在庫管理術

ロット管理|ロット管理の概要とは?管理方法と注意点

ロット管理

ロットとは?

ロット(Lot)とは、同じ条件で製造される製品の製造数量、出荷数量の最小単位のことを指す言葉で、主に製造業で使用されています。

ロットの単位には特に決まりがなく、製造側が独自に設定します。たとえば、その製造現場によって、1ロットが10個だったり100個だったりすることもあります。

基本的には、同一条件のもとで一度に生産されたものはすべて同一ロットになります。

この記事では、ロット使い方、ロット管理の意味、使い方、トレーサビリティとの関係、方法、メリット、注意点までわかりやすく解説していきます。

ロットの使い方

ロットは製造、販売、管理の各工程において使い方が異なります。そして、大きく分けて以下のような種類があります。

  1. 製造ロット

    製品の製造は在庫過多の防止や人件費・原材料費の削減において重要な役割を持ちます。
    需要や受注量をしっかり把握した上で、製品の製造を計画的に行う必要があります。計画的に製造していくために指定する製造量が製造ロットです。

  2. 購入ロット

    製造した製品が取引先へ販売される際に指定する販売数が購入ロットです。
    購入ロットは取引先との関係に大きく関わるため、自社で決める場合や取引先との交渉によって決められることも。

  3. 最小ロット

    製造工場が1回に作る最小の製品の量が最小ロットです。
    自社で設定できたり、購入者側との交渉により設定することも。

ロット管理とは?

ロット管理とは、同じ種類の商品を大量に生産・管理を行う場合に決める同一製品のまとまりの単位であるロットを使い、ロット番号を製品ごとに割り当てることで商品を管理していくことです。

ロットを製造から出荷まで管理することで、生産ラインだけでなく、倉庫での保管においてもコスト管理やスピード・効率化が可能になります。

ロット管理に欠かせないトレーサビリティ

トレーサビリティ(英語:traceability)とは、「トレース(trace)」と「アビリティ(ability)」を合わせた言葉で、日本語では「追跡可能性」と訳されます。

具体的には、製品がいつ、どこで、誰によって作られたのかの製造過程や原材料の調達から生産、そして流通経路や消費過程、廃棄までをスムーズに追跡可能な状態にすることです。

例えば、品質不良や消費切れの商品が発覚した場合、素早く適切な処置を行う必要がありますが、トレーサビリティがしっかり構築できていれば、各過程を追跡することで、問題が発生したロットの商品を回収することが可能に。

つまり、トレーサビリティの構築がロット管理にはとても重要だと言えるのです。

ロット管理の方法

  • 番号を振り、同一ロットごとに保管する

    ロット番号を振り、印字やスタンプ、シールなどで貼り付けて、同一ロットごとに保管し、ロット番号を手書き、エクセルなどで入力し、管理する。

  • 在庫管理システムを導入する

ロット管理のメリット

  • 製造する最低数量をコントロールすることによって、在庫過多などのロスやコストを削減できる

  • 材料費や人件費や工場での機械稼動の光熱費などのコストも削減できる

  • 在庫管理の効率化

  • 不良品の特定、追跡がスムーズ

ロット管理の課題・注意点

上述のロット管理のやり方でご紹介したように、ロット管理にはさまざな業務があり、担当スタッフの人員確保や労力などの問題も発生します。

また、ロット番号を貼ったり、記入、入力する際に起こる人的なミスの懸念も。


受注管理に欠かせない在庫管理を効率化!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年5月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎