業種

物流・倉庫

NTT東日本 板橋サービスセンター

保守パーツ部材の物品管理業務を削減・RPAで発注システム連携を推進

事例を読む

スマートロジスティクスとは

ロジスティクス(物流)とは、物流を統合・一元化して効率よく管理していくことです。

そして、スマートロジスティクス(スマート物流)とは、AI(人工知能)とloT(モノのインターネット)などの最新技術を使い、業務を効率化して顧客満足度を高めるために重要視されている取り組みのひとつ。

また、年々深刻化している物流業界の人手不足や人為的ミスを解消するためにも欠かせない考え方です。

コロナ渦の中、ネット通販、お取り寄せなどの需要が高まり、スマート物流の導入はさらに加速しています。

スマートロジスティクスに必要な最新技術【AI・IoT】

スマートロジスティクスを実現するために欠かせないのがAIとIoTの最新技術です。ここでは、それぞれの定義や意味、特徴、メリットをわかりやすく解説します。

AI(人口知能)

AIとは英語のArtificial Intelligenceの略で、「人工知能」のことです。学習、言語理解、推論、判断、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターが行う技術

物流業界で大きな課題となっている人手不足・労働力不足の解消や人間ではできなかった深い分析や最適化・可視化を行うなど多くのメリットがあります。

一方で、人間の業務負担が減るメリットがある=それまでその業務のために雇用されていた人間が不要になってしまうとデメリットも危惧されています。

IoT(モノのインターネット)

重量物管理マルチマットの活用マルチマットの倉庫での活用棚の上でのマット使用事例

IoT(アイオーティー)とは、英語のInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

スマート工場もIoTを導入することで、生産状況などを把握し、より効率的な生産体制を考案し、実施することが可能になります。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

スマートロジスティクスの種類【倉庫・輸送】

スマートロジスティクスには大きく分けて輸送IoT倉庫IoTがあります。

  • 輸送IoT:配送状況をネットワーク経由で管理。配車システムやGPSなど
  • 倉庫IoT:倉庫の状態をネットワーク経由で管理。自動倉庫システムや在庫管理システムなど

物流IoTで物流現場の自動化と省人化が進むと、飛躍的なサプライチェーン全体の効率化が実現します。

 

物流(ロジスティクス)業界の課題

物流業界の在庫問題

 

では、現状、物流業界はどのような課題を抱えていて、スマートロジスティクスの導入が必要なのでしょうか。具体的にみていきましょう。

  • 人手不足・労働力の高齢化
  • 長時間労働
  • 人為的ミス
  • ネット通販・EC・個人同士の取引増加(小口配送)による負担増

このような現状下、「商品の備重量が重いため、いちいち持ち上げて数えることができない」、「商品や人が出入りが多く、在庫の変動を把握するのが大変」、「棚卸・発注作業にかかる時間が負担」…といった現場からのリアルな悲鳴が聞こえています。

次の章では、重量センサ(重さを測る仕組み)で物流業界の課題を解消する話題のIoT機器をご紹介していきます。

 

物流現場の課題を解消!スマートマットクラウド

物流現場で活躍するスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、重量型センサを使用した在庫管理専門のIoTソリューションです。棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができます。

 

スマートマットクラウドの導入のきっかけ

スマートマットクラウドは現在、業界問わず幅広いお客様に導入・活用していただいています。
お客様の実際の声をもとに、物流業界や倉庫でのスマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

卸売

酒類卸売業

顧客の倉庫にある商品の在庫残量をリモートでチェックしたい

ccbb7801eeb1f61b0d4e9282f2c5e645

物流

包装資材卸 海外事業部

組立工場での消耗品・備品は従業員による都度発注で効率が悪い

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

リサイクル企業

金属リサイクル会社

リサイクルボックスを定期的に確認するのではなく、中身がいっぱいになったときに回収に行く仕組みに変えたい

スマートマットクラウドの使用事例

フォークリフトラベル貼り棚卸資材管理

スマートマットクラウドを倉庫でご利用いただいているお客様の使用例をご紹介します。 コードレスかつ省電力なスマートマットクラウドはサイズ展開も豊富。さまざまなお客様のニーズに対応します。

計測商品(例)
ダンボール・PPテープなどの包装・梱包資材
発泡スチロールなどの緩衝材・保護資材
遠隔監視が必要な顧客先の資材
冷蔵が必要な食品・飲料
容器に入った液体の洗剤
置き場所(例)
物流パレットの上(複数マットで対応)
倉庫内保管部屋の床
冷蔵倉庫の中
倉庫内の棚
配送車の中

▼重量のある商材管理(株式会社ゴーリキ様

ゴーリキ導入風景

複数枚マットを配置してマットよりも大型かつ重量のある在庫を計測することが可能です

 

スマートマットクラウド導入による効果

配送効率の向上
広い敷地・遠方への配送の中で無駄な動きが減ることで、生産性が劇的に向上
荷物が一定量を下回った際だけ補充するので、効率的なサプライチェーン・マネジメントが可能
ビル内配送でも、全拠点を見回ることなく、ピンポイントで補充することが可能
資材欠品を防ぎ納期短縮
生産機械が動かない、特急調達する事態がなくなり、納期が遅れない
業務効率化
同じ在庫管理システムで残量を一元管理することで、効率的な補充が可能
既存WMSとのAPI/CSV連携により、今まで見えなかったリアルタイム実在庫データの可視化が可能に
製造や輸送をストップして行なっていた実地棚卸の時間と労力を大幅に削減

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る

物流・倉庫の関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料資料を受け取る
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード