膨大な種類のボルト類を重量管理!曖昧だった最小閾値(しきいち)もデータ化|名古屋ボデー株式会社

名古屋ボデー様導入事例

名古屋ボデー株式会社

業種:製造業
従業員数:80名(2021年9月時点)

「日本一のボデー屋に、なる!」をモットーに、オーダーメイドのトラックをゼロから製作。「お客さまの要望に応える」という創業時の信念を受け継ぎ、全長10mにおよぶトラックボディー製造に圧倒的な連携とチームワークで日々邁進し続けています。

 

今回は、スマートマットクラウド導入にいたるまでに在庫管理・発注業務で抱えていた課題や導入の経緯、導入後の感想などのお話を製造部の管理者である丹羽さまにお伺いしました。

  • 約1万点の部品の在庫管理と棚卸に膨大な時間がかかっていた
  • 在庫管理の時間が半分になり、動きの大きい部品とそうでない部品が把握できるように
  • 最小閾値が判明し、適切なタイミングでの発注が可能になった
  • 無料で事例集を受け取る

 

貴社の事業内容について教えてください

丹羽様:

商業用のトラックの荷台を1台ずつオーダーメイドで製造を行なっております。生産台数は年間300台、カスタマイズ700台です。

また、それに付随する業務として、修理や改造も行なっております。

名古屋ボデー様大型パーツ管理の様子

スマートマットクラウドを導入する前の在庫管理や発注の課題についてお聞かせください

アナログだった細かい部品の在庫管理の負担を削減

丹羽様:

オーダーメイドで1台、1台製造するため、とにかく部品の種類と数が膨大で…。メインはボルト類なのですが、作るトラックによってそのサイズもまちまちです。

トラックの荷台を作るということは注文住宅を丸ごと作るというイメージ。積む荷物に合わせて作っているため、使用する部品のサイズもバラバラなのですが、どのような注文にも対応できるよう、あらゆる部品を用意しておく必要があります。

「在庫切れ」がある=荷台の製造ができないというトラブルは絶対に避けなくてはなりません。

これまでは、約1万点にもおよぶ部品などの在庫を目視で確認、それを表に記入するという作業を毎朝2人の担当者が30分くらいかけて行なっていました。

名古屋ボデー様部品管理の様子

部品管理の様子

実はこの作業、慣れれば30分くらいで終わるのですが、不慣れだと2時間以上かかってしまうくらい大変でして…。さらに、毎月1度行う棚卸も、やはり人力で行なっていましたので、こちらは3人がかりで丸2日間かけていました。

スマートマットクラウドをお知りになったきっかけを教えてください

丹羽様:

お話しましたように人手と時間をかけている「在庫管理、棚卸をなんとかしたい」ということは弊社の社長も課題としてずっと認識していました。「単純な作業は機械にやらせた方が良いのでは?」と…。

販売管理システムなどさまざまな在庫管理システムを検討していましたが、会社の業務内容が特殊なこともあり、合うものが見つからずに、悩んでいた次第です。

そんな時に、スマートマットクラウドのことを社長が広告か何かで拝見し、在庫管理に携わる私たちに紹介してくれました。

そこからはzoomで行なって頂いた説明会に社長と一緒に参加しまして、私どもの業務内容にも合致する!すぐに検討し、導入を決めさせていただきました。

現在、スマートマットクラウドをどのように運用されているのでしょうか

よく動く部品をまとめて一定のエリアで管理!

丹羽様:

今、230台のスマートマットクラウドを導入、運用しています。

名古屋ボデー様導入の様子一定のよく動く部品を管理しているエリアにスマートマットクラウドを置くことで、そのエリアにある部品は、毎朝、人が入って管理しなくても良いという状態になりました。

作業時間も約半分に。そこが一番目に見えて効果が出ているところですね。

また、よく使う部品と使わない部品が具体的にわかるようになりました。最小閾値(しきいち)がデータ化されたので、「もっと早めに発注すれば良かった」などと言うこともなくなり、発注や棚卸もスムーズになりました。

余談ですが、スマートマットクラウドを導入するにあたり、倉庫内の箱などを整理する必要があり、これまで捨てよう捨てようと思ってもなかなかできなかった、倉庫内の整理整頓ができました。倉庫内をキレイにできなかったという課題が思いがけず、解消しました(笑)

名古屋ボデー様管理画面

スマートマットクラウド管理画面

まだ導入して間もないので、活用し切れていない部分もあるのですが、今後は、薄いもの1,000枚といった数えにくい部品についてもスマートマットクラウドを使って重量で管理した方が良いなと考えています。自動発注との組み合わせなども行なっていきたいですね。

 

注*閾値(しきいち):発注点。スマートマットクラウドは、残量一覧ダイジェストメール(一日一回)や閾値(しきいち)到達時の通知、発注通知などを受け取ることができ、管理画面にアクセスしなくても在庫数量の把握が容易に可能です。

インタビューのご協力ありがとうございました。約1万点もの膨大な部品の在庫確認・棚卸業務労力削減に寄与したとのお声、私たちも大変嬉しいです。管理品数が多い企業さま、在庫管理や棚卸に課題を抱えている多くの企業さま、現場スタッフの皆さまのお役立ちができますよう、今後も努力してまいります。

名古屋ボデー株式会社|スマートマット導入の概要

導入目的

在庫確認・棚卸業務の労力削減、発注漏れ防止など

設置場所

倉庫内

管理商材

大物やボルト/ナットなどの小物まで部品全般

スマートマット導入の決め手

単純作業を自動化、重量で在庫管理が可能なこと。特殊な業務内容でも使用可能であったこと

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード