在庫管理術

IIoT(インダストリアルIoT)【IoTとの違い、IIoT化のメリット・必要条件・オススメ機器】

IIoT(インダストリアルIoT)とは

IIoTとは

IIoT(読み方:アイアイオーティー)とは、Industrial Internet of Thingsの略で、製造・輸送・物流など製造業の分野におけるモノのインターネットを意味します。

わかりやすく言うと、IIoTとは、製造業の現場にIoT=モノのインターネットを導入することで、「自動化」や「見える化」を可能にすることです。

具体的には、現場作業の改善、倉庫内の在庫管理工程管理品質管理などさまざまな業務が効率的に行えるようになります。

この記事では、IIoTとIoTの違いやIIoT化のメリット、IIoTの活用事例などをわかりやすく解説していきます。

また、製造業の業務を「自動化」「見える化」する今、話題のIoT機器についてもあわせてご紹介!

IIoTとIoTの違い

では、まずIIoTとIoTの違いを今一度おさらいしましょう。

両者の定義を簡単にまとめると…。

IIoTとIoTの違い

  • IoT(Internet of Things)

    日本語では「モノのインターネット」。

    電化製品、医療器具、自動車、建物など多種多様なモノがインターネットに通じて相互につながることで可能となるサービスやビジネス、もしくはそれを実現するための技術のこと。

  • IIoT(Industrial Internet of Things)

    日本語では、「製造業=産業用のモノのインターネット」。

    産業界の製造現場の生産・加工機械や装置、設備、システム、人の動きや各工程の情報をセンサーやカメラなどで収集し、インターネットで共有することで可能になる技術のこと。

つまり、簡単に言うと、IIoTはIoTをもとに、産業界に特化した技術であり、IoTの一種であり、より進化したものと言えるでしょう。

IIoTを実現するために必要なこと

  • IIoTは、IoTの代表的な活用事例としてあげられる「スマートウォッチ」や「スマート家電」といった日常のプライベートな使用や事務作業向けのものではありません

    製造・輸送・物流といった産業分野の現場で、業務効率化や安全性向上を目指すためのものであるため、IIoTで使用するセンサーやネットワークには以下のような条件が必要になります。

  • IIoTの必須条件
    • 常時稼働
    • 予期しないエラーや障害やセキュリティ上のリスクなどに柔軟に対応できる堅牢性
    • 安定性
    • 高度なアクセスレベルの制御(アクセスできる人員を細かく制御)
    • 通信サービス品質を維持するためのネットワーク帯域幅

    IIoTは製造・物流・輸送などの産業分野の現場で利用されるものであり、常時稼働が原則となります。

    そして、産業界では、業務上の機密情報や知的財産を取り扱うことがあるため、システムの安定性と堅牢性、高度なアクセスレベル制御ができることも欠かせません。

    さらに、産業分野では工場の規模にもよりますが、多数のIIoT機器が必要になり、それぞれでネットワーク通信を行うため、十分なネットワーク帯域が必要となります。

    IoTでは、上記すべてを満たす必要はありませんが、IIoTでは、上記は必須だという点もIIoTとIoTの違いの一つと言えます。

IIoT化のメリット

では、IIoT化=IIoTを導入することでどのようなメリットがあるのかを具体的に見ていきましょう。

IIoT導入の効果

  • 製品やサービスの原料の製造から消費者への提供まで(サプライチェーン)の見える化・最適化

  • 製造工程管理・工場設備の安全管理・製品品質管理・生産管理・在庫管理・流通管理など各業務の効率化

これらが可能になることで、コストの削減や製品価値の向上といった大きなメリットを得ることができます。

IIoTの事例

IIoTにいち早く取り組み、導入を進めている事例をいくつかご紹介します。

  • NEC Industrial IoT

    NECの先端技術とノウハウをベースに製造業のDXを実現するソリューション。

  • KOMTRAX(コムトラックス)

    コマツが開発した建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステム。

  • MindSphere

    Siemens Software(シーメンス ソフトウェア)が開発した製造業向けのオープンなクラウドベースのIoTオペレーティングシステム。

次の章では、大掛かりなシステムを導入するには、「知識が…、コストが…」という不安がある人にオススメの製造業や産業界のIoT化=IIoT化で多くの実績を持つ話題のIoT機器をご紹介します。

製造業の見える化・自動化を実現!スマートマットクラウド

カンバン方式に限界を感じている現場をサポートするスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年11月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎