在庫管理術

循環棚卸|循環棚卸の目的ややり方と効率を上げる方法とは

循環棚卸

循環棚卸とは

循環棚卸と一斉棚卸の違い

循環棚卸とは、倉庫内にある在庫を場所や種類、作業する日などの項目にわけて、順番に在庫数を調べていく実地棚卸の方法です。


英語では、サイクルカウントやサイクルカウンティングと呼ばれています。


循環棚卸では、常に棚卸を行うことにはなりますが、業務(入出庫)を止めるのは、棚卸をしている場所だけになるので、お店や工場のオペレーションを止めることはありません


棚卸の方法には大きく分けて「循環棚卸」と「一斉棚卸」の2種類あります。

この記事では、循環棚卸にスポットを当て、一斉棚卸との違いや循環棚卸の方法、デメリットや注意点についてわかりやすく解説していきます。また、循環棚卸の効率化に役立つ話題のIoT機器についてもご紹介!

循環棚卸の目的

循環棚卸を行う目的は、自社の資産状況を正確に把握し、利益と税額を決定することにあります。

循環棚卸が正確に行えなければ、決算書の記載内容は実態とかけ離れたものになり、財務状況が把握できません


このような理由から、大手企業などにおいては実証手続(会計監査における用語。勘定科目における重要な虚偽記載を検出する目的で行う検証のこと)を目的に棚卸の現場に監査人が立ち会うことも。

 

循環棚卸と一斉棚卸の違い比較一覧表【特徴・メリット・デメリット】

大きく分けて2種類の方法がある棚卸ですが、それぞれの違いを簡単にわかるように特徴・メリット・デメリット・注意点を一覧表にまとめました。

 

  循環棚卸  一斉棚卸
特徴 ・在庫の種類や場所、作業する日を分けて棚卸する

・すべての在庫を一度に棚卸する

メリット ・業務がストップしない
少ない人手で行える
・一度にするため、ミスや数え間違いは少なく、精度は高め(会計上の締めと一致させやすい)
デメリット・注意点 ・分けて棚卸しするため、ミスや数え間違い(棚卸要件が重複)が起こりやすく、精度が低くなることも ・製造業なら生産ラインを止め、スーパーなど小売業なら休業しなければならないため業務がストップする
・人手が大勢必要なため、場合によっては棚卸のためだけにバイトを雇ったり、夜を徹することも

 

このようにメリット・デメリットが両方ある2つの棚卸。


以前は一度業務を止め、全商品を一気に数える「一斉棚卸」が主流でしたが、ネット通販やEC事業の成長や消費者のニーズの高まりや変化に伴い、大手通販倉庫のamazonやコンビニなど24時間365日稼働する企業が増えてきたため、業務を止めず行う「循環棚卸」を導入する企業が増えています

 

循環棚卸の方法・やり方

では、循環棚卸の作業の流れを大まかに見ていきましょう。

  • 計画表を作成したり、手順を決める
  • 業務(入出庫)を止める
  • 倉庫内にある在庫を場所や種類、作業する日などの項目に分ける
  • 棚卸をする棚を決め、目視で数えたり、RFID、バーコードなどのハンディターミナルでスキャンする
  • ミスがないか確認し、ミスがあれば在庫の差異を修正。その棚の在庫を確定させる
  • 通常業務の入出庫を再開する

このように1つの棚の棚卸が終わったら、また次の棚の業務(入出庫)を止め、同様の流れで進めていきます。

循環棚卸を実施するには、日頃から実在庫と誤差なく正確に帳簿の記録ができていることが前提となります。
「在庫管理システムを導入しているけれども、理論在庫と実在庫が合わない」
そんな悩みを解決できるソリューションを紹介します。

循環棚卸を効率化する方法のひとつIoT

倉庫棚卸で活躍するIoTIoT(アイオーティー)とは、英語のInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。


あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます


製造業やスーパーやコンビニなどの小売業界もIoTを導入することで、在庫状況などを把握し、より効率的な在庫管理や棚卸・発注が可能になります。搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

 

棚卸業務の労力を削減し、効率化する!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは実在庫をデータ化

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年4月現在の情報です。

 

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

関連記事

  • 棚卸ロスとは
    棚卸

    棚卸ロス【逆ロスとの違い・デメリット・ロス率の計算と平均目安・ロス率の下げ方・原因と対策】

  • 期首棚卸高とは
    棚卸

    期首棚卸高【期末棚卸高との違い・売上原価の計算・期末棚卸高との差額や不一致・勘定科目と仕訳】

  • 在庫差異とは
    棚卸

    在庫差異【在庫差異率の計算式と許容範囲・原因や影響と対策法のIoT】

  • 棚卸

    棚卸減耗【原因・計算方法・仕分方法・棚卸減耗損や商品評価損・正確な棚卸に役立つIoT】

  • 在庫評価方法
    棚卸

    在庫評価方法【6つの在庫評価の方法と在庫評価損を計上する理由とは】

  • 現品管理とは
    棚卸

    現品管理|目的と重要性とは?現場の在庫管理を正確にする方法と手順

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎