在庫管理術

食品製造業の在庫管理【課題・効率化するために必要なDXと成功事例】

食品製造業の在庫管理とは

食品製造業では、消費期限や安全性、季節による収穫量などを十分に考慮した原料を過不足なく各製造ラインに供給する効率的な在庫管理が重要です。この記事では、食品製造業の在庫管理の課題とそのために必要な在庫管理DX、成功事例をわかりやすく解説します。

目次

食品製造業の在庫管理とは

食品製造業は、

  • 食料品製造業 パンや肉、調味料などを製造
  • 飲料・タバコ・飼料製造業 酒やソフトドリンク、タバコなどを製造
 に分類され、さらに加工の仕方でも以下のように分類されます。
  • 1次加工 農産物の原料としての性質を大幅に変えたりほかの食材を加えたりしない
  • 2次加工品 いくつかの原料を組み合わせて加工
  • 3次加工品 1次加工食品または2次加工食品を組み合わせて、原料とは異なる状態に加工

原料の小麦を例にすると、以下のように当てはまります。

  • 1次加工 小麦から製粉して小麦粉を製造
  • 2次加工品 小麦粉を使ってパンやパスタ、うどんなどを製造
  • 3次加工品 小麦粉を使って製造したパンに砂糖やチョコレートなどの加工を加えてケーキを製造

food_inventory_01

消費者が日々、口にする食品を扱っているため、その原材料の在庫管理や保管には慎重さが求められます。

さらに、原材料の欠品や賞味期限切れなどが製造ラインに大きな影響を与えてしまいます。

そのため、食品製造業の在庫管理は「仕事内容がきつい」という声が聞かれるほど労力と精神的な負担の大きい重要な業務の一つにあげられています。

製造業の業務効率化・コスト削減の成功事例集を見る(無料)>>

食品製造業の在庫管理の課題

金属や木材、薬品などを原料とするその他の製造業と大きく異なり、食品製造業は生ものである食材が原料です

在庫管理を行う際は、以下のような点に十分な注意を払う必要があります。

food_inventory_02

収穫する時季

旬の時季にしか入手できない原料があったり、季節ごとに入手する原産地の変更があるなど、原料の調達には収穫する時季の影響が大きい。

原料の発注先を日々、確認しないと発注漏れやミスにつながることも。

原料の豊作・不作

気温や雨量など年ごとに原料の豊作・不作がある。不作の際は原料不足や原料の高騰の影響も大きい。

安定した製造が行える原料の在庫を確保する必要があります。

自然災害

気温や雨量に加え、地震、台風、噴火、河川の氾濫や津波といった自然災害による原料不足。

また新型コロナウィルスなど感染症の流行も自然災害に含まれ、これらによる需要の変化に対応する在庫維持が必要です。

異物混入や誤投入

異物混入や誤投入など人的ミスによる不良品の発生。在庫の厳重な管理はもちろん、素早い発見・対応が必要になります。

レシピずれの課題解消方法を詳しくみる>>

消費期限がある

消費期限内に使い切れるだけの原料の在庫(適正在庫)維持。

消費期限を超えてしまうと廃棄しなければならないため、食品ロスやコストの問題にもつながってしまいます。

在庫の賞味期限管理を読む>>

安全性

消費期限切れや誤投入による不良品を発見できずに出荷・販売してしまうと食中毒や甚大な疾患、最悪の場合は死亡というケースも。

回収や補償にかかる費用のほか、安全性の崩壊にもつながり、経営に大きなダメージを与えてしまいます。

目視で数えにくい(残量が見えにくい)原料

液体や粉類といった中身が見えずらい上に、目視では数えにくい原料の在庫管理は膨大な手間がかかる上に、人的なミスにもつながります。

季節や流行要因による需要の増減

季節による気温の変化(暑い日にはアイスの需要が増えるなど)、TV番組やSNS発信による特定の商品の需要の大幅な変化などを考慮した原料の在庫確保・維持。

食品製造業の在庫管理を効率化する方法

食品製造業の在庫管理における多くの課題を解消し、効率化するには「在庫管理のDX」が必要だと言われています。

具体的には、IoTやAIといった最新デジタル技術を利用し、人が行っていた棚卸や発注といった在庫管理業務を効率化することです。

そして、ただ単純に最新技術を導入しただけではDXは成功とは言えません。

最新技術が人の代わりに行ってくれるおかげでこれまで在庫管理にかけていた時間を本来の業務や研究・開発などに集中させることで、新たな利益を生み出すことまでがDXの本当の目的です。

さらに導入した最新技術から取得したデータを蓄積・活用することで、同様に新しい利益へとつなげることもDXの成功には欠かせません。

製造DXの誤解と成功要因とは①【DXの進展を阻む3つの誤解】を読む>>

製造DXの誤解と成功要因とは②【DX推進プロセスに潜む3つの罠】を読む>>

製造DXの誤解と成功要因とは③【DX4つの成功要因】を読む>>

リアルタイム在庫情報で食品製造業の在庫管理DXを実現「スマートマットクラウド」

 

smart_mat01_2312

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

食品製造業で生産する際に必要なさまざまな原料の在庫管理もスマートマットで自動化。数えにくい粉物や液体も重量で簡単に数値化。生産性の効率化をサポートします。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

●リアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔管理が可能

スマートマットクラウドはリアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔で管理。工場内の自動化、スマートファクトリー化をサポートするIoTソリューションです。

在庫置場に出向くことなくリアルタイムで管理画面から在庫数を確認できます。在庫確認や補充タイミング把握のため、倉庫や工場内を走り回る必要はもうありません。

smartmat_zaiko

◆特徴

  • 在庫管理工数削減:日次での在庫確認と発注を自動化リモート管理もOK!
  • 数えにくい原材料も管理:液体や気体、粉など中身が見えにくいものも重さで管理
  • 在庫差異を縮小:重量計測で正確な在庫数を自動記録
  • 遠隔で在庫を一元管理:倉庫や各拠点の在庫を管理画面で一元管理

「スマートマットクラウド」で在庫管理DXを実現した食品製造業の成功事例

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)