯から出荷予定の登録ができない、一度登録すると取り消せない、一度登録した商品を他の商品の種類に移せないのが不便です。


ロジクラ導入時の注意点

ロジクラ導入時の注意点

ロジクラのスマホでのバーコード読み取りはiPhoneにしか対応していません。Androidに対応予定はないとアナウンスされているので、導入する際は注意が必要です。

また、ロジクラでは無料プランでも商品を無制限に登録することができますが、拠点数は1拠点まで、出荷件数は300件までと制限があります。自社の拠点数や出荷件数を把握して、どのプランに該当するのか検討する必要があります。

ロジクラとスマートマットクラウド

スマートマットクラウドとの比較

ロジクラと当社の在庫管理システム「スマートマットクラウド」を比較してみました。

▼ ロジクラとスマートマットクラウドの比較

  ロジクラ スマートマットクラウド
必要な機器 iPhone スマートマット(重量型IoT)
対応する業種 ×(EC事業者) ◎(全業種)
在庫の管理方法 ×(手動で読み取り) ◎(自動で計測)
業務負担 ×(毎回スキャン) ◎(自動で数量計測)
遠隔管理 ×(現場でスキャン必須) ◎(リモートで確認OK)

①対応業種

ロジクラは、通販業者を対象とする在庫管理システム。宅配の送り状作成や、追跡番号を記録する機能といった出荷に関するサービスが充実しています。
一方スマートマットクラウドは、製造業、卸売業、小売業、医療、サービス業と在庫を持つ幅広い業種の在庫管理に対応しています。


②業務負担

ロジクラはバーコード管理のため、都度人の手を介する読み取り作業が発生します。
スマートマットクラウドは デバイスに乗せるだけで残数を確認できます。 設定したタイミングでの自動計測なので、在庫管理のために在庫置き場まで行く必要もありません


③対応する在庫

ロジクラの管理対象になる在庫はバーコードがあるもの。コードのない商品には手動でコードを生成し貼り付ける必要があります。
スマートマットクラウドは重量ベースで在庫を計測するため、生鮮食品や仕掛品等バーコードのない商品もそのまま計測できます。


IoT機器で人の手を介さない在庫管理へ

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率よく正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化。その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することで、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理が効率的に行えるようになります。さらに稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

在庫管理の課題を解消!IoT機器スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品(1トンでも可*条件あり)の在庫管理も可能

  • 発注方法は、メール、FAX、インフォマート、メディコードに対応

  • 冷凍室利用(マイナス15度以上)もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 現場への導入に向けて、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポート
スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎