在庫管理術

在庫の消費データ

在庫の消費データ

在庫の消費データを得る意義とは

在庫量は日々変動を繰り返し、消費した分だけ発注をかけられ補充されています。 通常在庫の消費量は、今ある在庫の数を目視で数え計算によって割り出す方法で求められています。

しかし在庫を正確に数えるには時間も労力もかかります。また数え間違いや記入ミス、計算ミスが発生しやすく、必ず正確な消費データを入手できるとは限りません。

正確な在庫消費データがあれば、消費動向を把握でき、利用価値は非常に高いもの。 在庫管理で無駄に発注をかけてしまったり、逆に発注数が少なすぎたりするリスクも減少します。 欠品を起こしてしまう可能性もなくなります。

消費データの需要が市場で高まる中、IoTデバイスを利用した在庫管理方法が注目されています。

IoTで正確な在庫消費データを自動で蓄積

飲食店の人手不足のIoT

手動管理では工数が非常にかかる消費データの取得ですが、デジタル技術を活用することで自動で計測し、データを自動保存することができます。

正確な消費データが手に入ることに加えて、在庫管理や発注、棚卸業務の負担から従業員を解放することは雇用の定着につながり、全体の生産性向上に役立ちます。

在庫管理・発注の自動化の最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IIoT=「モノのインターネット化」

IIoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

IoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。

次の章では置くだけで在庫の見える化・自動発注が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

在庫の消費データを取得できる!在庫管理システム「スマートマットクラウド」

飲食店の人手不足のスマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

詳しく見る

在庫消費データを活用している事例

▼取得した消費データをもとに材料を確保(栄駅前矯正歯科クリニック)

取得データ活用の事例

スマートマットクラウドで手に入る何をどれだけ使ったかというデータをもとに、歯科用材料の過不足ない量を割り出し、購入しています。材料をどれだけの数を買っておけばいいのかは、消費データをみて判断しています。

続きを読む>>

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る