在庫管理術

ダブルビン方式(複棚法)|ダブルビン方式とは?もっと発注を簡単にする方法

ダブルビン方式(複棚法)

ダブルビン方式(複棚法)とは

ダブルビン方式(複棚法)とは1つの在庫に対して2つの置き場を用意して管理する発注方法です。
2つの置き場のうち、一方は常に在庫が満タンになっている状態にしておき、もう一方から在庫を出庫するようにすることで在庫不足を防ぎます。

ダブルビン方式(複棚法)は、簡易発注方式にグループ分けされる定量型の発注方式で次のような在庫の管理に適しています。

  • ABC分析でCランクに該当する重要度の低い商品
  • 単価が安い資材

 


ダブルビン方式の発注方法

ダブルビン方式の発注の仕方

ダブルビン方式で在庫管理をするときの発注の仕方ですが、以下のルールがあります。

  • タイミング:ひとつの置き場の在庫が空になった時
  • 発注量:ひとつの置き場が満タンになる分量

ダブルビン方式では在庫を切らさないようにするために、在庫置き場1つ分の在庫量を補充にかかる期間で使用する分量以上に決めておく必要があります。
2つ目の置き場の在庫を使いきらないうちに、1つ目の在庫補充が完了しているように最初に在庫量を調整しておきましょう。

ダブルビン方式の特徴

ダブルビン方式のメリット

ダブルビン方式のメリットは、誰にとっても発注のタイミングが目で見て分かりやすくで理解しやすいこと。
需要予測や発注量の計算が不要で、新人に発注の仕方を教育する負担を軽減できるのがダブルビン方式の長所です。

ダブルビン方式のデメリット

ダブルビン方式のデメリットは、1回の発注量が置き場ひとつを満たす分と決められているため、在庫金額が大きくなりやすいということ。
また管理されるものが安定供給されるもの、かつ価格の低いものに限られる点もダブルビン方式のマイナスポイントです。


IoTで労力とコストを抑えてきめ細やかな発注が可能

現在発注の手軽さから、ダブルビン方式を採用している在庫管理を自動化する方法があります。
デバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoTシステムなら発注の手間をかけずに定期発注や定量発注が可能です。
「もっと在庫金額を抑えたい」
「重要度が高い商品も簡単に発注したい」
と考え、別の在庫管理方法をお探しの方。

IoTを使った在庫管理システム「スマートマットクラウド」を紹介します。
重量型IoT「スマートマットクラウド」は、デバイスの上に置くだけで自動で在庫を計測し、在庫が少なくなったら通知。 人的ミスによる発注もれもありません。
倉庫での在庫管理の作業効率を上げたいなら、 IoTツールがおすすめです。


信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

発注を簡単にするスマートマットクラウド

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎