業種

製造業

株式会社アメロイド

数百種類に及ぶ仕掛品と製造部品の管理にかかる時間とコストを削減

事例を読む

製造業における在庫管理の目的

製造業における在庫管理の目的は、適正在庫を維持すること。
過剰在庫に陥らず、必要な資材を欠品させないためにはどうしたら良いのでしょうか。


正確な在庫管理と管理業務の効率化を目指す人のために、製造業における在庫管理の特徴、製造業特有の在庫の考え方、製造業の在庫管理の課題やその解決方法について解説します。

製造業の在庫管理の考え方とは

製造業における在庫の種類

製造業で管理する在庫の種類は、大きく直接材間接材に分けられます
直接材は、自社の製品として組み込まれる材料や部品。間接材に含まれる在庫は幅広く、直接材料費に組み込まれないすべてのものを指します。

区分 在庫の種類
直接材 原材料、部品、仕掛品
間接材 工具、消耗品、部材、燃料等

仕掛品の在庫管理のデメリット

製造業のもつ部品の中で、特に管理が難しいのは仕掛品部品です。

仕掛品(しかかりひん)とは、製造の途中で、組立や加工を行う過程にある製品のこと。
仕掛品の調達のため、企業は前もってサプライヤーに生産を依頼したり、前工程を担当する部署で生産したりする必要があります。

加工が不要でそのまま使用できるねじやボルト等の一般部品や製品在庫と違い、仕掛り在庫や特注部品の発注では調達リードタイムを考慮しなければなりません。仕掛品が製造業の在庫管理を難しくしているといえます。

 

工場や倉庫における在庫管理の課題

 部品・仕掛品・製品の在庫管理をしている製造業では次のような問題が発生します。

  • 欠品…在庫切れが発生し、生産ラインの停止や納期遅れにつながる
  • 過剰在庫…欠品を避けようとして、必要以上に在庫を抱える

 

製造業の2大課題
エクセルやフリーソフトによる簡略的な在庫管理をしている企業だけでなく、機能が充実している生産管理システム部品管理システムを導入済みの企業でも、欠品や過剰在庫が防ぎきれていないのが実情です。

 

欠品と過剰在庫の原因

製造業で使用されている生産管理システムには在庫管理機能があります。多くのシステムでは、入出庫数によって算出した理論在庫をもとに管理をしています。

手動による棚卸や入出庫処理をしている都合上、理論在庫と実在庫で在庫差異が出ることは避けられず、そのことが欠品や過剰在庫の原因のひとつとなっています。

工場での在庫管理の課題

製造業在庫管理の効率化

製造業の在庫管理には欠品や過剰在庫以外にも次のような課題があります。

  • 管理するものの大きさや重さ、在庫の形状がバラバラで数が把握しにくい
  • 管理が必要な部品の品目・数量共に多いので、部品管理に時間がかかる
  • 人手不足の工場が多く、現場にかかる在庫管理や棚卸の業務負担が大きい
  • 在庫管理業務が属人化しやすく、担当者に業務負担が集中する

在庫チェック・発注・棚卸という在庫管理の基本業務は多量・多品目管理の製造業では、非常に工数がかかり、工場や倉庫など現場の重い負担に


在庫管理の効率化は、事業規模を問わず製造業企業の経営課題となっています。

 

製造業在庫管理を効率化する3つのポイント

製造業の在庫管理の効率化を図る上で押さえておきたい3つのポイントがあります。

製造業在庫管理の3つのポイント

  • 見える化: データを集めて統計的に分析し、数値やグラフによって在庫状況を可視化
  • 自動化: 手動で行なっていた在庫チェックや発注業務を、機械やコンピューターによる処理で実行
  • 一元管理:倉庫や工場、各拠点の在庫情報を報告の手間をかけることなく遠隔で効率よく管理

3つのポイントを押さえることで、製造業では現場と生産管理部門双方の負担を軽減より正確な管理を実現できます。

 

製造業の適正在庫の維持と業務効率化を実現するIoT在庫管理システム


適正在庫の実現と業務効率化を実現させるには、IoTを採用した在庫管理システムの導入が効果的です。

スマートマットクラウドのイメージ

IoTで在庫を計測することで、リアルタイム実在庫の把握が可能になり、適切な数でタイムリーな発注ができるように。実在庫ベースの発注で欠品や過剰在庫の問題を解決できます。

またIoTを採用した在庫管理システムでは、在庫の見える化・在庫管理の自動化・在庫の一元管理も可能に。

在庫管理にかかる時間も人手も削減し、より重要な業務に集中できるようになります。


さらに、IoTによって自動取得できるデータを活用することで、実際の消費量に見合った正確な在庫計画を立てることが可能になります。

 

工場での在庫管理の課題を解消!スマートマットクラウド

製造業の在庫管理の課題を解決

スマートマットクラウドは、重量型センサを搭載した在庫管理専用のIoT機器です。
棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができます。


スマートマットクラウドは在庫の変動を見える化し、あらかじめ発注点を設定しておくことで自動注文まで行います

詳しく見る

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウド導入のきっかけ部品スマート工場のダンボール部品スマート工場の備品のトイレットペーパースマート工場の部品の配管

スマートマットクラウドは現在、町工場からスマート工場まで幅広い工場に対応。
実際に利用しているお客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけをまとめてみました。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

金属工場

間接資材や消耗品・予備品・仕掛品は目視と勘に基づく在庫管理。しばしば欠品が発生

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

業務効率化

包装資材卸 海外事業部

日々の発注業務がFAXや電話、メールで統一されておらず膨大な転記作業に追われている

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

大手物流会社

欠品防止を目的に保守的な在庫管理をしており、過剰在庫を抱えがち。結果として運転資本が多くなる傾向に

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

自動発注

金属部品業者

受発注のたびに得意先やサプライヤーと電話・FAXでやり取りする手間が煩わしい

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

金属部品
工場

棚卸業務を行う頻度が多く生産ラインの効率性が低い

スマートマットクラウドの導入事例

スマート工場の部品の板スマート工場の部品の一例スマートマットクラウドとビニールテープスマートマットクラウドで棚で管理

スマートマットは「コードレス・省電力・薄型」のIoT機器。これまで町工場からスマート工場まで、幅広い業態の製造業のお客様に導入していただいています。
特に工場での在庫管理では、衝撃に強く耐久性の高いスマートマットの強みが存分に生かされます。 ワイヤレスで作業場所から離れたスペースでも備品・仕掛品・製品を管理できるため、スペースの有効活用や製造現場の安全確保にもつながります。同時にロケーション管理や在庫整理、在庫置き場の見える化も可能に。

※スマートマットのその他の機能に関する詳しい説明はこちら

計測商品(例)
ガムテープ・ダンボール・塗料・コーティング剤などの間接資材
納期を早めるために作り置く仕掛品。A4ボックスで数百個
オイルフィルターなどの直接材料+メンテナンス部品。ボックスで数百個
生産ライン横にある組付けパーツ
冷蔵室にある食材
置き場所(例)
工場内倉庫の床
冷蔵室・冷蔵庫
折りたたみコンテナの下
備品ボックスを置く棚板の上
●製造業IoTの活用成功事例

スマートマットクラウド導入による効果

欠品の回避
欠品した部品が自動的に発注されるため安心できる
在庫の変動が見える化できる
補充ミスがないため、生産機械が動かない、特急調達する事態がなくなり、納期厳守や納期短縮につながる
業務効率化
広い敷地の中でかつ管理すべき商品数も非常に多いため、それらの在庫管理の工数が減るインパクトが非常に大きい
小さな改善で大きな生産性向上につながる
ミス防止によるコスト削減
ラインにおいて気づいたら在庫がなくなり、業務に支障が出ることによる従業員の不満やストレスがなくなる
完成後に検査で気づいて、ラインの他の商品もチェックするという工程がなくなり、膨大な作業コストが低減される
在庫コントロール
在庫変動を数値やグラフでチェックでき、勘と経験で決めていた発注量の最適化を実現
期末の実地棚卸が劇的に楽になり、帳簿数字との誤差も抑えられるようになった

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

製造業の関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)