在庫管理術

在庫分析【目的・メリット・手法やツール、エクセルを使った作成方法・効率的なIoT機器】

在庫分析とは

在庫分析とは【目的と概要】

在庫分析(英語:Inventory analysis)とは自社の在庫状況を細かく知るために必要な分析を指し、適正在庫を維持するために欠かせない作業です。

そして、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の頭文字をとったもので、業務の効率化を目指す方法の1つであるPDCAサイクルの「C(Check=評価)」に相当するもので、自社の在庫管理に問題がないかをチェックし、改善するための手法です。

在庫分析の役割

この記事では、在庫管理をする上で重要な在庫分析について、種類と手法、エクセルや在庫管理システムのツールと使い方、メリットをわかりやすくご紹介します。

また、在庫分析をサポートする今、話題のIoT機器についてもあわせて解説していますので、在庫管理に課題を抱えている人はぜひご一読ください。

在庫分析のメリット

在庫分析をすることで得られる主なメリットは以下の通りです。

    • 不良在庫の減少や販売機会の損失を削減

    • 売れ筋商品の把握による利益拡大

    • 在庫管理コスト(人手不足・保管スペースなど)の削減

    • 在庫の見える化・部門間での在庫情報の共有

在庫分析の種類と手法

在庫分析にはさまざまな手法がありますが、ここでは今、現在実際に使用されている主な在庫分析手法を6つをご紹介します。

ABC分析

ABC分析は、すべての品目から重要な項目を見つける分析手法です。

すべての製品を同じように管理していてはリソースがすぐに尽きてしまうので、 優先順ごとにクラス分けをし重要な事柄を重点的に管理するのがABC分析の目的です。

別名「重点分析」とも呼ばれています。

在庫回転率

在庫回転率とは、ある期間に在庫が何回在庫が入れ替わったかを表しています。

企業が保有している在庫の仕入れから販売までの速さを示す数字で、在庫管理においてもっとも重要な指標です。

棚卸資産回転率や商品回転率ともいいます。在庫回転率は数字が多いほど、在庫が効率良くお金に変わっていることを示しています。

在庫回転率の計算式は以下の通り。

在庫回転率=期間中の出庫数量(金額)/期間中の平均在庫数量(金額)

在庫回転期間

在庫回転期間とは、在庫が1回入れ替わるのにかかった期間を示す数値です。

在庫回転期間が短い製品ほど、よく入れ替わるということなので、よく売れていることになります。

在庫回転期間の計算式は以下の通り。

在庫回転期間=在庫金額/(売上原価/365*)

*売上原価/365:1日あたりに出荷される在庫の原価

交差比率

交差比率とは、在庫が儲かっているかどうか(在庫の投資効率)を見る指標のこと。在庫管理では適正在庫を把握するために使われています。

わかりやすく言うと、交差比率は商品への在庫投資がどれだけの粗利益(商品の売り上げから原価を引いた金額)をあげているかを見るものです。

交差比率が高いほど効率がよく儲かっている商品だということがわかります。

スーパーやアパレル、ホームセンターなど小売業で重要視されている指標です。

交差比率の計算式は以下の通り。

交差比率=在庫回転率×粗利益率

  • 死蔵(デッド)在庫・緩動(かんどう)在庫(滞留在庫)・流動在庫

      • 死蔵(デッド)在庫

        旧モデルや流行遅れなどのため売れなくなった商品や、使わない原材料などの在庫で、思い切って廃棄すべき在庫。

        死蔵(デッド)在庫は棚卸資産として、資産評価額が残っている場合もあり、手続きを踏んだ償却が必要になることも。

      • 緩動(かんどう)在庫(滞留在庫

        動かない商品、つまり長期間滞留している商品や原材料。

        適正在庫になるまで生産あるいは発注を停止することが必要。

      • 流動在庫

        死蔵(デッド)在庫・緩動(かんどう)在庫(滞留在庫)を放置した状態では、経営上でも保管スペース維持の上でも、本当に必要な流動在庫が圧迫されることにも。
    • 死蔵(デッド)在庫・緩動(かんどう)在庫(滞留在庫)・流動在庫の数値は在庫回転期間をABC分析することで算出することができます。

    在庫分析グラフデータとエクセルでの作成方法

    在庫分析グラフの種類とエクセルを使った作成方法をわかりやすいイメージ図入りでご紹介します。

    ヒストグラム

  • ヒストグラムのイメージヒストグラムとは、データを階級別に分類して棒グラフにしたもので、日本語では度数分布図と呼ばれています。

    横軸に階級、縦軸に度数(データの数量)を取ります。


  • 【Excelでの作成方法】

  • 1・「ファイル」から「オプション」をクリック

  • 2・「アドイン」を選んで「管理」から「Excel アドイン」を選択し、「設定」をクリック

  • 3・「分析ツール」のチェックボックスにチェックを入れて「OK」をクリック

  • 4・「データ」タブの「データ分析」から「ヒストグラム」を選択

  • 5・ ヒストグラム化したいデータを指定し「OK」をクリック

 

Zチャート

ゼットチャートのイメージZチャートは、推移や傾向を把握(売上や在庫量の推移を把握)するために使用する折れ線グラフで、グラフの方がZに似ているため、Zチャートと呼ばれています。

横軸に月、縦軸に在庫数や金額を取ります。

【Excelでの作成方法】

1・グラフのベースとなるデータを選択する
2・Excel上部のメニュー一覧から「挿入」→「折れ線グラフ」を選択する

流動数曲線

流動数曲線のイメージ流動数曲線とは、繰り返し1つの製品を大量生産するメーカーに適した管理手法で、追番管理とも言われています。

横軸に日付、縦軸に数量を取り、「累積計画」「累積実績」「仕掛品在庫」の3本の折れ線グラフを取ります。

このグラフの傾きが生産能力を示すことから、ネジなどの部品を大量生産する製造業などの進捗管理に使用されています。

【Excelでの作成方法】

1・グラフのベースとなるデータを選択する
2・Excel上部のメニュー一覧から「挿入」→「折れ線グラフ」を選択する

在庫分析のツール【エクセル・在庫管理システム・データ分析ソフトウェア】

在庫分析を実際に行う際にはすでにご紹介したようにエクセルを使って、ヒストグラム、Zチャート、流動数曲線を作成する方法があります。

しかし、以下のようなデメリットや課題も・・・。

    • エクセルの使い方が難しい・不安と感じる人もいる

    • 入力ミスがある

    • データの上書きや削除などのミスもある

    • 入力する手間がかかる

    • 計算式・数式を作成した担当者が離職するとわからなくなることもある

    • 同時編集ができない

    • データ数に限度がある

    • リアルタイムではない
  • このような課題やデメリットを解消するツールとして、在庫分析機能を備えた在庫管理システムやTableauなどのデータ分析ソフトウェアなどを導入する企業が増えています。

    そして、近年、企業の生き残りに欠かせないツールとして特に注目が集まっているのが自動化やIoTです。

    次の章では、このIoTについてわかりやすく解説していきます。

IoT機器は、在庫管理の有効な解決策に

在庫不足は売上の減少に、過剰在庫は倉庫スペースの圧迫や在庫ロスに繋がるため、在庫管理は必要不可欠な業務です。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理を行うことができるかが重要となります。そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

在庫分析をサポート!スマートマットクラウド

在庫分析の効率を上げるスマートマットクラウドスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年7月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎