介護用オムツ等の消耗品を自動で一元管理。働き方改革への基盤に|首都圏 老人ホーム運営会社

首都圏 老人ホーム運営会社

首都圏 老人ホーム運営会社

首都圏を中心に複数の老人ホームを運営している企業様にスマートマットクラウドを導入いただきました。

首都圏 老人ホーム運営会社のスマートマット導入事例

首都圏を中心に複数の老人ホームを運営している企業様にスマートマットクラウドを導入いただきました。

業務上の悩み(スマートマット導入前)

  • ・人件費高騰や慢性的な人手不足を背景に業務量の負荷が非常に高い介護現場では、一人ひとりの職員が複数の作業を同時に対応する状況が恒常化していた
  • ・老人ホームに対しての業務用品の納入は提携サプライヤーが定期契約で請け負っているものの、前著のような状況から施設内の在庫・残数管理が疎かになりがちだった
  • ・施設内の各フロア、複数拠点で同一商品を管理しているため、「どこに消耗品がいくつあるか」が非常に構造的に見えづらい状況だった

在庫管理の効率的なソリューション(スマートマット導入時)

  • ・まずは同一フロアの複数地点にスマートマットクラウドを設置し、消耗品(介護用オムツやペーパー・タオル、トイレット・ペーパー)の管理を一元化
  • ・現状はスマートマットクラウド管理画面(スマートマットクラウド)を通じた消耗品の一元管理・遠隔監視と担当者へのメール通知での運用

スマートマットを利用した在庫管理自動化に係る今後の展望

  • ・現在はスマートマットクラウドを用いて管理する商品数(SKU)が少ないものの、総務担当者がスマートマットのクラウドソフト管理画面を通じて在庫を一元管理出来るメリットは体感
  • ・将来的には「残個数が一定の基準を下回った際には提携サプライヤーに保管場所まで直接届けてもらう(小分けにする)」ことを検討中

首都圏 老人ホーム運営会社|スマートマット導入の概要

業務上の悩み

施設内の各フロア、複数拠点で同一商品を管理しているため、「どこに消耗品がいくつあるか」が非常に構造的に見えづらい状況だった

設置場所

ホーム内倉庫

管理商材

介護用オムツやペーパー・タオル、トイレット・ペーパー

導入内容・結果

・管理画面を通じて在庫を一元管理出来るメリットを体感

今後の展開

・残個数が一定の基準を下回った際には提携サプライヤーに保管場所まで直接届けてもらう

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード