在庫管理術

自動車製造業の在庫管理【課題を解消し、効率化する在庫管理DX・成功事例】

自動車製造業の在庫管理とは

効率良く自動車を製造するためには、さまざまな部品や原材料を過不足なく各製造ラインに供給する効率的な在庫管理が重要です。この記事では、自動車製造業の在庫管理の課題とそのために必要な在庫管理DX、成功事例をわかりやすく解説します。

目次

自動車製造業の在庫管理とは

automobil_inventory_01

自動車製造業は、日本の経済や雇用を支える重要な基幹産業のひとつです。

日本の三大自動車メーカーと呼ばれているトヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車のほか、部品メーカーなど各種下請け会社までさまざまな企業が自動車製造に携わっています。

自動車はプレス、溶接、塗装、エンジン製造、組み立て、検査という工程で製造され、1台の自動車を製造するには細かいネジなども含めると数万個の部品や原材料が使用されています。

効率良く自動車を製造するためには、さまざまな部品や原材料を過不足なく各製造ラインに供給することが不可欠です。

原材料の在庫切れが製造ラインのストップという悪影響を及ぼすため、在庫管理は重要かつ責任の大きい業務と言えます。

製造業の業務効率化・コスト削減の成功事例集を見る(無料)>>

自動車製造業の在庫管理の課題

製造ラインへや品質にも大きく影響する自動車製造業の在庫管理ですが、使用する部品や原材料の種類や数が多いため、以下の課題があげられます。

automobil_inventory_02

膨大な労力と時間がかかる

自動車製造は顧客の希望により、オプションを搭載する多品種少量生産が多いため、原材料や部品の数も膨大。

数ミリ単位のネジやボルトまで人が数えているため、労力と時間がかかっている。

数え間違いなどの人的ミス

人が行うアナログ管理のため、数え間違いや確認ミスなどがどうしても生じてしまう。

在庫情報の見える化ができていない

担当者しか在庫情報を把握しておらず(在庫情報の属人化)、急な欠勤や退職時に問題が生じてしまう。

さらに発注のタイミングも担当者の長年の経験や勘に頼っていることも多い。

目視で数えにくいものの管理

液体や気体、粉など中身が見えにくく、数えにくい原材料の管理が難しい。

最適な発注タイミングがわからない

よく使う部品と使わない部品が曖昧で発注タイミング(閾値)もはっきりしないため、部品の在庫切れや発注漏れが発生。

納期厳守のため、過剰に在庫を抱えてしまう

部品などを製造・供給・納入するサプライヤーの遅れが製造ラインに影響してしまうため、それを避けるために多めに在庫を抱えてしまう。

関連記事>>多品種少量生産

関連記事>>過剰在庫とは

自動車製造業の在庫管理を効率化する方法

自動車製造業の在庫管理における多くの課題を解消し、効率化するには「在庫管理のDX」が必要だと言われています。

具体的には、IoTやAIといった最新デジタル技術を利用し、人が行っていた棚卸や発注といった在庫管理業務を効率化することです。

そして、ただ単純に最新技術を導入しただけではDXは成功とは言えません。

最新技術が人の代わりに行ってくれるおかげでこれまで在庫管理にかけていた時間を本来の業務や研究・開発などに集中させることで、新たな利益を生み出すことまでがDXの本当の目的です。

さらに導入した最新技術から取得したデータを蓄積・活用することで、同様に新しい利益へとつなげることもDXの成功には欠かせません。

製造DXの誤解と成功要因とは①【DXの進展を阻む3つの誤解】を読む>>

製造DXの誤解と成功要因とは②【DX推進プロセスに潜む3つの罠】を読む>>

製造DXの誤解と成功要因とは③【DX4つの成功要因】を読む>>

リアルタイム在庫情報で自動車製造業の在庫管理DXを実現「スマートマットクラウド」

 

smart_mat01_2312

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

自動車製造業で生産する際に必要なさまざまな部品や原材料、資材の在庫管理もスマートマットで自動化。生産性の効率化をサポートします。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

●リアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔管理が可能

スマートマットクラウドはリアルタイム実在庫のデータを収集、分析、遠隔で管理。工場内の自動化、スマートファクトリー化をサポートするIoTソリューションです。

在庫置場に出向くことなくリアルタイムで管理画面から在庫数を確認できます。在庫確認や補充タイミング把握のため、倉庫や工場内を走り回る必要はもうありません。

smartmat_zaiko

◆特徴

  • 在庫管理工数削減:日次での在庫確認と発注を自動化リモート管理もOK!
  • 数えにくい原材料も管理:液体や気体、粉など中身が見えにくいものも重さで管理
  • 在庫差異を縮小:重量計測で正確な在庫数を自動記録
  • 遠隔で在庫を一元管理:倉庫や各拠点の在庫を管理画面で一元管理

「スマートマットクラウド」で在庫管理DXを実現した自動車製造業の成功事例

 

 

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

関連記事

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)

人気事例

  • 三洋化成工業株式会社
    化学工業

    【業務効率化・生産性向上】試薬・溶剤の発注を完全自動化。液体窒素や廃液処理までも管理する事で、メイン業務である分析に専念

    三洋化成工業株式会社

    / 生産性向上 / ゴミ回収

  • 株式会社SUBARU
    製造業

    消費スピードの予測が困難な部品在庫数をリアルタイムで把握。管理人件費削減により従来の1.5倍の費用対効果と若手の従業員体験向上を同時に実現

    株式会社SUBARU

    / 生産性向上 / 遠隔監視

  • 株式会社神戸製鋼所
    製造業

    欠品防止で生産停止リスクを排除。検査工程に必須のX線フィルム在庫を大幅に圧縮し大幅なコストコントロールを自在にする発注マネジメント

    株式会社神戸製鋼所

    / 発注ミス / 適正在庫

\3分でわかる!スマートマットクラウド/

  • サービス資料を読んでみる(無料)