在庫管理術

病院物流管理システム hope lifemark-indii【特徴・機能・費用価格・注意点・併用におすすめなIoT】

病院物流管理システム hope lifemark-indiiとは

hope lifemark-indiiとは

hope lifemark-indii(読み方:ホープ ライフマーク-インディ)とは、富士通の先端ICTで構成されたヘルスケアソリューションの一つで、院内の物流管理および医療材料費削減を支援する病院物流管理システムです。

院内で取り扱う医療材料・医薬品などの移動・在庫・購買情報を管理する物流管理と、医療材料費の適正化を支援するコスト分析機能で、病院の経営改善を物流業務面からサポートします。

この記事では、hope lifemark-indiiの特徴や機能、費用価格、注意点などをわかりやすく解説。

また、病院・医療・薬局の在庫管理・発注を自動化するソリューションとして今、話題の今、話題のIoT機器についてもご紹介します。

*ICT:情報通信技術

hope lifemark-indiiの特徴

hope lifemark-indiiの特徴

では、まずhope lifemark-indiiの特徴の特徴やメリットをご紹介します。

院内の物流業務を効率化

医療材料や医薬品等の発注から納品までの購買業務と院内での物流業務をリアルタイムに一元管理し、院内の物の動きや在庫状況をひと目で確認。

オプション機能の「HOPE LifeMark-Indii V1 電子カルテ連携」を導入することで、電子カルテ(オーダリングシステム)の依頼・実施データとの連携が可能。

診療実績に基づき医療材料・医薬品の自動払い出しや患者様への使用情報の追跡することで、請求部門や購入部門担当者様の入力やチェックの手間を大幅に削減。

院内の医療材料費を適正化

病院の医療に関わる費用のうち、人件費に次いで多いのが医療材料・医薬品などにかかる材料費は、年々増加傾向に。

この課題をサポートする医療材料コスト分析機能では、院内で使用する医療材料の価格適正化や診療費用のとり漏れ防止に。

  • 適正価格で購入

    「医材単価ベンチマークサービス」では、クラウド上に蓄積された約2500病院から収集された購入単価と自院の購入単価を比較・検討することが可能。

    自院の価格ポジションが明確となり、購買弱点の見える化や適正化をサポート。

  • 安い商品に切り替え・集約

    「用途分類ABC分析表」では、購入比率の高い材料の種類(用途分類)の特定が可能。

    「医材単価ベンチマークサービス」と組み合わせて購入 比率が高い材料から優先的に購入単価を比較・検討することで、より効果的に医療材料費の削減に。

  • 医事請求漏れ・SPD過剰請求を抑止する

    「医事・物流突合表」では、医事システムの請求情報と物流システムの集計情報を比較することで、医事の請求漏れやSPD業者へ過剰請求を抑止・発見が可能に。

hope lifemark-indiiの機能一覧

hope lifemark-indiiの機能一覧

物流管理システム共通
請求業務
消費業務
払出業務
発注業務
納品業務
棚卸業務
月次業務
入札業務
マスタ管理業務
各種他社システムとの連携機能
多数の統計データ出力と分析機能
コスト分析機能
医材単価ベンチマークサービス機能
用途分類ABC分析機能
医事・物流突合表
オプション機能
オーダ連携機能
ロット管理機能

hope lifemark-indiiの費用価格

hope lifemark-indiiの費用価格

hope lifemark-indiiの費用価格は、2021年12月時点で、公式サイトには記載されていません

費用、資料請求などの問い合わせは、公式サイトの問い合わせフォームまたは専用のフリーダイヤルへ。

hope lifemark-indiiの注意点

hope lifemark-indiiの注意点

多くのメリットや多彩な機能を備えたhope lifemark-indiiですが、以下のような場合には、注意が必要かもしれません。

しっかり把握したうえで、自社に業務やシステムに合っているのかを見極めることが重要です。

  • そもそもインターネットやデジタルが苦手

  • システムを導入するコストや環境が不安

  • 労力と手間がかかる在庫管理や発注、棚卸をまずは効率化したい

上記のような点が気になる場合は、今、注目のIoT機器との併用を検討してみるのも良いかもしれません。

在庫管理・棚卸・発注を自動化するIoT

hope lifemark-indiiのIoT

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理・自動発注・棚卸を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・棚卸・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化医薬品標準コード「メディコード」とのデータ連携が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

スマートマットクラウドで在庫管理を自動化

hope lifemark-indiiのスマートマットクラウド

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、貴院でも簡単に自動化が可能です。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

「スマートマットクラウド」は、メール・FAXに加え、医薬品やディスポーザブル製品の受発注などに広く使われている標準商品コード「メディコード」を使ったAPI連携により、貴院で現在お取引のある主要ディーラーに対し自動で発注を行うことができます。

スマートマットのサイズは、A5サイズ〜A3サイズまで

  • 倉庫室のラック上

  • 診療エリア備え付けの棚の中

  • 引き出しの中

貴院のスペースや使用状況、導線に合わせた設置が可能です。

医療材料を一元管理!スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの医療機関に導入いただいています。導入をきっかけに医療材料の一元管理を実現した事例をご紹介します。

▼医療材料管理の事例(医療法人一成舎GOGO歯科クリニック様

gogo_dental02-1

歯科クリニックに点在する医療材料を一元管理。スタッフによる在庫管理にかかる時間を大幅に削減。管理画面を材料の定数や発注点を教える新人研修に活用している。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎