在庫管理術

資材管理【主資材・副資材管理の方法や目的、課題とは?】

資材管理

資材管理の仕事内容とは

資材管理とは、企業の経営・生産に必要な原材料・部品・消耗品などを的確に入手するため必要な量や購入時期を計画し購入保管して生産活動をサポートする仕事です。

資材管理に似た内容の仕事に備品管理があります。備品管理は、社内で使用する文房具やデスク、パソコンなど備品の個数や状態を把握し、管理する仕事のこと。物品管理と呼ばれることもあります。

資材管理とは

この記事では、資材とは何か、資材管理の業務内容、資材管理の方法について解説。さらに資材管理を効率化する、在庫管理システムを紹介します。

 

在庫管理・発注を自動化する

資材とは?【主資材と副資材】

資材とは



資材には大きく分けて主資材副資材とがあります。

  • 主資材:原材料として製品になるもの
  • 副資材:製品をつくる過程で消費されるもの

副資材は、直接製品に使用されるものではなく、製造の過程で必要となるもの。具体的に言えば手袋、オフィス用品などの消耗品、燃料や工具などが該当します。
資材の種類

資材管理の業務内容

資材計画

製品の生産計画に基づき、原材料・部品・組み立て品の所要量計画・調達計画・在庫計画を作成する業務で、材料計画ともいいます。
資材計画の目的は資材在庫が過剰にならないように、適正量の資材の調達を行うこと。資材を外部から品質と納期・価格をコントロールしながら購入します。

外注管理

外注管理とは、材料や部品を外部から必要な時に必要なだけ、適正な価格で安定して調達する管理業務。
外注管理の目的は、よりよい製品を作るために外部企業の技術を有効活用することです。

在庫管理

生産管理における在庫管理とは、各品目の在庫を好ましい水準で維持する業務のこと。
必要な資材を、必要なときに必要な量を必要な場所へ供給するのが目的です。


製造業では、製品の在庫管理よりも製品を作るための資材の在庫管理の方が難易度が高く、重要視されています。

製造業では資材管理の方が重要

倉庫管理

倉庫管理とは、資材を保管している倉庫での入庫、保管、引当、出庫の業務を適切におこなう仕事です。

包装管理

包装管理は製品の品質を守るために必要な包装材を管理する仕事です。容器、袋、フィルム、ラベル、梱包・結束用品が管理の対象です。

物流管理

資材の移動や在庫情報の管理を管理します。

資材管理における在庫管理の重要性

資材管理における在庫管理業務では、それぞれの品目の適正な在庫を維持することが活動の目的となります。
特に製造業では、資材在庫管理が正しく出来ていないと、生産活動の停滞の原因に。

具体的には資材が不足すると、機会損失につながり欠品のため顧客満足度が下がり、資材の量が過剰になると、キャッシュフローが回らなくなり経営を圧迫するリスクが高まります。

資材の在庫管理の課題

資材管理の課題

在庫チェックに工数がかかる

在庫量を適切に維持するには、発注の前に今ある在庫量を正確に把握する必要があります。
膨大な品目の在庫を目視で確認するには、多くの人手と時間が必要になり、倉庫や工場等現場の大きな負担になっています。

適正在庫量がわかりにくい

それぞれの資材の適正在庫量を割り出すには、消費量についての知識や調達リードタイム情報が必要になります。
そのせいで欠品を避けようと過剰に在庫を持ったり、知識のある一部の従業員に作業が集中したりするデメリットが発生しやすくなっています。

副資材の管理が行き届かない

生産に直接関わる直資材は企業をあげて重点的に管理していても、副資材は部門ごとににまかなっていることが多いのが現状です。

そのため副資材の管理まで手が回らず、コストが抑え切れないというケースがよく見られます。副資材は直資材同様、数も種類も多いため、業務そのものが現場の負担に。欠品やストックの過剰在庫も起こりやすくなっています。

資材管理の方法【在庫管理表・エクセル・在庫管理システム】

資材の在庫管理の具体的な方法は主に以下の3つが一般的です。

資材管理を効率化するため、近年では、IoT機器を使った在庫管理システムを導入し在庫管理の自動化をすすめる企業が増えています。

資材管理を効率化。重量型IoT「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に資材管理の自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

資材管理を効率化するスマートマットクラウド

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

 

資材管理に貢献しているスマートマットクラウドの導入事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る