目的

物流効率化

株式会社日本工業社

「費用対効果は約200万円/年」顧客企業のコピー用紙在庫を遠隔監視&自動発注

事例を読む

物流コストを削減する方法

在庫管理で物流費を抑えるには

 

物流コストを削減するポイントは、在庫管理を徹底し保管費を下げること

また自社にフィットする在庫管理システムを導入し在庫管理を自動化することで、物流コストで大きな割合を占めている人件費削減することができます。 

物流効率化について詳しくはこちら

スマートマットクラウド導入による効果

実際に使用しているお客様の声をもとに、スマートマットクラウド導入による物流コスト削減効果をまとめました。

取引先在庫
在庫が少ない複数店舗を効率よく回る配送ルートを組み納品できるようになった
在庫切れで急な納品に出向くのではなく時間に余裕があるときに能動的に必要数を納品できるようになった
自社在庫
倉庫にある製品や香料の在庫を自動でチェックしメールで1日1回確認できる
品切れのため、在庫のある系列施設まで時間をかけて取りに行く作業がなくなった
a6456a91e5924739a461a372e441aefc-200x200

見える化

メーカー

製品の数量を見える化し、実在庫推移をスタッフで共有。正確に把握できるようになった

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

遠隔管理

オフィスサポート

取引先での在庫確認や補充数量の算出にかかっていた費用を年間約200万円以上削減できた

物流コストを抑えるスマートマットクラウドとは

スマートマットクラウドのイメージ

IoT在庫管理機器スマートマットクラウドは、在庫の残量を自動的に計測。発注や棚卸の業務を自動化し、物流コスト削減に貢献します。

スマートマットクラウドは、重量で在庫の残量を確認。理論値ではなく、いまある在庫を正確に計測します。
薄型でコンセント不要のワイヤレス仕様のため、取引先にある自社在庫管理ツールにも最適

在庫の変動はブラウザ上で遠隔からも確認でき、パーセント・個数表示。在庫変動もグラフで見える化。 在庫データはCSV形式で書き出しができるので、適正在庫の検討や分析にも貢献します。

詳しく見る

 

物流コストを高騰させる在庫管理の課題

お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

遠隔管理

サプライヤー

取引先より在庫が切れてから急に納品を求められることがあり、配送料がかかる

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

遠隔管理

 

納品配送ルートを最適化し配送スタッフの労働時間を削減したい

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

在庫管理

フレグランス製品メーカー

製品に使う香料を海外から輸入してるので実在庫の推移を把握し品切れを防ぎたい

スマートマットクラウドの導入事例

自社倉庫在庫
製品のルームディフューザー・香料の缶
表彰用品やバッジ
酒・ジュース
取引先にある在庫
納品先病院倉庫にあるペーパータオル、紙おむつ、リネン類
コピー機の保守契約を結んでいるクライアントのオフィスサプライ用品
契約しているレストランに納品している農産品

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

物流効率化の関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)