在庫管理術

在庫データ【データ取得の目的やメリット、正確な在庫データを取得する方法とは】

在庫データ

在庫データをなぜ取るのか

在庫データとは、日々変動していく在庫の数値のこと。

在庫量は変動を繰り返し、消費した分だけ発注をかけられ補充されています。在庫数の推移を把握するのに必要な、入出庫管理棚卸の業務は、現場の大きな負担となっています。
なぜ企業は膨大な工数をかけてまで在庫データを把握する必要があるのでしょうか。

今回は在庫データを取得する目的や経営上必要なデータの種類、在庫データが狂う理由と正確な在庫データを取得する方法について解説します。

在庫管理・発注を自動化する

在庫データ取得の目的

在庫データを取得する目的は、在庫分析を実施するためです。
在庫分析を行うと

  • 現状の課題を見つけ改善できる
  • 自社の適正在庫を割り出せる

という経営上の大きなメリットがあります。
特に製造業では迅速な意思決定を下すために製品の在庫分析は欠かせない業務といえます。

在庫分析には、精度の高い最新の3つのデータを使用します。

在庫分析に必要な在庫データ

  • 在庫数:倉庫にある在庫数量
  • 入庫数:保管場所に商品の個数や置き場所を決め、資産として計上した数
  • 出庫数:商品を保管場所から出し資産から除外した数
どの数字も分析のためには、一定期間のデータが必要となります。

在庫データがくるう理由

精度の高い在庫分析をする前提として、正確な在庫データが必要となります。
しかし実際は在庫データには誤差が生じやすく、コンスタントに信用できるデータを収集するのは難しいのが現状。

在庫に関するデータに誤差が起きるのは、在庫数が帳簿在庫を元にした数値であることが原因です。
入庫数と出庫数を元に計算で在庫数を割り出しているため、入出庫の処理をはじめ在庫管理で不備があると在庫分析結果にマイナスの影響が出てしまいます。

在庫データが狂う理由

 

在庫データと棚卸

帳簿在庫と実在庫の差異をなくすために行うのが実地棚卸です。
実地棚卸の作業には工数がかかり、特に製造業はラインをストップするといった影響があるため、どうしても実施回数が限られてしまいます。

そのため多くの企業が実地棚卸の重要性を認識しながらも実施する回数を絞って棚卸を実施ています。

精度の高い在庫データを収集する方法

リアルタイムの正確な在庫データを持っていることは、精度の高い在庫分析に有利であることは間違いありません。
そこで現場の負担となる目視と人の手で数える棚卸に代わって、効率良く在庫を計測できるITツールを導入する動きが出てきました。

ITツールのうちバーコードRFIDを活用した在庫管理システムは、どちらかというと入出庫管理に適しているツール。

重量IoTを採用したスマートマットクラウドはリアルタイムに近い在庫データを自動で取得できるため、ストック在庫の管理に最適な在庫管理システムです。

在庫データ収集に役立つITツール

 

IoTでリアルタイム在庫データを自動取得

手動管理では工数が非常にかかる在庫データの取得ですが、スマートマットクラウドを活用することで今ある在庫を簡単に計測し、在庫データを自動保存することができます。管理画面のグラフ機能を活用し、出荷や販売で変動し続ける在庫量の推移を簡単チェックできます。

データはCSVデータに書き出しが可能で、エクセルや分析ソフトでの在庫分析に便利

正確な在庫データが手に入ることに加えて、在庫管理や発注、棚卸業務の負担から現場の従業員を解放することは雇用の定着につながり、全体の生産性向上に役立ちます

在庫データ取得に役立つスマートマットクラウド

在庫の消費データを取得できる!在庫管理システム「スマートマットクラウド」

飲食店の人手不足のスマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

詳しく見る

在庫消費データを活用している事例

 

\最大150万円補助!IT導入補助金ご相談ください/

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

\最大150万円補助!IT導入補助金ご相談ください/

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

\最大150万円補助!IT導入補助金ご相談ください/

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る