在庫管理術

在庫の賞味期限管理【廃棄ロスを出さない食品管理の方法と課題とは】

在庫の賞味期限管理

賞味期限管理は、食品の安全性を保ち、フードロスを削減するために欠かせないプロセスです。食品製造業、飲食業、小売業など、食品を扱う業界で重要視されるテーマです。本記事では、賞味期限と消費期限の違いから始め、効率的な賞味期限の管理方法、賞味期限管理の課題と解決方法まで、賞味期限管理について詳しく解説します。

目次

賞味期限管理とは

賞味期限管理とは、食品製造業や飲食業、コンビニやスーパーマーケットなど食品を扱う小売業で、在庫として持っている食品の賞味期限が過ぎていないかチェックすることをいいます。

食品業界や飲食業にとって、食品の賞味期限管理は大切なタスク。日本国内で排出されるフードロスのうち、半分以上が食品関連事業者による廃棄によるものです。

賞味期限切れの食品を減らすことは、企業の利益を確保する財務的な目的に加え、環境に配慮した企業経営を行うという企業イメージを守る意義もあり、重要です。

関連記事>>フードロス

 

賞味期限と消費期限

賞味期限とは、簡単にいうと加工食品がおいしく食べられる期限をしめしたものです。
開封しない状態で指定された保存方法を守って保存していた場合に、品質が変わらずにおいしく食べられる期日。

混同されやすい言葉に消費期限がありますが、消費期限は開封しない状態で指定された保存方法を守って保存していた場合、安全に食べることができる期限をあらわしたものです。

賞味期限と消費期限の区別
賞味期限は食材を加工した加工食品に使われるのに対し、消費期限は弁当や生鮮食品、生菓子などいたみやすい食品につかわれています。

食品在庫管理DXスマートマットクラウドの資料をもらう

賞味期限の管理方法とは?

賞味期限の確認方法には

  • 目視によるチェック
  • エクセルやスプレッドシートでの在庫管理表作成
  • 賞味期限管理システム・賞味期限管理アプリによるチェック

があります。賞味期限をチェックの上、短いものから先に消費する先入れ先出しのオペレーションを徹底することで、食品廃棄ロスを減らすことができます。

基本の賞味期限管理方法

企業にとって、多種多量の食品在庫の賞味期限を確認することは大変負担がかかる作業。

そこで食品在庫に対して在庫管理システムを導入することで、在庫管理を効率化・自動化することが可能です。

在庫管理自動化ならスマートマットクラウド!3分でわかる資料はこちら>>

賞味期限の管理課題とは

  • 賞味期限チェックに工数がかかる
  • 人為的なミスで賞味期限切れを見落としてしまうことがある
  • 在庫管理表の記入漏れ・記入間違いがある
  • 賞味期限管理ツールの導入・運用に手間とコストがかかる

このような課題の解決に役立つのが、冷蔵庫・冷凍庫で使える在庫管理システムスマートマットクラウドです。

食材管理を効率化するスマートマットクラウド

食品のうち多くは、冷蔵庫や冷凍庫での管理が求められます。 冷蔵庫の中は常に人の目にさらされる場所ではないため、冷蔵庫内の食品まで管理できるシステムであることが、食品管理の大きなポイントとなります。

スマートマットクラウドは、在庫管理専用のIoTソリューション。

スマートマットクラウドのデバイスはコンセント不要のワイヤレス仕様。冷蔵倉庫などマイナス15度以上での場所で利用が可能です。

棚卸と発注業務の自動化が可能なだけでなく、在庫の推移をグラフ化できるので、食材の消費スピードを計算できます。賞味期限切れにつながる勘に頼った発注をなくし食材の廃棄ロス削減に貢献します。

スマートマットクラウドの機能をみる>>

賞味期限管理とスマートマットの機能

食材管理に役立つ在庫管理システム「スマートマットクラウド」

飲食店の人手不足のスマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

在庫管理自動化ならスマートマットクラウド!3分でわかる資料はこちら>>

●さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

●在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

●置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

●安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

スマートマットクラウドのアプリ「Handy App」で賞味期限管理

 

SMCアプリで簡単賞味期限管理スマートマットクラウドのアプリ「SMC Handy App」を使えば、スマートマットに在庫を載せる・取るときにスマートフォンのカメラでバーコードを読みこんで、在庫情報を現場でサッと登録


商品バーコードに情報があれば、有効期限・ロット情報も簡単登録できるようになりました。
スマートマットクラウドの初期設定も「Handy App」があればクイックに完了。スマートマットのシリアルIDをカメラで読み込むだけで、簡単にマットと在庫の紐付け登録ができます。

【Handy Appの機能】

  • 棚卸:在庫残量確認・マットと紐付けていない在庫の残量登録
  • 出荷処理:担当者、出荷先、在庫の出荷数の登録
  • 入荷処理:担当者、在庫の有効期限・ロット情報ごとの入荷数の登録
  • スマートマットクラウド初期設定:在庫情報とスマートマットIDの紐づけ
 

 

在庫管理事例集を見る(無料)>>

食材の管理にスマートマットクラウドを活用している事例

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)