在庫管理術

Musubi AI在庫管理【特徴や機能・価格・サポート・AI在庫管理の課題とIoT】

Musubi AI在庫管理とは

Musubi AI在庫管理とは、薬局向けサービスの開発・提供を行っている株式会社カケハシ(KAKEHASHI)が2021年9月8日に提供を開始した、AIを活用し、薬局の業務効率と在庫管理を効率化するクラウド型の医薬品在庫管理・発注システムです。

服薬期間中のフォローや地域連携薬局などの改正薬機法や毎年の薬価改定、調剤報酬改定による調剤料の減少といった薬局経営に大きく関わる課題や不安の改善をサポート

デジタルの力で薬局の経営・業務そのものを変革すること=「薬局DX」(デジタルトランスフォーメーション)として注目を集めているMusubi AI在庫管理。

この記事では、Musubi AI在庫管理の特徴や機能、価格、サポートについてわかりやすく解説していきます。

また、また、病院・医療・薬局の在庫管理・発注を自動化するソリューションとして今、話題の今、話題のIoT機器についてもご紹介します。

Musubi AI在庫管理の特徴

Musubi AI在庫管理の特徴

では、まずMusubi AI在庫管理の主な特徴を見ていきましょう。

  • 最短3クリックで完了!誰でも最適な発注が可能

    「空き箱発注にしているので常に在庫が過剰気味かも」「発注点発注にしているけど、発注点の管理が面倒」といった課題を解消。

    AIによる需要予測アルゴリズムが毎日の発注おすすめリストを提示。。

  • PTP/バラやエンシュアの味も自動紐づけでカンタン管理

    薬局の在庫管理に適した独自コード(特許出願中)を開発

    AIアルゴリズムが独自コードを自動で紐づけるため、患者さんにとって必要な違い(PTP/バラ、壺/チューブやエンシュアの味など)での在庫管理がカンタンにできます。

    *PTP(press through pack):包装シートとは薬を包装する方法の1つで、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシート状のもの。プラスチック部分を強く押す事でアルミが破け、中の薬が1錠ずつ取り出される仕組み。

    *エンシュア:食事がとれないときに用いる総合栄養剤。

  • 店舗間融通や、売却機能により不動在庫の圧縮をスムーズに

    自店舗だけではなく、他店舗の不動在庫・有効期限切迫品も確認可能。他店舗への在庫融通機能やPharmarket*への「らくトク売却機能」により、不動在庫をスムーズに圧縮。

    *店舗間融通・売却機能は現在開発中

    *不動在庫:処方されずに使用期限まで調剤室の棚を占有し、最終的に廃棄されると薬局経営に大きな影響を及ぼす可能性の高い在庫のこと。厚生労働省の調査では、薬局にストックされている医薬品が使用期限を迎えて廃棄されるリスクは、年間約280億円といわれています。

    *Pharmarket(ファルマーケット):調剤薬局様の『不動在庫』を、シート単位で買い取りし、販売している医療機関限定の会員制サイト。

Musubi AI在庫管理の機能

Musubi AI在庫管理の機能

Musubi AI在庫管理の主な機能は以下の通りです。

発注

  • AIによる発注おすすめリストでの半自動発注(最短3クリックで発注が完了)

  • 個別調整用に手動での発注も可能

  • 発注端末アプリ(2021年内リリース予定)

入庫/出庫

  • 医薬品卸からの納品データを自動で取り込み

  • 入庫時は自動で独自コードを紐づけ

  • 出庫をAIアルゴリズムが学習し適切に引き落とし

患者来局予測

  • 患者さん一人ひとりの来局履歴や次回来局予測を見える化

  • 特にフォローしたい患者さんをカレンダーで表示

在庫管理

  • 不動在庫、期限切迫品の見える化

  • スムーズな店舗間融通(2021年内リリース予定)

  • 棚卸アプリ(予定)

らくトク売却機能(予定)

  • 不動在庫を自動的に検知し薬剤売却の簡易見積が可能に

  • 在庫管理画面からPharmarketへワンストップで売却

レポート・帳票(予定)

  • 棚卸帳票 / 医薬品購入・払出し・在庫一覧帳票

  • 医薬品の購入や払出しを任意の期間ごとに集計し見える化

Musubi AI在庫管理の価格・サポート

Musubi AI在庫管理の価格とサポート

Musubi AI在庫管理は、基本プランですべての機能・サービス・サポートを利用することができます

Musubi AI在庫管理は、薬局体験アシスタント「Musubi」のオプションサービスですが、提供する別機器の設置によって「Musubi」の導入有無にかかわらず利用が可能となります。

Musubi AI在庫管理のリリースを記念して、薬局DXをはじめる薬局を応援するキャンペーンを実施中。

2022年3月末までの申し込みで、初期費用が無料&月額使用料が最大2年間無料になるなど各種割引キャンペーンが適用されます。

  価格 Musubi AI在庫管理ベーシックプラン Musubi AI在庫管理らくトク売却プラン
Musubi導入済み 初期費用 無料 無料 無料
月額使用料 3,000円 半年無料 半年無料・AI在庫管理経由での売却回数に応じて無料期間延長
Musubi未導入 初期費用 100,000円 無料 無料
月額使用料 5,000円 半年無料 半年無料・AI在庫管理経由での売却回数に応じて無料期間延長

*2021年12月時点

詳細はMusubi AI在庫管理の公式サイトから問い合わせを。

Musubi AI在庫管理の無料サポート一覧

機能追加・アップデート 2年で80回超のアップデート実績
電話サポート 100%応答!不通時は折り返し対応を徹底
遠隔サポート 技術担当による直接対応
ユーザーコミュニティ参加 勉強会や交流イベントなど随時開催
ユーザー追加 店舗の人員拡大にも柔軟に対応可能

AIを使った在庫管理の注意点

Musubi AI在庫管理の注意点

AIによる在庫管理は大きなメリットが多々ある一方で、以下のような点に注意が必要です。

  • AIシステム導入費用やランニングコストがかかる

  • AIで代替できる=雇用の減少

  • 情報漏洩のリスク

  • 責任の所在が曖昧になることも

これらを踏まえ、自社の業務内容や課題やコストと合っているか、使いこなせるかをしっかり検討しましょう。

次の項では、人力や手間もかからず、遠隔管理も可能な今、話題のIoT機器について詳しく解説していきます。

上記のような在庫管理・棚卸・発注の課題を解消するなら、IoT機器と併用するのも解決策の一つと言えるかもしれません。

在庫管理・棚卸・発注を自動化するIoT

Musubi AI在庫管理のIoT

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理・自動発注・棚卸を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・棚卸・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

スマートマットクラウドで在庫管理を自動化

Musubi AI在庫管理とスマートマットクラウドクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、貴院でも簡単に自動化が可能です。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

「スマートマットクラウド」は、メール・FAXに加え、医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く使われている標準商品コード「メディコード」を使ったAPI連携により、貴院で現在お取引のある主要ディーラーに対し自動で発注を行うことができます。

スマートマットのサイズは、A5サイズ〜A3サイズまで

  • 倉庫室のラック上

  • 診療エリア備え付けの棚の中

  • 引き出しの中

貴院のスペースや使用状況、導線に合わせた設置が可能です。

医薬品の発注・在庫管理を効率化!スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの医療機関に導入いただいています。導入をきっかけに医薬品の発注・在庫管理を効率化した事例をご紹介します。

▼冷蔵庫内の医薬品管理の事例(美容専門皮膚科 レナトゥスクリニック

renatusclinic_case_03

在庫管理にかかる時間が従来の1/3以下に。時間だけでなく、雑務に仕事を中断されるストレスがなくなった。また、冷蔵庫内に置けるため、遠隔監視ができるようになり、面倒な確認作業が不要に。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎