業種

皮膚科

とりい皮膚科

医療機関専売品や皮膚科クリニックの備品の管理を効率化してメイン業務に専念

事例を読む

皮膚科の物品管理【消耗品・医療材料・医薬品・化粧品】

皮膚科・美容皮膚科の病院、クリニックでは、皮膚に関する治療に必要な医療材料治療薬消耗品や備品と、膨大な種類や数の物品管理を行っています。

一般皮膚科と美容皮膚科の在庫

また、皮膚科・美容皮膚科ではアトピー性皮膚炎やニキビなどの治療で通院する患者さんや、脱毛やエイジングケアをはじめとする自費診療を受けにくる患者さんの要望で、ドクターズコスメや敏感肌用化粧品などを扱うこともあります。

薬や化粧品には消費期限が定められており、消費期限の管理にも注意を払う必要があります。

皮膚科在庫の特徴

皮膚科・美容皮膚科在庫の特徴をまとめました。

皮膚科の在庫の特徴

 

  • 医療材料:種類が多い。品切れすると治療に支障がある
  • 衛生用品消耗品:数量が多くかさばりやすい。消毒液や洗剤など液体はあ残量がわかりにくい
  • 医薬品:使用期限がある。品切れすると治療に支障。温度管理が必要なアイテムがある
  • 院内販売品:使用期限がある。需要予測や死に筋の見きわめが必要

いずれも患者さんの治療やケアに関わるアイテムを管理するため、一般皮膚科・美容皮膚科の物品管理は、正確さが求められることになります。

皮膚科の物品管理の課題

皮膚科物品管理の課題

皮膚科での物品管理の具体的な課題といえば…

  • 医療材料や医薬品の種類が多く、数量も非常に多いため、在庫を数えるだけでかなり時間と労力がかかる
  • 薬品には使用期限があるもの管理する温度を守らなければいけないものもあり、管理に気を使う
  • レーザー照射用の炭酸ガスや、受付で販売している化粧品等、高額な在庫があり、棚卸で数が合わないと経営上の影響が大きい
  • 看護師や受付業務のスタッフが物品管理業務を兼ねることも多く、治療や接客といった本来の業務に支障があることも

このような皮膚科特有の物品管理の課題を、在庫管理・発注の自動化が可能なスマートマットクラウドなら解決できます。

スマートマットクラウドは、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。皮膚科をはじめとした病院やクリニックへの導入実績が多数あります。

病院・クリニック様に以上のような効果を実感していただけます。

スマートマットクラウドで発注・在庫管理を自動化

皮膚科の事例のスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、貴院でも簡単に自動化が可能です。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

「スマートマットクラウド」は、メール・FAXに加え、医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く使われている標準商品コード「メディコード」を使ったAPI連携により、貴院で現在お取引のある主要ディーラーに対し自動で発注を行うことができます。

スマートマットのサイズは、A5サイズ〜A3サイズまで

  • 倉庫室のラック上

  • 診療エリア備え付けの棚の中

  • 引き出しの中

貴院のスペースや使用状況、導線に合わせた設置が可能です。

スマートマットクラウド導入のきっかけ


お客様の実際の声をもとに、抱えていた課題とスマートマットクラウドを導入したきっかけをまとめました。

花房先生事例インタビュー

花房先生

まれに必要な消耗品がないことがあり、大事には至らないまでも焦ることがありました。(中略)自費診療の患者様が化粧品を買いたい時に在庫を切らしていたことがあったりして、とても課題に感じていました。

千里中央花ふさ皮ふ科花房先生インタビューより

副田先生事例インタビューより

副田先生

 

月に1回、クリニック総出で在庫の点検をしていたのですが、これが非常にマンパワーがかかる仕事で。誤差が出ても理由が判明しないという問題もありました。

レナトゥスクリニック副田先生インタビューより

スマートマットクラウドの皮膚科での使用事例

スマートマットクラウドを皮膚科でご利用いただいているお客様の実際の使用例をご紹介します。

コードレスかつ省電力なスマートマットクラウドはサイズ展開が豊富。

さまざまな皮膚科病院・クリニックのニーズ・ご利用方法に対応しています。

計測商品(例)
マスク・グローブ・消毒液、紙シーツ等消耗品
ガーゼ・コットン・テープ・注射針・シリンジなど医療材料
メスなど手術用品の滅菌洗浄液(ポリタンク入り)
美容医療用ボトックス・ボツリヌス菌(冷蔵・冷凍保管
ヒアルロン酸製剤・ジェル
内服薬・外用薬
レーザー照射用炭酸ガス
院内で販売している化粧品(洗顔料・化粧水・乳液・クリーム・日焼け止め)
置き場所(例)
診察室
処置室・手術室
物品管理室・院内倉庫
医薬品用冷蔵庫内
受付付近の棚の中

●冷蔵庫内での医薬品管理(レナトゥスクリニック様)

renatusclinic_case_03

冷蔵庫内で温度管理が必要な医薬品を管理しています。

 

●医療消耗品の管理(医療法人佑諒会 千里中央花ふさ皮ふ科様)

花ふさ医院導入風景

注射針、グローブ等の医療消耗品を管理しています。

 

●院内販売品の管理(とりい皮膚科様)

とりい皮膚科事例

棚の中で受付で販売する化粧品を管理しています。

 

スマートマットクラウド導入による効果事例

副田先生近影
レナトゥスクリニック 
統括院長 副田周先生

経営者を人の管理から、看護師を物品管理から解放

クリニック経営で一番大変なのが、人の管理です。在庫管理専任のスタッフを雇う必要がなくなる方法。看護師の雑務を減らす方法。その答えがスマートマットクラウドでした。

雑務を減らし働きやすい環境を整えることで、スタッフの定着率が良くなります。優秀なスタッフに長く働いてもらうという観点からも、スマートマットクラウド導入は正解だったと感じています。 

患者さんのニーズに対応
院内販売品の入れ替えをする際、在庫変動データから現在扱っている物品の売れ筋や死に筋を把握でき役に立つ
院内販売品の在庫切れを予防
物品管理の業務から解放され、治療や接遇でのよりきめ細やかな対応が可能
業務効率化・コスト削減
受付スタッフや看護士が物品管理・発注業務から開放され、本来の業務へ集中
医療材料・消耗品の適正な在庫管理をすることで、過剰在庫を削減
ロスの低減・異常検知
消費履歴のデータを分析することで、事前に必要な医療材料・化粧品だけを仕入れることが可能
消費期限内にしっかり消費することができ、廃棄ロスを削減
転売が可能な化粧品の盗難抑止
働き方改革・採用コストや教育コストの削減
診療後に行っていた物品管理業務の負担を軽減
定型業務の負担が軽くなり、スタッフ定着率が向上
欠員補充の採用費や新人教育にかかる研修コストを節約

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

皮膚科の関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)