在庫管理術

在庫管理システムの選び方|導入前にチェックするべき7つのポイントとは?

在庫管理システムの選び方

後悔しない在庫管理システムの選び方とは

在庫管理システムに関する相談をお受けしていると、「過去に〇〇というシステムを導入したけれどうまくいかなかった」というお話しを良くうかがいます。

当然のことながらどんな在庫管理システムの導入には時間とコスト、手間がかかるもの。できれば失敗することなく、自社にあった在庫管理システムを選びたいものです。


この記事では間違いのない在庫管理システムの具体的な選び方のポイントを解説します。

実在庫をもとに管理するか?帳簿在庫をもとに管理するか?

在庫が管理できるシステムは、大きく実在庫をもとに管理するシステム帳簿在庫をもとに管理するシステムの2つに大別することができます。

●実在庫をもとに管理するもの 

●帳簿在庫をもとに管理するもの

市販されている在庫管理システムの多くが、帳簿在庫をもとに管理するシステムです。

帳簿在庫をもとに管理するシステムのみ使用していると、在庫数のズレが発生することがよくあります。そのため帳簿在庫を元に管理するシステムに実在庫を元に管理するシステムをデータ連携させて、両タイプの在庫システムを併用する方法もあります。

在庫管理システムを選ぶポイント

在庫管理システムを選ぶ2段階7つのポイントを紹介します。

在庫管理システム選びのポイント

第1段階のチェックポイント

第2段階のチェックポイント

在庫管理システムを選ぶときにチェックするべきポイントをひとつずつ見ていきましょう。

①必要な機能が備わっているか

管理したい在庫の種類、所属している業界の商習慣やビジネスモデル、管理したい在庫の種類によって、求められている機能が異なります。
まず必要な機能を兼ね備えているシステムかどうかをチェックする必要があります。


必要機能だけでなく、管理を今以上に効率化できる機能があるシステムかどうかもチェックポイントとなります。

●在庫管理システムの機能例

スマートマットクラウドの機能

②既存のシステムに連携可能か

二重入力の手間を抑えるには、既存の他システムに連携が可能かどうかを確認します。
基幹システムへ連携したり、在庫管理システムで得られたデータを使って様々な分析をしたりでき、在庫管理システム導入の効果が飛躍的に高まります。

CSV連携やAPI連携のイメージ

③管理する在庫に対応しているか

一口に在庫管理といっても対象となる在庫の種類は幅広く、保管場所保管条件がそれぞれ異なります。
在庫の品質への影響を抑えつつ、できるだけ簡単に管理できるシステムかどうかのチェックが必要です。

④費用

在庫管理システム選びでは、導入・運用にかかるコストが予算内に収まっている必要があります。

在庫管理システムにかかる費用
価格だけでなく、将来的に管理する在庫に変動があっても運用していけるかどうか、見積もりをとっておくことをおすすめします。

⑤運用で現場に負担がかからないか

高機能なシステムを導入しても運用に手間がかかりすぎて、かえって現場に負担がかかることもあります。
実際に運用する現場で使いこなせるシステムかどうかチェックがかかせません。

⑥システムの形態が会社の方針にあっているか

在庫が管理ができるシステムにはさまざまな選択肢があります。
導入や運用、保守に割けるリソースを踏まえて、在庫システム形態を選びましょう。

  • オンプレミス型
  • クラウド型
  • パッケージ型

オンプレミスとクラウドの比較

⑦在庫読み取り方法で選ぶ

在庫管理システムは、入荷や出荷等、在庫が移動するときや棚卸作業の時に読取ツールを併用することで、管理効率を上げることができます。在庫読み取りツールの種類

と様々な読み取り方法があります。

それぞれの読み取りツールの特徴をおさえて、自社の在庫管理をもっとも効率化する方法を選びましょう。

スマートマットクラウドの特徴

スマートマットクラウドの仕組み
当社の提供するスマートマットクラウドは、実在庫をもとに管理する在庫管理システムです。

スマートマットクラウドの機能はシンプル
在庫管理で必ず発生する計測・発注の負担をなくす独創的な在庫管理システムです。

CSV出力・API連携で他システムへの連携実績多数。
重量で在庫を計測するので、粉末・液体など目視で確認しにくい在庫を管理できると好評です。

導入にかかる時間を短く、サーバーの設置の必要がない、クラウドタイプのシステムです。

スマートマットクラウドの機能

スマートマットクラウドのイメージ

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年11月現在の情報です。

スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎