在庫管理術

生産管理の効率化【効率が下がる原因とは?業務効率化の方法、活用すべきツール】

生産管理の効率化
目次

生産管理の「ムダ・ムリ・ムラ」をなくすには?

生産管理とは、製品の製造のために、生産計画にもとづいて製造工程を管理する仕事。
人・設備・原材料を計画・手配・統制する生産管理の業務は、業務の範囲が広く、その遂行には質とスピードの両方が求められます。

生産管理から、ムリ・ムダ・ムラをなくして、製造コストの削減や生産性の向上、労働環境の改善を実現するには具体的に何をすれば良いのでしょうか。

生産管理の効率化の目的

この記事では自社の利益を最大化するのに役立つ生産管理の業務効率化について解説。
製造業の生産管理において効率を下げている要因や、業務効率化の方針と方法、生産管理の業務効率化に役立つツールを紹介します。

 

在庫管理・発注を自動化する

生産管理の効率が下がる原因とは【生産性を落とす4つの要因】

生産管理の効率が落ちる原因

①現状が把握できていない

生産管理では、作業の進捗や、部品・仕掛品、製品の現状の在庫数が刻々と変化するため、担当者でないと正確な状況がわかりにくくなっています。現状把握ができていないと必要な部品・仕掛品の欠品、作業の遅れが発生し、納期に間に合わない等の問題に発展しやすくなります。

②作業が属人化している

特定の業務が、特定の従業員しか対応できない属人化した状況にあると、担当者に負荷がかかるだけでなく、担当従業員の体調不良や異動によって生産工程全体に影響が出るリスクがあります。

また属人化している作業は内容を理解している人が限られるため、企業による業務改善や評価が難しくなります。

③業務の標準化ができていない

同じ業務に取り組んでいても、担当者の能力や経験の差によって、作業品質やスピードにばらつきができることがあります。

対策として熟練者の技術をマニュアル化し、誰が担当しても品質が一定になるように業務の標準化に取り組む必要性があります。多品種少量生産の場合は、工程が複雑になるため、標準化の難易度が高くなる傾向があります。

④共有がうまくできていない

製造工程が細かく分かれる製造業では、部門間の連携が重要です。部門間の連携が不足し、情報共有がうまくいかないケースが発生します。逆に共有のための連絡や報告といった付随業務に時間を取られすぎることもあります。

生産管理の効率が下がる背景

生産管理の効率を下げる原因の根底には全ての工程を見える化できていないという共通課題があります。
在庫管理でいえば、製造業では工程を細分化していて、さらに複数の工程を同じ製造ラインでこなすことがよくあります。工場内の複雑な各工程で、原材料・部品・仕掛品がいくつ必要で、現状いくつあるのかリアルタイムで把握することが重要です。

生産管理効率化の鍵は工程の見える化

通常リアルタイムの在庫は頻回の実地棚卸でしか把握することができす、棚卸結果を前後の工程や生産管理部門に共有するのにも現場に大きな労力がかかっています。

リアルタイム実在庫管理のメリット

現場に負担をかける実地棚卸を自動化

各工程の在庫状況を可視化し、リアルタイム実在庫を管理できる在庫管理システムを紹介します。
スマートマットクラウド重量センサを採用した在庫管理システムです。
一般的な在庫管理システムや生産管理システムが、実地棚卸を必要とし、在庫数の入力が発生するのに対し、スマートマットクラウドはスマートマットに数えたいものを乗せるだけ。今在庫がいくつあるを自動で検知します。

さらに在庫情報は管理画面上で確認できるため、情報共有のためのコミュニケーションコストがかかりません

蓄積されるデータをもとに業務改善・最適化

またスマートマットクラウドは自動で在庫データを記録します。部品や仕掛品の在庫が欠品しがちで調達・生産体制を見直した方が良いのか、それとも過剰在庫気味で調達の量を削減した方が良いのかを、データをもとに迅速に判断することができます。

生産管理を見える化して効率化!重量型IoT「スマートマットクラウド」の機能とは

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に生産管理の効率化が実現できます。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

 

生産管理の効率化に成功したスマートマットクラウドの導入事例

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)