在庫管理術

在庫管理システムの選び方|在庫の種類|管理する在庫に合わせて選ぶ

在庫の種類

在庫管理システムを選ぶときのポイント「在庫の種類」

 在庫管理システムには多くの選択肢があります。在庫管理システムを選ぶ場合、管理の対象となる在庫の種類属している業界の商習慣やビジネスモデルに合わせる方法があります。

この記事では、業種別に在庫の種類と相性の良い在庫管理システムを紹介します。

主資材と副資材

在庫は主資材副資材という2種類に大別されます。主資材はメイン在庫とも呼ばれ、商品原材料・仕掛品・中間品などが該当します。一方副資材はサブ在庫とも呼ばれ、予備品消耗品包装材などが該当します。

主資材と副資材とは在庫管理の目的は、理論在庫上の入出庫管理と、実在庫における棚卸の管理という2種類に大別されます。
以下では製造業およびリアル店舗を持つ小売業について、在庫の種類と在庫管理の目的ごとに最適なツールをご紹介します。

対象在庫の種類

製造業の在庫管理

製造業のイメージ製造業において管理すべき在庫は大きく分けて2種類です。
主資材としては原材料・仕掛品・製品など、副資材としては予備品や間接材などが挙げられます。

商品 理論在庫・入出庫 実在庫・棚卸
メイン在庫 ERP/WMS/生産系在庫ツール +バーコード 現品管理ツール+バーコード/RFID
エクセル
スマートマットクラウド
サブ在庫 専用システム  
エクセル/スマートマットクラウド

メイン在庫(主資材)

主資材は会計とも関連するため、基幹システムやERPで管理されることの多い在庫です。
入出庫管理ではERP・WMS・生産系在庫システムと、バーコードやRFID等読み取りツールを併用する方法が主流になっています。
棚卸を効率化する在庫管理システムの選択には3種類の方法があります。

  • 現品管理システムと、バーコードRFIDのいずれかとの併用
  • 手作業での在庫計測と手書きやエクセルで作成した棚卸表
  • スマートマットクラウド

→ツールのメリット、デメリットはこちら

サブ在庫(副資材)

副資材を管理する専用のシステムもありますが、大半の企業では目視とエクセルを組み合わせたアナログな管理が主流です。
スマートマットクラウドなら、副資材を主資材と同じ管理画面上で一元管理できます。

実店舗を持つ小売業の在庫管理

小売業のイメージ店舗を持つ小売業でも、管理すべき在庫とはなんでしょうか。
主資材としては販売する商品、副資材としては食材・調理品・消耗品などが挙げられます。

商品 理論在庫・入出庫 実在庫・棚卸
メイン在庫 ERP/POS/販売系在庫ツール +バーコード 現品管理ツール+バーコード/RFID
エクセル
スマートマットクラウド
サブ在庫 エクセル/スマートマットクラウド

主資材

製造業と同じく、主資材は会計と連動できるシステムで管理されることの多い在庫です。
入出庫管理ではERP・POS・生産系在庫ツールのいずれかと、バーコードリーダーの併用が主体になります。
棚卸では3種類の方法があります。

  • 現品管理ツールと、バーコード・RFIDのいずれかとの併用
  • 手作業での在庫計測と手書きやエクセルで作成した棚卸表
  • スマートマットクラウドの利用

副資材

副資材は、製造業と同じく手作業での在庫計測と手書きやエクセルの在庫管理表による管理が主流です。
スマートマットクラウドなら、業種を問わず副資材の管理を自動化できます。

ネット通販の在庫管理

ネット通販での在庫管理は、これまでは自社開発のシステムを用いることがほとんどでした。
しかし近年、EC特化型の在庫管理システムが増加しており、配送指示などを備えた多機能なクラウド系システムも人気が出ています。

サービス業・飲食業の在庫管理

飲食店のイメージサービス業・飲食業種では、業種に特化したパッケージ製品があります。しかし個人経営の店舗では、まだまだ目視による在庫確認や手書きやエクセルの在庫表が使われています。
スマートマットクラウドは、事業所の規模を選ばず、チェーン店でも個人経営の店舗でも使用できます。深刻な人手不足に悩まされることの多い飲食業界では、在庫管理を自動化できるスマートマットクラウドが非常に便利です。

幅広い在庫や業界で導入実績あり!「スマートマットクラウド」の機能

mat_monitor-min

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年11月現在の情報です。

スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎