目的

フードロス

全日本空輸株式会社

食品ロス削減をめざしてANA空港ラウンジの食事やドリンク管理をIoTで

事例を読む

フードロス(食品ロス)とは

フードロス(英語:Food loss/食品ロス)」とは、本来食べられるにもかかわらず食品を廃棄してしまうことを指します。

フードロスは、

  • 家庭系フードロス
  • 事業系フードロス

に大別されます。

事業系フードロスが出てしまう原因は、

  • 在庫管理が不十分で、必要量以上に食品の発注を出している
  • 流通の過程(スーバーやコンビニの店頭)で賞味期限切れになってしまう
  • 会社が販売できる量以上の食品を製造・調理をし、売れ残る

などがあげられます。

フードロスについて詳しくはこちら

事業系フードロスの原因

スマートマットクラウドを使ったフードロス削減事例


実際にフードロス対策目的でスマートマットクラウドを導入している団体・会社の事例を紹介します。

スマートマットクラウドでフードロス削減

食品の在庫管理を自動化して在庫量を適正に保つためには、最新のIoT機器であるスマートマットクラウドを導入する方法が有効です。

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットは重量ベースで在庫管理ができるIoT機器で、現在までに多くの事業者様に導入していただいています。

詳しく見る

食品在庫管理の課題

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

サービス業

施設内飲食サービス担当

ドリンクを提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えている。結果として過剰在庫になっている

38d9d7f4eb63544355603c3e62e8f619

流通

配食事業者

牛乳・ヨーグルト等賞味期限が短い乳製品の在庫管理を手軽に行いたい

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

飲食

首都圏ホテル料理長

ビュッフェ形式で料理を提供している。メニューによってはどうしても廃棄ロスが出てしまう

お客様の声

現在多くの食品を扱う事業者様にスマートマットを導入していただいています。スマートマットクラウドを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとに導入効果をまとめました。

飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後はほぼ時間をかけずに発注できるようになった
ビュッフェコーナーの食事残量をメニューごとに管理。見回りの手間を省き、食品廃棄の量を削減できるように
在庫の数量を簡単確認できるようになり、棚卸も不要になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。安全在庫の把握が出来るので、発注し過ぎがなくなった
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことで顧客満足度が向上した
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実食品在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ
オフィス
総務部門が来客用ドリンクの在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、備蓄品の期限切れがなくなった

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

フードロスの関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)