在庫管理術

MRP(資材所要量計画)|MRPとは?製造業の生産管理手法の仕組みや特徴

MRP資材所要量計画

MRPとは?わかりやすく解説

MRPとは、英語のMaterial Requirements Planning Systemの略で、日本語では「資材所要量計画」と訳されます。

MRPとは「必要なものを」「必要なときに」「必要なだけ」購入・製造するため、生産計画をもとに資材の必要数を計算し購入時期を決める手法のことです。

在庫管理・発注業務を効率化するための生産管理のやり方=MRPと言って良いでしょう。

MRPの計算に必要なもの

MRPの進め方

MRPを算出するため主に必要になるものは以下の3つです。

  • 生産計画:製品の生産量・時期を決定する計画。使用する資材が決定しBOMが作成できる

  • 部品構成表(BOM):製品を作る時に必要な部品を一覧にしたもの。これを元に資材の使用量を計算する

  • 在庫情報:在庫数や発注残(発注済みで未納の数)、仕掛といった在庫管理情報。これを元に発注リードタイムと発注ロットを算出する

MRP2やERP、JITとの違いは

MRPからMRP2を経てERPへ

MRPは1970年代に「アメリカ生産在庫管理協会(APICS)」が提唱した手法ですが、製造業の現場では今でも使われている管理手法です。

MRP2(製造資材計画)とは、MRPの進化系の考え方で、資材以外の人員や設備など、製造に必要なすべての資源を管理する仕組みで、1980年代に広まりました。

1990年代になると、ERPEnterprise Resource Planning)が登場します。ERPとは日本語では企業資源計画と呼ばれ、、MRP2のさらなる進化系の管理手法。

MRP2は生産プロセスを効率化するのが目的でしたが、ERPは生産にとどまらず業務のシステム化によって全体の業務を最適化することが目的となっています。

また、JIT(ジャスト・イン・タイム)とは、トヨタ自動車が開発した生産管理方式です。MRPと同様に「必要なものを」「必要なときに」「必要なだけ」供給するための生産計画という考え方をもとにしています。

では、MRPとJITの違いは何か、簡単に説明すると…。

MRPの生産計画の指示は、すべて中央の計画立案部門から全工程に同時に押し出されていくので、「押し出し(プッシュ)方式=計画主導型の生産管理方式と呼ばれます。

一方、JITの生産計画指示は「後工程」が「前工程」に必要な部品の品番や数量を指示して「前工程」から部品を取り寄せる「引っ張り(プル)方式」=後工程引取型の生産管理方式と呼ばれます。

MRPを導入する目的やメリット

MRPを導入する目的やメリットは以下の通り。

  • 在庫リスクの軽減および在庫の最適化
  • 資材コストの削減
  • 業務の効率化による生産性の向上
  • 顧客サービスの向上

 

MRPを導入する課題・デメリット

  • 部品表(BOM)の整備の手間やコストがかかる
  • 計画変更、発注変更、在庫変動などにスムーズに対応する必要があるため、部門間のリアルタイムの情報共有が不可欠
  • 在庫管理情報にミスがあると正確な発注リードタイムと発注ロットを算出できない

このようにMRPの導入時にはデメリットがあることを把握した上で、自社の業務やシステムに合っているのかを見極めることが重要です。

 

置くだけで正確な在庫管理が可能!スマートマットクラウド

生産計画を最適化するスマートマットクラウドスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料、親身なサポート体制で導入しやすいと好評です。

契約継続率98%の満足度!累計導入800件/20,000台の以上!スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応
※2021年5月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎