在庫管理術

NeoSarf/POS【POSシステムの特徴・機能・仕様・価格・マニュアル・在庫管理や棚卸、発注の課題を解決するIoT】

NeoSarf/POSとは

NeoSarf/POSとは

NeoSarf/POSとは、NECソリューションイノベータが提供する小売業向けPOSパッケージシステム(*)です。

POSレジ機能、セルフレジ機能、店舗管理、在庫管理、顧客管理、本部システム、発注棚卸業務向けタブレットなど、さまざまな機能を搭載しているNeoSarf/POSについてわかりやすく解説していきます。

特徴や機能の詳細、価格、マニュアルや仕様書、サポート体制などNeoSarf/POSの気になること、疑問点をぜひチェック!

また、NeoSarf/POSと併用して使うと効果的な在庫管理・棚卸・発注が可能な今、話題のIoT機器についてもご紹介します。

*POSシステム:「Point of Sale(販売時点情報管理)」の略。小売業の日々の売上や販売した商品をデータ化して管理するために必要なシステムの総称。

NeoSarf/POSの特徴

NeoSarf/POSの特徴

まずは、NeoSarf/POSの特徴から見ていきましょう

  • 小売業に必要な機能を搭載した導入しやすいPOSシステム

  • 操作性に優れたユーザーインターフェース

    初めて利用する人でも、直感的に操作できる画面デザイン

    キーボード入力が必要なシーンでは、画面上へ最適なキーボードを表示し、画面操作のみで会計業務が可能。

  • 周辺システム・外部サービスと柔軟に連携し拡張が可能

    キャッシュレス決済システム、免税販売システムをはじめ、各種システムとも連携でき、スムーズで快適な購買体験の提供と、購買行動の一元管理が可能。

  • 多様化する決済方法へ対応

    電子マネー(ICカード・スマホ)、カード(クレジット・デビット・プリペイド)、QRコード決済(スマホ)など多様化する決済方法に対応。

NeoSarf/POS導入のメリット

NeoSarf/POSを導入することで得られるメリットは以下の通りです。

  • レジ会計の効率化

    バーコードを読み取るスムーズな会計処理により、顧客の待ち時間を短縮。

    自動釣銭機と連携することで、お釣りの渡しミスを防止し、違算金・会計ミスを低減。

  • 複数店舗の一元管理

    本部でリアルタイムに売上情報を確認。在庫状況を店舗にいなくても把握できるので、売上管理や在庫管理のコスト削減にも有効。

  • 人手不足解消

    セルフレジを導入することで、レジ業務の省人化・省力化。新型コロナウイルス感染症対策にも。

  • 売れ筋商品の把握

    POSレジからのデータを収集し、売上データの分析や、正確な売れ筋商品の把握、細かな在庫管理品と品揃えの強化

  • リピート顧客の獲得

    購買履歴管理、DM発行、ポイント管理などの機能を搭載。

  • 新規オープン店をサポート

    売れ筋商品の把握による店舗ディスプレイの見直しや、在庫の見える化により、店舗全体の生産性向上。

NeoSarf/POSの機能

NeoSarf/POSの機能

NeoSarf/POSは小売業をサポートする以下のようなさまざまな機能を搭載しています。

POSレジ機能

売上登録、会計処理機能。POS専用機以外にも、PC・タブレットはもちろん、他社製ハードウェア*でも動作可能。

*評価済他社製ハードウェア情報は個別に問い合わせ。

セルフレジ機能

顧客自身が決済を行うセルフレジ機能により、レジ業務の省人化・省力化をサポート。

顧客の会計操作の動線を意識した画面設計なので、操作案内の手順に沿って簡単に会計が可能。

店舗管理(店番名人)

各種マスタ設定のほか、各POSレジの稼動状況の監視、POSレジ機能で収集した売上金額、客数などのリアルタイム表示やABC分析など幅広い切り口による情報管理が可能。

在庫管理システム(はやわざ名人)

ハンディターミナルを使って現場でスピーディにデータを入力し、バックヤードで確認・修正して帳票を作成。

機能一覧

仕入・返品
データメンテナンス (一覧表示、メンテナンス)
入荷確定リスト(仕入)
未入荷リスト(仕入)
仕入返品確認リスト(返品)
送品明細表(返品)
仕入先 取引一覧
在庫管理
在庫問合せ (商品別、部門別)
在庫調整入力
在庫締め処理
在庫一覧表
在庫履歴リスト
移動(入荷・出荷)
データメンテナンス (一覧表示、メンテナンス)
入荷確定リスト(入荷)
未入荷リスト(入荷)
出荷確認リスト(出荷)
送品明細表(出荷)
予定データ管理
予定データ取込(仕入予定、返品予定、移動予定(入荷・出荷))
入荷予定リスト (仕入、移動、商品別)
出荷指示リスト (移動)
返品指示リスト
補充発注
データメンテナンス (一覧表示、メンテナンス)
補充発注確認リスト
注文書
棚卸処理
棚卸準備処理
棚卸データ登録 (棚番別一覧表示、メンテナンス)
棚卸データ表示 (部門別一覧表示、商品別一覧表示)
棚卸リスト (棚番別、棚番別詳細リスト) (部門別、部門別詳細リスト)
棚卸差異リスト (部門別)
在庫棚卸金額リスト (部門別)
棚卸確定 (在庫更新)
その他
CSVデータ出力(仕入、返品、移動(入荷・出荷)、補充発注、棚卸データ)
データ削除処理 (確定データ削除、全件削除)
はやわざ名人 環境設定
ハンディターミナル連携機能*オプション <対応機種> 別途問い合わせ
ハンディターミナル データ取込(仕入、返品、移動(入荷・出荷)、補充発注、棚卸)
ハンディターミナル プログラムロード

*2021年11月時点

顧客管理システム(客増名人)

顧客情報に関する各種情報をデータベース化して管理・活用する顧客管理システム。

購買履歴の管理やポイント管理、DM発行、効果分析など、さまざまな機能を搭載。

本部システム(連結名人)

本部と店舗の間の集配信を実施。各店舗の売上や入出荷・棚卸、顧客情報を本部はもちろん各店舗間でリアルタイムに共有することが可能。

発注・棚卸業務向けタブレット(はやわざ名人-TB)

返品、移動、棚卸、廃棄、補充発注など従来型PDA(*)やハンディターミナル機能をAndroid版タブレットに集約。

*PDA:Personal Digital Assistantの略。スケジュールや住所録、メモなど個人向けの情報を記録できる端末のこと。

自動釣銭機

自動釣銭機と連携した釣銭管理で、取引処理のスピードアップと違算金の防止をサポート。

現金露出低減による防犯・不正防止、従業員教育の時間短縮などが可能に。

免税販売業務ソリューション(J-TaxFreeシステム)*連携システム

免税申請書類の作成に費やす時間の短縮、記入漏れや記入ミスの防止、書類不備のリスク防止をサポート。

「NeoSarf/POS」と売上情報を連携。

NeoSarf/POSの仕様

NeoSarf/POSは、NECグループ製のPOS専用機以外にも、他社製のPOS専用機や、PC、Windowsタブレットなどハードウェアでも導入が可能です(評価済他社製ハードウェア情報は個別に問い合わせ)。

店舗ごとの運用形態にあわせたシステム導入ができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

NeoSarf/POSの価格

NeoSarf/POSの価格

気になるNeoSarf/POSの価格ですが、

  • POSソフトウェア初期ライセンス標準価格15万円(税別)

    *初期ライセンス費用のみ。 システム構築・ハードウェア費用、保守費用は別途発生

となります。

見積もりなど不明点は、公式サイトの問い合わせフォームから問い合わせをしましょう。

*2021年11月時点

NeoSarf/POSのマニュアル

NeoSarf/POSのマニュアル

NeoSarf/POSは、操作性に優れたユーザーインターフェースを採用しているので、操作マニュアルレスを実現。

導入時のスタッフへの教育コストの削減もサポートします。

また、365日対応のヘルプデスクのサポートを行っており、専用コールセンターで導入後の各種サポート(操作問い合わせ・不具合対応など)を一括で受け付け。

ハードウェア故障の際は、2時間で駆け付け対応を実施しています。

NeoSarf/POSの在庫管理の注意点

NeoSarf/POSKの注意点

在庫管理や発注・棚卸の機能を備えているNeoSarf/POSですが、以下の点には注意が必要かもしれません。

  • 発注・棚卸業務向けタブレット(はやわざ名人-TB)には、Android版タブレットが必要。ない場合は購入コストがかかる。

  • 在庫管理や棚卸にはハンディターミナルが必要。ない場合は購入コストがかかる。

  • ハンディターミナルでスキャンする手間がかかる。管理商材が多いとその労力が大変。

  • ハンディターミナルのスキャン漏れやミスの可能性もある。

これらを踏まえ、自社の業務内容や課題やコストと合っているか、使いこなせるかをしっかり検討しましょう。

次の項では、人力や手間もかからず、遠隔管理も可能な今、話題のIoT機器について詳しく解説していきます。

上記のような在庫管理・棚卸・発注の課題を解消するなら、IoT機器と併用するのも解決策の一つと言えるかもしれません。

在庫管理・棚卸・発注を自動化するIoT

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理・自動発注・棚卸を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・棚卸・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

ハンディターミナルやタブレットは不要!スマートマットクラウド

NeoSarf/POSとスマートマットクラウド

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品の在庫管理も可能

  • 発注手段(メール、FAX、インフォマート、メディコード

  • 発注タイミング・数量(不定期定量発注、定期不定量発注

  • 冷凍室利用もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 導入時の機器設置のお手伝いや、導入後のサポート体制も充実 ※一部プランを除く

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎