業種

美容院

株式会社 GO TODAY SHAiRE SALON

発注業務、棚卸に画期的な変化を

事例を読む
 

美容院・ヘアサロンの在庫管理【シャンプー・カラー剤など】

美容院在庫の特徴

ヘアカット、パーマ、カラーリング、シャンプーなど髪に関するさまざまな施術を行う美容院・ヘアサロンは、シャンプー、コンディショナー、カラー剤、手袋、マスクといった膨大な種類と数の美容消耗品の在庫管理を行なっています。

また、お客さまのあらゆる美の要望に応えるために、マツ毛のエクステやネイル、マッサージなどヘアケア以外のサービスを提供している店舗も多く、それらに使用する消耗品やリラックスしてもらうために提供するドリンク類などの在庫管理も合わせて行わなければならず、その業務負担は相当のものです。

いずれもお客さまのサービスに大きく関わるアイテムであり、美容院・ヘアサロンの経営にも大きく影響するため、在庫管理の正確さや効率化がより求められることになります。

 

美容室・美容院の在庫管理の課題

美容院在庫管理の課題

美容院・ヘアサロンでの在庫管理の具体的な課題といえば…。

  • 施術に使う消耗品の種類が多いため、発注作業に時間と労力がかかる
  • 毎日どれだけ在庫が残っているのかをチェックするのが大変
  • 髪や頭皮に塗布するものが多く、使用量によって仕上がりが左右されるので、欠品が許されない
  • 美容スタッフが在庫管理業務を兼ねることも多く、本来の業務やスキルアップに専念できない
  • 美容スタッフは美容に関する知識はあるが、在庫管理やシステムの操作に苦手意識を持つことがある

美容院・ヘアサロンに必要な最新技術IoTとは

IoT(アイオーティー)とは、英語のInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

ホテルや旅館業界もIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

これまで美容院・ヘアサロンでは、他の業界よりもデジタル化やIT化がやや遅れていましたが、ここ数年で急速に導入が進んでいます。

お客さまの満足度アップやスタッフの働き方改革につながるIoTは、美容院・ヘアサロンのさまざまなシーンで活躍がおおいに期待されています。

美容院・ヘアサロンのIoTとして最も有名なのが、美容室向けのスマートミラー「MirrorRoid(ミラーロイド)」です。

MirrorRoid(ミラーロイド)は、美容室の鏡(セット面)にAndroid(アンドロイド)が動作するスマートデバイスを組み込んだもので、さまざまな情報表示やスマートフォンとの連携が可能。

具体的には、

  • ヘアスタイのシミュレーション

    連携するアプリを活用することで好みの髪型やカラーを見つけることが可能。

  • スマートアナライザー

    3万人の髪のデータと照らし合わせた髪質診断により、最適なメニューや商品を提案可能。

  • 店舗やおすすめメニュー・商品の宣伝

    鏡自体が一つの大きなディスプレイとなっているので、施術中の時間を利用して宣伝が可能。

MirrorRoid(ミラーロイド)は、2020年に大手ヘアサロン「EARTH」で導入が開始されるなど、「ミラーロイドのある美容院」にますます注目が集まっています。

IoTは美容院・ヘアサロンの在庫管理の課題も解決!

IoTは、MirrorRoid(ミラーロイド)のように、接客や宣伝など、いわば表舞台の課題を解決するだけではなく、先述したような裏方の作業とも言える在庫管理の課題も解決できます。

在庫管理は、一見、地味で目立たない作業ですが、実はかなりの労力を要するうえ、在庫切れや発注ミスはお客さまの満足度の低下や経営そのものにも大きく影響を与える重要なものです。

次の章では、このような「美容院・ヘアサロンの在庫管理の課題」を、在庫管理・発注の自動化が可能なIoT機器スマートマットクラウドについて詳しくご紹介します。

 

美容院・ヘアサロンの在庫管理の課題を解消!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、重量型IoTを使用した在庫管理システムです。
ダンボールごとのせるだけで在庫の計測ができ、液体の在庫にも対応。中身が見えないボトルに入ったシャンプーの管理もラクラクできます。 あらかじめ決めた在庫量を下回るとアラートしてくれるだけでなく、自動発注までこなします

スマートマットクラウドは業種・品目を問わず幅広い場面で使われており、美容院・サロンへの導入実績も豊富です。

※スマートマットクラウドの詳しい説明はこちら
スマートマットクラウドの発注機能に関する詳しい説明はこちら

 

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウドは現在、業界問わず幅広いお客様にご利用いただいています。
お客様の実際の声をもとに、美容院・ヘアサロンが抱えていた課題とスマートマットクラウドを導入したきっかけを以下にまとめました。

face

効率化

美容室

予約がいっぱいの多忙な時期は、業務の後に在庫管理を行わなければならない

face

人手不足解消

ヘアサロン

在庫管理業務からスタイリストを解放し、本来の業務に集中させたい

face

自動発注

理容店

発注・棚卸等の雑務に追われ、なかなか思うようにカットのスキルアップが図れない

 

スマートマットクラウド導入事例

計測商品(例)
施術に使用するシャンプー、コンディショナー、カラー剤
サービス用ドリンク
販売用のヘアケア用品
来店サービスのアメニティ
置き場所(例)
サロン内のラック
ドリンクの保管スペースとなっている冷蔵庫脇
休憩室ロッカーや棚の上
 

スマートマットクラウドの導入事例

スマートマットクラウドを美容院・ヘアサロンでご利用いただいているお客様の使用例をご紹介します。

▼スマートマットクラウドを使った消耗品管理(株式会社 GO TODAY SHAiRE SALON様

スマートマットクラウドを使った美容院の消耗品管理

 

ヘアサロンでスマートマットクラウドを使って、施術用品や店舗備品の在庫管理・発注をしています。

 

スマートマットクラウド導入による効果

美容院でのスマートマット導入効果

お客さまのニーズに対応
出入りの少ない物の商品変更をする際、何が多く使われて何があまり減らないかを知ることで、現在扱ってる物の数状況を把握でき、品物を選定することに役に立つ
在庫管理業務から解放され、接客や施術に集中でき、きめ細やかな対応が可能
業務効率化・コスト削減
スタッフが在庫管理・発注業務から開放され、本来の業務への集中が可能
消耗品の適正な在庫管理をすることで、在庫過多をなくす
消費ロスの低減
消費履歴のデータを分析することで、事前に必要な消耗品だけを仕入れることが可能
働き方改革
本来の業務後に行っていた在庫管理業務の負担が軽減
スタッフが本来の業務に専念でき、スキルアップや満足度向上につながる
 

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る

美容院の関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード