在庫管理術

理論在庫|理論在庫とは?実在庫と乖離しやすい原因と対策

理論在庫とは

理論在庫とは【意味・求め方】

理論在庫とは理論在庫とは仕入れ伝票や売上報告書などをもとにして記録された入出庫情報による帳簿上・システム上での在庫のこと

帳簿在庫」や「伝票在庫」と呼ばれることもあります。

わかりやすく言うと、記録をもとにした数字上でのデータ在庫のことをいい、受注・入荷・保管・移動・出荷・返品など、データや伝票で処理された入出荷情報をもとに計算される(求められる)在庫数量のことです。

この記事では、理論在庫の求め方、実在庫との違い、棚卸差異との関係、棚卸差異を軽減する話題のIoT機器についてわかりやすく解説していきます。

理論在庫と実在庫の違いと棚卸差異

  •  

      • 理論在庫=入出庫情報による帳簿上・システム上での在庫記録をもとにした数字上でのデータ在庫のこと

      • 実在庫=店舗や倉庫、工場などで商品を実際に数えた在庫のこと

                     ⬇️
            実在庫と理論在庫の差異=棚卸差異
     
  • 理論在庫と実在庫の差が棚卸差異
  • 実在庫と理論在庫の数が合えば、問題なく倉庫内で在庫の管理が行われていることになります。しかし実際の現場では実在庫と理論在庫の差異、つまり棚卸差異が起こることが多々あります。

    棚卸差異が生じると、過剰在庫や欠品の原因になるため、どこに原因があるのかをその都度チェックしなければならず、多くの時間と労力を費やすことになってしまいます。

  •  

理論在庫と実在庫の差異(棚卸差異)が起こる原因と影響

棚卸差異が発生する原因

手書きや入力ミス、読み間違いや伝票の処理がリアルタイムにデータに反映されていない=在庫状況が把握できていないことで起こる仕入れミス…など棚卸差異が起こる原因はさまざまです(詳細は棚卸差異の記事・棚卸差異の原因を参照)。

そして、棚卸差異率の許容範囲は一般的に5%まで、理想は2%以下とされています。棚卸差異の許容範囲10%を超えると以下のようなデメリットが発生します。

    • 過剰在庫になり、キャッシュフロー、資金繰りが悪化
    • 顧客満足度の低下
    • 原因解明のための労力やコスト増

上記のような問題が積み重なっていくことで、生産性の低下や経営への悪影響を招きます。

次の章では、この棚卸差異を軽減するIoTを使った話題の在庫管理システム「スマートマットクラウド」をご紹介します。

実在庫ベースで記録が残せるスマートマットクラウド

 

理論在庫と実在庫の差異(棚卸差異)を軽減!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します 

置く場所を選びません

スマートマットは豊富なサイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎