在庫管理術

ERP|ERPとは?基幹システムとの違いや導入メリットをわかりやすく

ERP

ERPとは?

ERPとはEnterprise Resource Planningの略で、日本語では統合基幹業務システムと呼ばれます。ERPパッケージやERPシステム、業務統合パッケージと呼ばれることもあります。

ERPとは

ERPを導入する目的は、企業の基幹業務である「会計」「人事」「生産」「物流」「販売」において、効率化・情報の一元管理を実現することです。ERPはユーザーに対して、業務や部門ごとに分かれていた処理を一括で行う統合データベースとしての役割を果たしています。

データを統合するメリットは以下の通りです。

  • 部門間の情報連携にムダがなくなる
  • 期末の会計処理が簡単になる
  • 経営課題がわかりやすくなり、経営陣の判断に役立つ

もともとERPは、生産管理の手法であるMRPを発展させて誕生したものです。 MRPは「資源所要量計画」とも呼ばれ、工場の材料や部品・仕掛品などの資材管理を効率化するためのシステムです。ERPは企業の「ヒト・モノ・カネ・情報」全てを管理できる特徴を持つため、MRPを一般企業向けにカスタマイズしたものと言えるでしょう。

また、ERPと混同されがちなのが、企業の主要業務に利用される「基幹システム」です。 基幹システムとは一般的にバックオフィス系、業務系システムと呼ばれるもので、業務ごとに独立したシステムとなっています。

一方ERPは、企業に存在するデータを一元管理することができるもので、基幹システムに比べてより業務間のデータのやり取りがしやすい点が特徴です。


ERPの種類

ERPは様々な種類があり、以下の3つの軸で分類することができます。

  • システムをどこに構築するか・・・ オンプレミス型 or クラウド型
  • システムをどう作るか・・・パッケージ型 or フルスクラッチ型
  • カバーできる業務範囲・・・業務ソフト型 or コンポーネント型 or 統合型

以下では、ERP選びに役立つ種類ごとの特徴を説明します。


システムをどこに構築するか?

オンプレミスとクラウドの違い

●オンプレミス型
自社のサーバー上にシステムを構築して利用するタイプ。
メリットは導入後のカスタマイズがしやすい点、デメリットは導入コストが高い点。

●クラウド型
インターネット上にシステムを構築し利用するタイプ。近年もっとも需要が伸びている。
メリットは、自社サーバー要らないためコストを抑えられる点と、機能拡張をベンダーに任せられる点。デメリットは、セキュリティ面のリスクがある点。


システムをどう作るか?

●パッケージ型
一般的に必要な機能を備えたパッケージを購入して利用するタイプ。
メリットは導入期間とコストが抑えられる点。デメリットは自社独自の業務などへの対応が難しい点。

●フルスクラッチ型
ベンダーに依頼してオーダーメイドで作成するタイプ。
メリットは企業独自の慣習や業務に対応できる点。デメリット、開発期間とコストが比較的大きい点。


カバーできる業務範囲

●業務ソフト型
管理会計システムや発注管理システムなど特定業務のみをカバーするタイプ。
メリットは導入期間とコストがもっとも小さく、導入リスクが小さい点。デメリットはデータの統合管理が難しい点。

●コンポーネント型
既存の業務効率化を目的として導入する、業務ソフト型と統合型の中間のようなタイプ。
メリットは導入後も新たな機能を追加できる点と、導入期間及びコストを削減できる点。

●統合型
業務一式をカバーし、企業全体のデータを統合管理するタイプ。完全統合型、全体最適型、オールインワンタイプとも呼ばれる。
メリットは、企業全体の状況がリアルタイムで把握できる点と、業務間の連携を効率化できる点。デメリットは、導入期間とコストが比較的大きく、導入リスクも高い点


ERPの選び方

ERPを選ぶときの判断基準は様々ですが、もっともおすすめなのは導入にかかるコストと時間に注目して選ぶ方法です。

従来ではオンプレミス型(パッケージ型)が主流でしたが、近年ではビジネス環境の変化や消費者ニーズの変化に対応しやすいクラウド型ERPへの移行が増加しています。

ERPは企業の利益を左右する大きな設備ですが、ERPにお金をかけて本業にかける費用と時間がなくなってしまっては本末転倒。
導入コストと時間の短いクラウド型ERPが選ばれるのも納得です。

ERP連携を見据えた在庫管理システムとは

ERP連携を見据えたスマートマットクラウド

ERPに連携することを視野に入れると、在庫管理もIT化が必要になります。 ITを利用した在庫管理システムの中で、モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoT在庫管理システムが注目を集めています。

IoT形式の在庫管理システムは業務を省力化できるだけでなく、集まるデータを分析することで、業務内容自体の見直しができると評価されています。 ERP連携を見据えた在庫管理システムを選ぶには、 「自社が抱えている課題をクリアできるIoTツールを選ぶこと」が重要になります。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎