在庫管理術

スマートシェルフ【在庫管理や棚卸を効率化・デジタルサイネージによる販促は?特徴・仕組み・メリット】

スマートシェルフとは

スマートシェルフとは

スマートシェルフとは、英語でSmart shelf、日本語に訳すとスマートな(賢い)棚という意味です。

RFID(読み方・アールエフアイディー/英語:Radio Frequency Identification)=RFIDタグ(RFタグ)やラベルやカードに記憶された人やモノの個別情報を、無線通信によって読み書き(データ呼び出し・登録・削除・更新など)する自動認識システム(技術)を使い、陳列棚や倉庫のラックなどに収納されている商品の在庫管理を効率化する手法です。

主に、流通・小売業界の人手不足や業務の効率化、本来の接客に集中…といった課題を解決するためにで近年、導入が進んでいます。

この記事では、在庫管理棚卸を効率化し、デジタルサイネージ(*)による販促も可能なスマートシェルフの特徴や仕組み、メリットをわかりやすく解説。

また、スマートシェルフと組み合わせることで、より高い効果が得られる話題のIoT機器についてもご紹介します。

*デジタルサイネージ:屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するメディア。映像による電子看板・掲示板のこと。

スマートシェルフの特徴と仕組み

スマートシェルフの特徴

スマートシェルフで使用するRFIDは、従来、利用されていたバーコードとは異なり、

  • 複数タグを一括で読み取り可能

  • 距離の離れたタグも読み取り可能

  • 箱の中などタグが隠れてもいても読み取り可能

  • タグの表面が汚れていても読み取り可能

特性(メリット)を生かし、棚やラックの商品(製品)を以下のように管理します。

  • 陳列棚や倉庫のラックなどの商品(製品)にRFIDタグ(RFタグ)やラベルやカードを貼り付ける

  • RFIDタグ(RFタグ)やラベルやカードをリーダー(読み取り機)でスキャンする

このようにRFIDを使い、棚の上や奥にある商品(製品)の管理がスマート(効率的)に行えるというわけです。

スマートシェルフのメリット

スマートシェルフのメリット

スマートシェルフには以下のような大きなメリットがあります。

  • 倉庫やバッグヤードはもちろん、店頭に陳列された在庫もリアルタイムで確認できる

  • タグの一括読み取りや箱の中の読み取りが可能なので在庫管理や棚卸作業の労力と時間を削減できる

  • 欠品しそうな商品情報がすぐにわわかるので、欠品防止、販売機会の損失ができる

  • 販促活動を自動化できる

    顔認証、重量センサー、デジタルサイネージなどの技術を新たに採り入れた次世代スマートシェルフが登場。来店者ごとに最も有効な販促活動。

    具体的には、顔認証や重量センサーを組み合わせ、誰がどの商品を手にとって購入したかを識別、その情報をもとにデジタルサイネージに棚の前に来た顧客に最適なCMを流すことで、購買意欲を高める。

 

スマートシェルフの現状

スマートシェルフの市場規模は、2020年の18億米ドルからCAGR(平均成長率)25.1%で成長し、2026年には71億米ドルに達すると予測されています。

国内でも、凸版印刷や博報堂プロダクツなど多数の企業がスマートシェルフを開発・販売。

デジタルサイネージスマートシェルフといった次世代のスマートシェルフも続々登場しています。

在庫管理におけるスマートシェルフの注意点・課題

スマートシェルフの注意点

すでにお話してきた通り、スマートシェルフは基本的にRFIDを使用した管理方法です。

そのため、在庫管理においてが以下のようなの点には注意が必要に。

  • RFIDリーダー(読み取り機)はまだ比較的高価。導入コストがかかる


  • RFIDタグをスキャン(読み取る)手間がかかる


  • RFID読み取りに失敗したり、ミスをすることもある

これらを踏まえ、自社の業務内容や課題やコストと合っているか、使いこなせるかをしっかり検討しましょう。

次の項では、人力や手間もかからず、遠隔管理も可能な今、話題のIoT機器について詳しく解説していきます。

上記のようなスマートシェルフの課題を解消するなら、IoT機器と一緒に使用するのも解決策の一つと言えるかもしれません。

在庫管理を見える化するIoT

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している状況下において、いかに効率化して正確に在庫管理・自動発注を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・発注の自動化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、発注管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

RFIDの課題を解消!スキャンの必要ナシ!スマートマットクラウド

スマートシェルフ とスマートマットクラウド

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品の在庫管理も可能

  • 発注手段(メール、FAX、インフォマート、メディコード

  • 発注タイミング・数量(不定期定量発注、定期不定量発注

  • 冷凍室利用もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 導入時の機器設置のお手伝いや、導入後のサポート体制も充実 ※一部プランを除く

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎