在庫管理術

「OBIC7生産情報ソリューション」|特徴と在庫管理機能の比較

OBIC7生産情報ソリューション

OBIC7生産情報システムとは

「OBIC7生産情報システム」は、株式会社オービックが運用する、複数の生産形態や生産管理方式に対応した生産管理システムです。

「OBIC7」は、会計情報を基幹とする統合型ERPパッケージ。ERPパッケージシェアでみると累計導入実績者数18年連続NO.1の実績があります。
「OBIC7生産情報システム」単体での導入はもちろん、他のOBIC製品と組み合わせることが可能。データの一元管理を可能にします

OBIC7生産情報システムの特徴

OBIC7の特徴

生産形態、手配方式、生産管理方式の併用に対応

「OBIC7生産情報システム」は、複数の生産形態、手配方式、生産管理方式に対応するハイブリッド型の生産管理システム。 異なる形態・方式が混在していても対応でき、効率よく生産管理を進めることができます。


クラウド・オンプレミス両方に対応

「OBIC7」シリーズは、運用形態をクラウド型、オンプレミス型の両方から選ぶことができます。 セキュリティ面の脆弱性が懸念されるクラウド型ですが、「OBIC7クラウドソリューション」は自社専用で構築・運用されるプライベートクラウド方式で提供されるので安心です。


業種ソリューションが豊富

生産管理システムは業種ごとに求められる機能が異なります。 「OBIC7」シリーズには、豊富な業種ソリューションが用意されており、自社業務をカバーする製品を選びやすいのが特徴です。

  • 化粧品製造業向け:トレーサビリティ、GMP対応
  • 食品加工製造業向け:賞味期限管理、トレーサビリティへの対応
  • 自動車部品製造業向け:自動車業界特有のEDI(企業間での電子データ交換)に対応
  • ファブレスメーカー向け:設計・マーケティング・販売に特化し、生産は外部委託する企業向けの仕様
  • 個別受注製造業向け:ユニット単位での部品手配、製造指示が可能
  • 修理・保守サービス業向け:修理、保守サービスが主体というメーカーに最適な仕様

OBIC7生産情報システムの機能

OBIC7の機能

▼OBIC7生産情報システム

項目  
対象業種 製造業
導入形態 クラウド・オンプレミス
在庫管理 生産・販売管理コアシステムに「在庫管理機能」あり
オプション 無線ハンディターミナル、EOS/EDI、指定伝票・送り状発行、輸出入管理、FAX/Mail自動配信

OBIC7の評判【メリット・デメリット】

OBIC7の評判

ネットやSNS上にある口コミを調べ、OBIC7の良い評判と悪い評判をチェックしてみました。

OBIC7の良い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
機械製造業

OBIC7を導入するにあたり社内の仕組みを見直すことで、業務改善・生産性の向上につながりました。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
医薬品製造業

専任の担当者がついてヒアリングがあり、会社の実情に合わせたカスタマイズが可能なところがよかった。

OBIC7の悪い評判

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
食品会社

動作が遅かったり、画面が固まってしまうことがあり不便に感じることがあります。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487
部品業者

ユーザーインタフェースはいいのですが、入力作業で少々面倒な点があります

OBIC7とスマートマットクラウドを比較

OBIC7とスマートマットクラウドを比較OBIC7生産情報システムの在庫管理機能と当社の在庫管理システム「スマートマットクラウド」を比較してみました。

▼OBIC7生産情報システムとスマートマットクラウドの比較

  OBIC7生産情報システム スマートマットクラウド
特徴 生産管理システムの機能のひとつに在庫管理がある 在庫管理専用システム
在庫数 ×(数値を入力) ◎(自動で計測)
業務負担 ×(入力の手間発生) ◎(無人で自動計測)
在庫数の誤差 ×(理論在庫) ◎(実在庫)

IoT機器併用でERPによる生産管理をバックアップ

生産管理とは、計画に基づいて製品がきちんと出荷できるよう体制を管理することです。
販売計画に基づいて原価管理、発注先選定、生産計画、原材料管理、製品の製造・出荷までを管理し、在庫の過不足を調整しながら滞りなく製品を流通させる業務のため、マネジメントや対応力、予測や情報分析の能力が必要とされます。

複雑で経営にも大きな影響を及ぶす生産管理の業務を支えるのが生産管理システムです。
在庫管理や手作業で行うことが難しい計算による見込み予測などの機能を備えているため、特に製造業においては欠かせないシステムとなっています。

生産管理システムを使って生産管理を成功させるためには、帳簿上の在庫だけでなく実在庫を正確に把握する工程が欠かせません。 在庫管理に特化した実在庫を把握できるIoTツールと基幹システムと組み合わせて使用することをお勧めします。


実在庫を自動で計測する「スマートマットクラウド」とは

スマートマットクラウドは、IoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動サービスです。

スマートマットクラウドの特徴は以下の通り。

  • スマートマットクラウドの上に在庫を乗せるだけで重さで在庫を検知

  • タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担は一切なし

  • スマートマットを複数組み合わせて、大きな商品(1トンでも可*条件あり)の在庫管理も可能

  • 発注方法は、メール、FAX、インフォマート、メディコードに対応

  • 冷凍室利用(マイナス15度以上)もOK

  • CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能

  • 現場への導入に向けて、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポート

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、バーコードで読み取る作業が大変」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「基幹システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎