在庫管理術

在庫回転率|在庫回転率を改善する!計算の仕方と活用方法

在庫回転率

在庫回転率とは?

在庫回転率とは、ある期間に在庫が何回在庫が入れ替わったかを表しています。
企業が保有している在庫の仕入れから販売までの速さを示す数字で、在庫管理においてもっとも重要な指標です。
棚卸資産回転率や商品回転率ともいいます。在庫回転率は数字が多いほど、在庫が効率良くお金に変わっていることを示しています。

数値が高すぎる場合も要注意で、仕入数が不足していて売り切れによる機会損失が起きている可能性があります。


在庫回転率は業種によって水準が変わり、季節によっても変動があるという特徴があります。
自社における数字の推移を追うだけでなく、前年同期比や同業他社と比較するとよいでしょう。

在庫回転率を計算する目的

在庫回転率を計算する目的

在庫回転率を計算する目的は以下の通りです。

  • 売れ筋と死に筋の商品を把握し、需要予測を立てる
  • 在庫がコントロールできているかチェックし、健全な経営ができているか確認する

在庫回転率の計算方法

在庫回転率の計算は、次の2通りの方法があります。

  • 数量で求める方法:在庫管理の実務に向いている
  • 金額で求める方法:財務諸表の作成や、経営判断をするときに向いている

①数量で求める方法

在庫回転数を在庫数量で求める場合の計算式はこちらです。

  • 在庫回転率= 出庫数 ÷ 平均在庫数
  • 平均在庫数=(期首在庫数 + 期末在庫数)÷ 2

②金額で求める方法

在庫回転数を在庫数量で求める場合の計算式はこちらです。売上ではなく売上原価を使います。

  • 在庫回転率= 売上原価÷棚卸資産
  • 売上原価= 期首商品棚卸高+当期商品仕入高 - 期末商品棚卸高

在庫回転率と在庫回転期間

現場レベルで理解しやすくするために、在庫回転期間を求めて、在庫の仕入れから販売までの速さを示す方法もあります。 在庫回転期間を出すことで何日分・何ヶ月分の在庫を抱えているかがわかります。


  • 在庫期間= 棚卸資産÷売上原価

在庫回転率をあげるには?

在庫回転率をあげるには

在庫管理担当にとっては、やはり在庫回転数を上げることが課題となっている人が多いのではないでしょうか。 具体的な在庫回転率をあげる方法を紹介します。

①目標在庫回転率を定める

在庫ごとに目標在庫回転率を定めます。過去データや他社データを参考に数値を設定します。

②こまめに在庫回転率を確認する

在庫回転率を年1回決算だけでなく、月1回や週1回と頻度を上げて計算することで現状をより把握できるようになります。
こまめに在庫回転率を確認することで、回転率の悪化に素早く気づき、リードタイムの見直しや価格調整等早めの対応ができるようになります。

③不要在庫を整理する

在庫回転率を下げる大きな要因が、不要在庫です。短いスパンで在庫回転率をだすことで、停滞している在庫が見つけやすくなります。
動きの悪い在庫は放置せずひとつの場所でまとめて管理します。値下げ販売を検討し、換金する手段がなければ処分を検討します。


在庫回転率をあげるのに役立つ在庫管理IoTとは

在庫回転率をあげるのに役立つ在庫管理IoTとは

実現可能な目標回転率を定めたり、停滞在庫を見極めたりするには、在庫変動の動向を把握する必要があります。 しかし頻回な在庫数の確認や実地棚卸は、本来の業務に支障をきたし現場にとって大きな負担となります。

IoTを利用した在庫管理システム「スマートマットクラウド」なら、在庫回転数の計算に必要な在庫数を自動的に計測。 現場に負担をかけることなく短いスパンで在庫回転数を簡単に計算し、適正在庫を保つことに役立ちます。


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫回転率をあげるのに役立つスマートマットクラウド

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」
というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎