在庫管理術

在庫管理システムの選び方① : 必要な機能を備えているか【標準機能とカスタマイズ】

必要な機能を備えているか

在庫管理システムの機能

在庫管理システムの機能は在庫管理システムを選ぶ上で最も重要なポイントです。

在庫管理システムで必要な機能を使用するには次のような方法があります

  • 必要な機能が標準でついているシステムを選ぶ
  • オプションで必要な機能を追加できるシステムを選ぶ
  • カスタマイズで必要な機能を搭載できるシステムを選ぶ
  • 必要な機能が装備されているシステムを選び、現在のシステムを連携させる

在庫システムを選ぶときは、自社の在庫管理に必要な機能は何か、導入予定のシステムに搭載されているのか、必要な機能を利用するのにどれぐらいのコストがかかるのかをチェックする必要があります。

標準機能のまま使用できるシステム

標準機能

在庫管理システムを標準機能のまま使う大きなメリットとしては、スピーディーかつ安価に導入できることが挙げられます。

主な在庫管理システムが網羅している標準機能には以下のようなものがあります(システムによっては、オプションになる場合もあるので要チェック)。

入出庫管理

・在庫一覧

棚卸

・在庫分析

・データ抽出

・マスター管理

・返品管理

オプションで必要な機能を選べるシステム

オプション機能

標準機能だけでは、現状のオペレーションを完全に代替する場合はそれほど多くありません。

そのため、現状と異なる部分に関しては、必要なオプション機能を利用し、現状のオペレーションに近づけましょう。オプション機能には、追加料金が発生します。また、料金プランによっては、欲しい機能がオプションになっているということもあります。

どのようなオプションが必要なのか自社で判断できない場合は、知識のあるスタッフが丁寧に相談に乗ってくれるサポート体制が充実している製品を選んで、納得できるまで相談するのもおすすめです。

サポート体制がしっかりしているかどうかも在庫管理システムを選ぶ際の大きなポイントとなるでしょう。

カスタマイズで必要な機能を搭載できるシステム

カスタマイズ

在庫管理は、取り扱い商品が増えるなど、日々変化する業務内容に合わせて複雑化することがあります。その都度、業務内容に合った機能が必要になります。

標準機能のままでは現状のオペレーションに大きな支障をきたす場合、ツールにカスタマイズを加えなければなりません。

その場合SE会社(あるいは在庫管理システム会社)にカスタマイズを依頼し、ツールを現状に合わせたものに改変します。仕様決定や追加開発が必要になる上、初期・メンテナンス費用に投資する必要があります。

しかし、現状のオペレーションを全く変える事なく業務効率化が可能になることは大きなメリットです。

費用対効果をよく考えてカスタマイズするかどうかを吟味しましょう。

必要な機能を備えたシステムに連携する

連携

POSなどの販売管理システムや生産管理システム、自社システムを導入している企業では、在庫管理システムとのデータ連携を考慮する必要があります。

在庫のデータを出力する「CSV自動出力」や自動でデータ連携する「API自動データ連携」などのデータ連携ができる在庫管理システムがおすすめです。

次の章では、CSV自動出力やAPI自動データ連携も可能!サポート体制に定評がある人気の在庫管理システムをご紹介します。

充実の標準機能+システム連携実績多数の「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドの機能

 

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可(条件に合えば1トン以上でも取り扱い可能)
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年7月現在の情報です。

スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

 


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎