製造業の事業者様へ

モノの流れを見える化して
生産QCDを高められる組織へ

製造業の現場でおきる、
さまざまな課題
スマートマットクラウドで
全て解決します

01 生産計画

img_feature01
DXを進めたいが、
モノに関するデータ取得が難しい
  • 現状の工程ではミスや歩留まりが多く、リードタイムも長いため、カイゼンに向けてデータ取得や新しい仕組みを導入したい
  • DXや働き方改革など、カイゼン活動の効果を大きくするために、モノの流れ・モノの数に関するデータ取得を進めたい
resolution_arrow

スマートマットクラウドで実現できます!

  • 戦略在庫の適正化
  • 生産リードタイムの短縮

02 発注

発注
部署間連携が難しく、
時間ロスや余計なコストと業務が発生
  • 在庫確認・棚卸、発注に必要な部門間連携の負担・手間を削減し、生産停止時間を減らしたい
  • 現場ごとにバラバラに副資材を購買・管理するためかかっている余計なコストと業務を削減したい
resolution_arrow

スマートマットクラウドで実現できます!

  • 様々な発注ルールに対応した自動発注機能
  • サプライヤー間の在庫も見える化
  • 生産に影響する、欠品を防止

03 入荷・入出庫

入荷・入出庫
目視確認が難しく、
数え間違いや記録ミスをする
  • 人手や、バーコードをつかった理論在庫と実在庫に生じる差異をなくしたい
  • エクセルや紙運用では無くならない人的記録ミスを削減したい
resolution_arrow

スマートマットクラウドで実現できます!

  • クラウド上で実在庫データを見える化・管理

04 生産開始

生産開始
属人化した管理があり、
リスクが高い
  • カンバンのデジタル化・自動化することで生産工程を止める属人的な管理を排除し、リスクを抑え過剰生産や欠品を防いで生産性を高めたい
resolution_arrow

スマートマットクラウドで実現できます!

  • 不良やミスの予兆検知・予防
  • 消費データの見える化、在庫最適化
  • 組立のサイクルタイムの実績値をリアルタイムに可視化
  • 工程内と間のトラブルを検知

スマートマットクラウドなら、
人手をかけず大量の実在庫データを
リアルタイムに見える化

実在庫データを活用し、在庫圧縮や欠品防止など、在庫最適化を推進して財務効果を創出。
また、前工程・後工程でのモノの流れも把握できるので、生産品質や
リードタイムを高めるボトルネック把握を実現します。

製造業の幅広いケースで
利用されています

  • 仕掛品・完成品の管理
  • 製品に必要な副原料
  • 液体や気体・段ボールなど
    数えにくいモノ
  • 設備メンテナンスに必須な副資材
  • ヒトの作業や
    工場運営に使う消耗品
  • 生産工程のなかの業務プロセス前後で
    IN-OUTの把握
  • 複数工程の間のモノの流れと
    ボトルネック分析

製造業の様々な現場や資材
カンタンに利用可能!
「在庫管理・棚卸・在庫のモノの流れ」
置くだけで把握!

生産QCDを高めるためのヒントが見つかる!

スマートマットクラウドの詳細や価格
は資料から確認できます。

主な機能

在庫把握・グラフ化

グラフ

スマートマットが実在庫の重量を自動計測

  • 定期的に管理物品の重量・個数をクラウドに自動記録。数える手間ゼロの在庫確認が実現
  • 気体や液体なども管理可能

サプライヤー間の在庫も見える化

  • 物理的に離れた自社ユニット工場間など、上流サプライヤーから下流工場の在庫状況を見える化
  • リアルタイムで発注側の在庫消費量を把握できるので、調達リードタイムの短縮を実現

生産に影響する、欠品を防止

  • 副資材や交換用設備パーツの欠品を防げるので、”欠品によるスケジュール遅延” がゼロに

消費データの見える化、在庫最適化

  • 増減が毎日自動で記録されるため、在庫一覧の見える化や動きにくい在庫の最適化が可能
  • 在庫の変動の分析が可能になり生産性向上

入出庫管理・アラート

グラフ

クラウド上で実在庫データを見える化・管理

  • 管理物品の実在庫をリアルタイムで自動把握することで、理論在庫の精度も大幅に向上
  • 絶妙な発注判断につながり、キャッシュフローにも効果的

遠隔から実在庫をいつでも確認可能

  • 倉庫から離れた場所や全国に倉庫の拠点があっても、どこから、いつでも実在庫を一覧で確認可能
  • 在庫の一元管理で、コミュニケーションのコストも削減

アラートで品薄を事前に把握

  • ピッキング作業前に通知メールが飛ぶことで品薄を事前に把握
  • 頻繁な現物確認は必要なし

工程管理・生産指示

グラフ

生産リードタイムの短縮

  • 一部でなく、工程すべてのモノの流れが可視化されるので、ボトルネックの洗い出しが容易
  • 工程全体を俯瞰したカイゼンが可能となり、生産リードタイムが短縮

サプライヤー間の在庫も見える化

  • BOMと異なる行動を事前に検知
  • 組み付け部品の数え間違い、添加剤の投入ミスなどのヒューマンエラー防止

戦略在庫の適正化

  • 部品の需給がリアルタイムで見える化
  • 需給の過不足が解消され、戦略在庫が最適化
  • カンバン管理体制下へのサポート導入可能

導入事例

棚卸業務を月12時間削減!
さらに生産の遅延防止にも成功

株式会社日立産機システム

導入目的

  • 毎月膨大な品数の棚卸を行う負担が重く、省力化したかった

結果

  • 毎月の棚卸にかかる時間を12時間削減し、対象品目数を広げることができた
  • 小物部品の欠品を事前に検知し、部署間の連携を自動化して生産ラインへの影響を防止。会社全体の業務を効率化を試行中
株式会社アメロイド

在庫管理工数の削減や消耗品の購買コストを
大幅削減。前工程との連結整流化に成功

株式会社アメロイド

導入目的

  • 数百点の部品の在庫管理や棚卸の効率化と生産工程の改善

結果

  • 棚卸工数を60%削減
  • 複数拠点の消耗品を本社一括管理にし、発注コスト削減
  • 仕掛品残量に応じた前工程への生産指示自動化(工程連結)

約1万点の部品の在庫管理と棚卸を効率化!
在庫データ利用で効率のよい発注も実現

名古屋ボデー株式会社

導入目的

  • 約1万点の部品の在庫管理と棚卸に膨大な時間がかかっていた

結果

  • 在庫管理と棚卸の時間が50%削減
  • 部品の利用状況がデータで分かるようになり発注が効率化

生産QCDを高めるためのヒントが見つかる!

スマートマットクラウドの詳細や価格
は資料から確認できます。

製造業向けカンファレンスの主催

業界最先端の有識者、現場で実務責任者の方々をお招きして知見を伺ったり、ビジネスの現場で実務を推進するリーダーから、スマートマットクラウドを用いて難所を乗り越えたエピソード伺っています。詳細は、スマートマットクラウドイベントページよりご覧ください。

第1回製造業経営者向けカンファレンス 競争優位を掴むデジタルものづくり戦略~製造業の成長戦略を拡張する「勝てる製造/生産現場」のものづくり組織能力向上と真のDX~