業種

製造業

株式会社アメロイド

数百種類に及ぶ仕掛品と製造部品の管理にかかる時間とコストを削減

事例を読む

製造業の在庫管理の特徴

製造業の在庫の種類

製造業で管理する在庫の種類は、大きく直接材間接材に分けられます
直接材は、自社の製品として組み込まれる材料や部品。間接材に含まれる在庫は幅広く、直接材料費に組み込まれないすべてのものを指します。

区分 在庫の種類
直接材 原材料、部品、仕掛品
間接材 工具、消耗品、部材、燃料、資材等

製造業における在庫管理の課題

製造業のもつ部品の中で特に管理が難しいのは部品と仕掛品です。


仕掛品(しかかりひん)とは、製造の途中で、組立や加工を行う過程にある製品をさします。

加工が不要でそのまま使用できるねじやボルト等の一般部品や製品在庫と違い、特注部品は調達のため、あらかじめ別会社に生産を依頼したり、仕掛品は前工程を担当する部署が製造をしたりする必要があります。

特注部品や仕掛り在庫の発注は調達リードタイムを考慮する必要があります。

製品や原材料の在庫管理はできても、仕掛品在庫の管理は難しく、

  • 十分に在庫管理ができずに欠品が発生し、生産ラインが停止
  • 機会損失を恐れて、現場の担当者が過剰に在庫を持ちがち
  • 生産ラインとラインの間で滞留しやすく、保管費高騰や棚卸負担に直結

という問題が発生しています。

工場での在庫管理の課題
仕掛品管理以外にも次のような課題もあります。

  • 管理するものの大きさや重さ、在庫の形状がバラバラで数えにくい
  • 管理が必要な部品の点数が多く、数量も多いので、部品管理に時間がかかる
  • 人手不足の工場が多く、現場への在庫管理や棚卸の負担が大きい
  • 在庫管理業務が属人化しやすく勘に頼った発注で在庫金額が膨らみがち

製造業の在庫管理の課題を解決する方法

かんばん方式

かんばん方式は、必要なものを、必要なときに、必要なだけ作ることを目的としてトヨタ自動車が開発した生産管理の方法です。
かんばん方式で使用するかんばんには部品の名前と、数量が書かれています。


▼かんばん方式を使った在庫管理

  • 後工程で部品を使用した時に、前工程へかんばんを送る
  • 後工程から前工程へ届いたかんばんが生産指示となり、生産を開始する
  • 生産したら、後工程で次に使用する部品の在庫を発注・補充する

在庫管理システム

製造業特有の在庫管理の課題を解決する手段として注目されているのが在庫管理システムです。
在庫管理システムを導入することで、製造業には3つのメリットがあります。

スマート工場とは

  • 見える化: データを集めて統計的に分析し、数値やグラフによって状況を可視化
  • 制御: 「見える化」で集めたデータを元に、生産性を高める体制で機械をコントロール
  • 自動化: 人の手を介して行なっていた「制御」を機械やコンピューターによる処理で実行

在庫管理システムには業界に特化したシステム、部品在庫管理システム、という具合にさまざまな選択肢があります。

  • 理論在庫をもとにした在庫管理システムは実際の数量と在庫差異が出ることがある
  • 工場で働く従業員が高齢化、多国籍化の傾向があり、在庫管理システムが使いこなせるようにするには教育コストが発生する

という理由で、在庫管理システムの導入が失敗に終わることもあります。


現場にとって使いやすいシステムかどうかという点も、製造業の在庫管理システム選びの重要なポイントと言えます。

製造業の在庫削減に有効な在庫管理システム

欠品させずに在庫削減を実施したい、現場の在庫管理負担を軽減させたい場合は、AI、IoTツールを使った在庫管理システムの導入がおすすめです。


数量管理や棚卸、発注といった定型業務を自動化することで、負担を軽減し、適正在庫管理を可能にします。


またIoTならクラウド上に在庫変動データを蓄積できます。
データを活用することで、実際の消費量に見合った正確な在庫計画を立てることが可能になります。


担当者の勘や経験に頼って発注を繰り返した結果、過剰になった在庫を削減したい企業にとって、IoTツールはおすすめできる在庫管理方法と言えます。

工場に欠かせないIoTとは

スマートマットクラウドのイメージ

IoT(アイオーティー)とは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

工場にIoTを導入することで、在庫の消費状況を把握し、課題解決の実現が可能になります。

IoTに搭載されているセンサは、機器によって光センサや温度センサ、重量センサなどさまざまです。

次の章では、重量センサ(重さを測る仕組み)で効率的な在庫管理が可能な話題のIoT機器をご紹介していきます。

工場での在庫管理の課題を解消!スマートマットクラウド

工場での在庫管理の課題を解消するスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、重量型センサを搭載した在庫管理専用のIoT機器です。
棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができます。


スマートマットクラウドは在庫の変動を見える化し、あらかじめ発注点を設定しておくことで自動注文まで行います

※スマートマットクラウドの詳しい説明は こちら
スマートマットクラウドの発注機能に関する詳しい説明はこちら

 

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウド導入のきっかけ部品スマート工場のダンボール部品スマート工場の備品のトイレットペーパースマート工場の部品の配管

スマートマットクラウドは現在、町工場からスマート工場まで幅広い工場に対応。
実際に利用しているお客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけをまとめてみました。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

金属工場

間接資材や消耗品・予備品・仕掛品は目視と勘に基づく在庫管理。しばしば欠品が発生

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

業務効率化

包装資材卸 海外事業部

日々の発注業務がFAXや電話、メールで統一されておらず膨大な転記作業に追われている

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

大手物流会社

欠品防止を目的に保守的な在庫管理をしており、過剰在庫を抱えがち。結果として運転資本が多くなる傾向に

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

自動発注

金属部品業者

受発注のたびに得意先やサプライヤーと電話・FAXでやり取りする手間が煩わしい

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

金属部品
工場

棚卸業務を行う頻度が多く生産ラインの効率性が低い

スマートマットクラウドの導入事例

スマート工場の部品の板スマート工場の部品の一例スマートマットクラウドとビニールテープスマートマットクラウドで棚で管理

スマートマットは「コードレス・省電力・薄型」のIoT機器。これまで町工場からスマート工場まで、幅広い業態の製造業のお客様に導入していただいています。
特に工場での在庫管理では、衝撃に強く耐久性の高いスマートマットの強みが存分に生かされます。 ワイヤレスで作業場所から離れたスペースでも備品・仕掛品・製品を管理できるため、スペースの有効活用や製造現場の安全確保にもつながります。同時にロケーション管理や在庫整理、在庫置き場の見える化も可能に。

※スマートマットのその他の機能に関する詳しい説明はこちら

計測商品(例)
ガムテープ・ダンボール・塗料・コーティング剤などの間接資材
納期を早めるために作り置く仕掛品。A4ボックスで数百個
オイルフィルターなどの直接材料+メンテナンス部品。ボックスで数百個
生産ライン横にある組付けパーツ
冷蔵室にある食材
置き場所(例)
工場内倉庫の床
冷蔵室・冷蔵庫
折りたたみコンテナの下
備品ボックスを置く棚板の上
●製造業IoTの活用事例

▼部品・仕掛品の在庫チェックと前工程への生産指示を自動化(株式会社アメロイド様

アメロイド様仕掛品管理の導入事例

点数の多い部品管理や仕掛品管理をスマートマットで。在庫数が一定数を下回ったら前工程への生産指示が自動で出る仕組みに

 

▼自動車の部品管理と棚卸効率工場(名古屋ボデー株式会社

名古屋ボデー様棚卸効率改善事例

自動車部品のうち動きの大きい在庫にマットを管理。毎日の数量時間を半分に。棚卸効率も大きく改善

 

▼重量の重い資材の管理(株式会社ゴーリキ様

ゴーリキ様重量物管理の導入事例

マットを複数枚使用して重量の重い資材を計測することも可能

スマートマットクラウド導入による効果

部材欠品による納期短縮
欠品した部品が自動的に発注されるため安心できる
在庫の変動が見える化できる
補充ミスがないため、生産機械が動かない、特急調達する事態がなくなり、納期厳守や納期短縮につながる
業務効率化
広い敷地の中でかつ管理すべき商品数も非常に多いため、それらの在庫管理の工数が減るインパクトが非常に大きい
小さな改善で大きな生産性向上につながる
ミス防止によるコスト削減
ラインにおいて気づいたら在庫がなくなり、業務に支障が出ることによる従業員の不満やストレスがなくなる
完成後に検査で気づいて、ラインの他の商品もチェックするという工程がなくなり、膨大な作業コストが低減される
在庫コントロール
在庫変動を数値やグラフでチェックでき、勘と経験で決めていた発注量の最適化を実現
期末の実地棚卸が劇的に楽になり、帳簿数字との誤差も抑えられるようになった

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 資料をダウンロード(無料)

製造業の関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)