目的

賞味期限管理

全日本空輸株式会社

空港ラウンジ内の食材やドリンクサービスの食品ロス対策で業務効率アップ

事例を読む
賞味期限管理

賞味期限の管理の目的

食品業界や飲食業にとって、食品の賞味期限管理は大切なタスク。日本国内で排出されるフードロスのうち、半分以上が食品関連事業者による廃棄によるものです。賞味期限切れの食品を減らすことは、企業の利益を確保する財務的な目的に加え、環境に配慮した企業経営を行うという企業イメージ的な目的でも重要です。

 

賞味期限の管理方法とは?

企業にとって、多種多量の食品在庫の数量を賞味期限も考慮に入れて人の手でこまめに確認することは大変負担がかかる作業。食品在庫に対して在庫管理システムを導入することで、在庫管理を効率化・自動化することが可能です。

また賞味期限の短い肉や魚といった生鮮食品は、冷蔵での管理が必須です。 冷蔵庫の中は常に人の目にさらされる場所ではないため、冷蔵庫内の食品まで管理できるシステムが、賞味期限管理の大きなポイントとなります。

スマートマットクラウドは、在庫管理専用のIoTソリューションです。 棚卸と発注業務の自動化が可能なだけでなく、在庫の推移をグラフ化できるので、食材の消費スピードを計算できます。賞味期限切れにつながる勘に頼った発注をなくし、食材の廃棄ロス削減に貢献します。

賞味期限管理とスマートマットの機能スマートマットクラウドのデバイスはコンセント不要のワイヤレス仕様。冷蔵倉庫などマイナス15度以上での場所※で利用が可能です。


食品の在庫管理の課題

賞味期限管理の課題食品の賞味期限チェックを含む、在庫管理についてのお客様が抱えていた課題をまとめました。

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

サービス業

施設内飲食サービス担当

サービス用のドリンクの品切れを防ぐため常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

38d9d7f4eb63544355603c3e62e8f619

飲食

ファストフード・ チェーン新事業推進室

現場では外国人労働者の雇用が増加し、こまめな食材管理・賞味期限管理が難しく、結果としてマネージャーへの業務が集中

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

宿泊業

ホテル

宿泊者のうちどれぐらいの人が朝食ビュッフェを利用し、どのメニューが好まれているのかについてデータを蓄積したい

 

スマートマットクラウド導入による効果

スマートマットで食品管理をするメリット実際にスマートマットクラウドを導入した事業者の活用事例をもとに、導入効果をまとめました。

飲食店
業務用冷蔵庫の中の食材の在庫確認と発注を自動化。人為ミスによる過剰発注がなくなった
在庫管理を担当していた店舗マネージャーの負担を軽減できた
食品製造業
自動で商品在庫の数量が見える化できた。
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、IoT化することで誰でも管理可能な体制に変えられた
宿泊・サービス業
ラウンジで提供している食事消費量を分析しお客様の嗜好を見える化している
朝食の消費量データを取得し宿泊者と朝食利用者の相関分析をしている
 
82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

遠隔管理

ホテル業

ビュッフェ料理の残量をキッチンで確認し、補充量を調節。廃棄ロスを大幅に削減できた

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

在庫管理

飲食業

食品の在庫確認を自動化し、冷蔵室の開閉回数が激減。ラベル確認の手間も不要になった

フードロス・食料廃棄の問題の事例はこちら

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

賞味期限管理の関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード