在庫管理術

委託在庫|預け在庫とは何か?メリットや在庫管理の注意点

委託在庫

委託在庫とは

委託在庫(預け在庫)とは、顧客や仕入先が置き場所になっているが、所有権は自社にある在庫を指します。
在庫の置き場所は、外部倉庫や販売委託先などで、製品を委託販売店に預けたり、製造のため部品を仕入先に預けたりするケースが該当します。
反対に、所有権は取引先にあるけれど、自社においてある在庫受託在庫(預かり在庫)と呼びます。

在庫の種類 特徴
委託在庫(預け在庫) 置き場所:取引先 所有権:自社
受託在庫(預かり在庫)  置き場所:自社 所有権:取引先

 

委託在庫と預託在庫の違いは?

委託在庫と混同されやすい言葉に、預託在庫(よたくざいこ)があります。
委託在庫も預託在庫もどちらも自社に所有権があり、取引先で保管されているという点では共通しています。


預託在庫はベンダー主導型の在庫管理方式のことで、毎月継続して使用する部品のような在庫の供給に利用されています。具体的にはサプライヤーが、顧客であるメーカーの工場に在庫を保管し、実際に消費した分のみ仕入が発生する仕組みの在庫のことをいいます。

委託在庫のメリット

委託在庫はサプライヤー側と顧客側の双方にメリットがあります。

  • サプライヤーのメリット:必要な在庫量が明確になる、生産計画が立てやすい
  • 顧客のメリット:在庫管理の手間を削減できる、在庫リスクが低い

委託在庫のデメリット

委託在庫管理の課題委託在庫のデメリットや注意点にも触れておきます。
委託在庫のデメリットとは、やはり自社にある通常在庫に比べて在庫管理が難しい点。

また委託在庫は棚卸資産除外という不正会計の温床となっている側面があり、監査で厳しいチェックが入る可能性があります。また請求や支払いの手続きにミスがあると、下請法に抵触する恐れもあります。

委託在庫の在庫管理

委託在庫の在庫管理は在庫の所有権を持っているサプライヤーの仕事になります。サプライヤーは委託在庫を自社の在庫として、自社外で保管されている状況で通常在庫と区別し管理します。

正確な在庫管理のためには、サプライヤーと在庫を購入企業の間で、在庫状況だけでなく使用実績使用予定数共有する必要があります。

委託在庫の棚卸

実地棚卸の時は、委託先や仕入先にある委託在庫の金額を計算し、実地棚卸の金額に加算する作業が必要になります。
方法は次の2つになります。

  • 実地棚卸日の預かり証をもらう
  • 実地棚卸日に預け先に出向いて在庫をカウントする

委託在庫は日常的な在庫管理や棚卸時に正確な処理が必要になります。次のセクションでは、委託在庫の管理を簡単にするIoTシステムを紹介します。

預け在庫の管理を楽にする在庫管理システムとは


物理的に離れている預け先にある自社在庫の管理は大変です。
委託在庫の管理を楽にする在庫管理システムの条件をピックアップしてみました。

  • 在庫の遠隔管理ができる
  • 情報共有が簡単
  • 需要予測の材料となるデータがとれる

委託在庫の管理に役立つスマートマットクラウド

当社の提供する在庫管理システム「スマートマットクラウド」なら、取引先訪問をすることなく、委託在庫の定期的なリモート確認が可能。コロナ禍で立ち入り制限が続く病院・介護施設や、入館手続きが厳密な製造業を顧客に持つ企業様よりご好評をいただいています。

関係部署や取引先との在庫情報が簡単に共有ができ、クラウド上に自動保存された在庫変動のデータは貴重な需要予測の材料となります。

委託在庫の在庫管理実績多数!「スマートマットクラウド 」

自動発注もできる在庫管理システムスマートマットクラウド スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年9月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

在庫管理から発注、棚卸まで不要!

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎