在庫管理術

備品管理

備品管理

備品管理の仕事内容とは

備品とは備品管理(英語: Equipment management)とは、社内で使用する文房具や消耗品など備品の個数や状態を把握し、管理する仕事のこと。物品管理と呼ばれることもあります。

備品管理が正しく出来ないと、企業の営業活動に支障をきたすことがあります。この記事では備品管理の方法や課題、備品管理を自動化できる在庫管理システムを紹介します。

在庫管理・発注を自動化する

備品管理の方法【エクセル・アプリ・システム】

備品管理の具体的な方法は主に以下の3つが一般的です。

エクセル

エクセルを使った在庫管理表などを使用

アプリ

無料・有料の専用アプリで管理

システム

在庫管理システムや備品管理システムの導入

人為的ミスやトラブルを回避するため、近年では、IoT機器を使った在庫管理システムを導入し在庫管理の自動化をすすめる企業が増えています。

備品管理を重量型IoT「スマートマットクラウド」で自動化!

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に備品管理の自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

 

備品管理の自動化につながった導入事例

▼コピー用紙の管理を自動化(株式会社ユーザーベース)

コピー用紙管理の事例

在庫管理や発注を担当する総務部スタッフの負担を軽減するために、コピー用紙をスマートマットで管理しています。行事やイベントによって消費量が大きく変わるため定期便では在庫切れのリスクがありましたが、自動発注によって手間を削減し、正確に管理できるようになりました。

続きを読む>>

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る