在庫管理術

経営や営業戦略に必要なフォーキャスト(FCST)【意味・目的・使い方・需要予測に欠かせないIoT】

経営や営業戦略に必要なフォーキャスト(FCST)とは

フォーキャスト(FCST)とは

フォーキャスト(FCST)とは、英語のforecastの略で、「予想」「予測」「予報」「見込み」といった意味を持ちます。

ビジネスにおいては、事業の予算計画、営業部門の業績目標など、製造業などの発注計画などさまざなシーンで使われているビジネス用語でもあります。

この記事では、ビジネスのなかでも頻繁に利用されているフォーキャスト(FCST)について具体的にわかりやすく解説していきます。

また、フォーキャスト(FCST)を効率的に行うために今、注目されているIoTやDXについてもご紹介!

製造業の生産管理の現場におけるフォーキャスト(FCST)

製造業などにおける生産管理の現場では、受注、販売の予測管理のことをフォーキャスト管理と呼ばれています。

生産現場のフォーキャスト管理

具体的には、フォーキャスト(FCST)は、中長期的な時間軸での受注予測や需要見込みのことを意味し、これらのデータを元に具体的な生産計画を立案し、スタッフの配置や原材料の調達状況と在庫数を照らし合わせながら、効果的・最大限の利益を獲得するように生産ラインを稼働させることをフォーキャスト(FCST)管理と言います。

営業におけるフォーキャスト(FCST)

一方、営業のシーンでは、フォーキャスト(FCST)管理は、与えられた業績目標に対する着地予測のことを指します。

具体的には、業績目標を決めた際に、実際の業績着地をできるだけ正確に予測し、そこで見えてくる差異をできる限り、最小限に抑えるために対応策を計画・実行することで、ギャップを最小化していく営業マネジャーの管理業務のことです。

営業におけるフォーキャスト管理

*営業マネジャー:会社の売上を担う営業マンを束ね、彼らの能力を最大限発揮できるように管理する役職。

フォーキャスト(FCST)の目的

ビジネスにおいて、フォーキャスト(FCST)管理を行うことは主に以下のような目的があります。

  • 経営の効率化・安定化

  • 需要に沿った安定的な製品(商品)の製造と供給

  • 在庫数・発注数の最適化

  • 人材配置の適正化

フォーキャスト(FCST)の使い方・例文

では、実際のビジネス現場ではフォーキャスト(FCST)はどのように使われているのでしょうか。いくつか例文をご紹介します。

  • 「倉庫の在庫数と実際の発注数に差異が生じないように、フォーキャストしたい」

  • 「来期の営業フォーキャストを具体的に出したい」

  • 「フォーキャスト管理のおかげで、誤発注や過剰在庫が減った」

フォーキャスト(FCST)は、このようなシーンで使われています。

また、余談ですが、フォーキャスト(FCST)は、予報や予測という意味を持つため、

  • 「Weather changes, forecasts change.」=天気が変われば予報も変わる。

といったように、天気や花粉、黄砂情報の予報のシーンでも頻繁に使われる言葉でもあります。

フォーキャスト(FCST)に必要な予測の方法

フォーキャスト(FCST)に欠かせない正確な受注、販売の予測には、売り上げ予測や需要予測が欠かせません。

その具体的な方法には以下のようなものがあります。

統計的予測と人的予測

  • 過去の売り上げ実績やデータに基づいて売り上げ予測や需要予測を算出する

  • 顧客や店舗の販売員、代理店、営業担当者などの経験や判断、勘(カン)など人的な経験により、売り上げや需要量を予測する

  • 過去のデータと最新技術を活用して売り上げや需要を予測する

上記のような方法がありますが、人的な部分に頼る予測では、どうしてもミスが起こるため、予測にズレ(差異)が生じてしまうというデメリットが課題に…。

そこで、近年、最も注目されているのが、過去のデータとAIやIoTといった最新技術を併用する方法です。

次の章では、正確なフォーキャスト(FCST)に欠かせないIoTやDX化についてご紹介します。

フォーキャスト(FCST)を効果的にするためのIoTとDX化

フォーキャスト(FCST)のIoT

すでにご紹介したように、製造業や営業の現場において、業務を効率化し、利益を確保するために重要視されているフォーキャスト(FCST)。

正しい閾値を導き出し、過剰在庫や在庫不足を削減し、適正在庫を保ち円滑な製造を行うためには、部品や仕掛品や完成品などを含むすべての在庫を見える化するフォーキャスト(FCST)に欠かせないITツールの導入は今後の成長のカギとも言われています。

新型コロナウイルス、人手不足などさまざまな問題に直面している製造業において、需要や売り上げを予測し、いかに効率化して正確に発注・在庫管理を行うことができるかが重要となります。

そこで注目され、近年続々と各企業で導入されているのが在庫管理・発注・棚卸の自動化・デジタル化であり、その最も有効な方法として以下の2つが大きなキーワードとされています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み

IoT(Internet of Things)

IoT=「モノのインターネット化」

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、棚卸、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。

このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上やロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

また、新型コロナウイルス対応などで業務に忙殺されている医療分野や調剤薬局、リモートワークを取り入れたい現場スタッフをサポートすることも大いに期待されています。

次の章では置くだけで在庫の見える化・棚卸のデジタル化が可能!今、話題のIoT機器「スマートマットクラウド」をご紹介します。

*閾値(しきいち):発注点。スマートマットクラウドは、残量一覧ダイジェストメール(一日一回)や閾値(しきいち)到達時の通知、発注通知などを受け取ることができ、管理画面にアクセスしなくても在庫数量の把握が容易に可能です

スマートマットクラウドで在庫管理・発注を自動化

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するDXソリューションです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A5サイズまでの3サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

最小閾値をデータ化!スマートマットクラウド導入事例

スマートマットクラウドは、現在多くの企業様に導入いただいています。導入をきっかけに最小閾値をデータ化し、発注業務の適正化に成功した事例をご紹介します。

在庫管理のDX化(名古屋ボデー株式会社)

nagoyabody02

スマートマットクラウドの導入により、よく使う部品と使わない部品が具体的にわかるようになりました。最小閾値がデータ化されたので、「もっと早めに発注すれば良かった」などと言うこともなくなり、発注や棚卸もスムーズに。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎