在庫管理術

滞留在庫|すでにある滞留在庫の対処方法と発生を未然にふせぐ仕組みとは

滞留在庫

滞留在庫とは?

滞留在庫とは滞留在庫とは、企業が抱えている在庫のうち売れる可能性がない在庫を指しています。

滞留在庫の具体例と原因

滞留在庫は具体的には次のようなものです。

  • 消費期限を過ぎた食料品や薬品
  • 保管しているうちに汚損・破損した商品

機会損失をおそれるあまり実際に販売できる数より大量の仕入れや製造をおこなったり、在庫管理が十分でなく現在の在庫量を正確に把握しないまま発注したりすることが、滞留在庫が発生する原因となっています。

滞留在庫と余剰在庫との違い

滞留在庫と余剰在庫の違い滞留在庫と似た意味の言葉に「余剰在庫」があります。
余剰在庫とは、倉庫に保管されている売れ残りの在庫を意味しています。

どちらも長期間倉庫を占領するという点は同じですが、滞留在庫と比べると、余剰在庫は今後も販売できる可能性が高いのが特徴です。

滞留在庫を抱えるデメリットとは?

滞留在庫を抱えることは、企業にとって大きな3つのデメリットがあります。

  • キャッシュフローの悪化:仕入れで流出した資金を回収できないため資金繰りが悪化する
  • 管理コストの上昇:滞留在庫を保管している倉庫代・光熱費・管理の人件費がかさむ
  • 無駄な税金の支払い在庫に税金がかかるため、販売の見込みがない在庫を持つことは財務上のリスクを負う

現在すでに抱えている滞留在庫を処分し、再発防止対策をとることを経営課題にかかげる企業が多いのは、滞留在庫を抱えるデメリットの影響があまりにも深刻だからです。

順調に利益を出しているのにも関わらず、滞留在庫が原因で黒字倒産に追い込まれるケースもあります。

滞留在庫の対処方法

滞留在庫を抱えていることが判明したら、倉庫に保管したまま放置するのは禁物です。
売れる見込みのない滞留品による損失を増やさないために、できるだけ早く対処する必要があります。滞留在庫の対処方法は次の2点です。

滞留在庫の対処法

  • 業者に買い取りを依頼する
  • 滞留在庫を破棄する

各対処方法のメリット・デメリットを確認しましょう。

業者に買い取りを依頼する

自社で値下げしても販売するのが難しい在庫を業者に売却する方法です。
在庫買取業者は安く買い取った在庫を独自の方法で販売するルートを持っています。

メリット
  • ・現金を一部回収できる
デメリット

・企業ブランド価値を下げる可能性がある

・取引先との関係を悪化させる可能性がある

特に他の企業の依頼を受けて製造した商品は、自社だけの判断で買い取り業者に売却できないことが多く、慎重に判断する必要があります。

在庫を破棄する

廃棄業者に引き渡して在庫を廃棄し、廃棄損を計上する方法です。
決算期末までに廃棄を完了させておくことが必要になります。
廃棄損を計上する際、税務調査で実際に在庫を破棄しているか証明することが求められるため、以下のような書類を準備して提出します。

  • 廃棄した棚卸資産のリスト(名称、購入時期、購入金額の記載があるもの)
  • 廃棄した在庫の写真
  • 廃棄業者の請求書
  • 廃棄業者による廃棄証明書
  • 廃棄を決定した取締役会議事録
  • 廃棄決定内容の稟議書

滞留在庫を防ぐ方法とは

滞留在庫のおもな原因は次の2点です。

  • 不十分な在庫管理
  • 需要予測の失敗

当社では、数多くの企業・団体のお客様から在庫管理に関する相談をお伺いしてきました。
業種を問わず、滞留在庫・余剰在庫問題には以下の背景があります。

  • 労力や時間がかかりすぎるため、在庫管理が十分にできていない
  • 既存の在庫管理システムでは防ぐことができない人為的な発注ミスが発生する
  • データに基づくことなく、習慣や勘に頼った発注をしている

これらの課題を抜本的に解決する方法があります。

企業のキャッシュフローを悪化させる滞留在庫の発生を予防するには、現場に負担をかけず正確に在庫を計測する、そして在庫変動のデータを蓄積し、より正確な需要予測を可能にする在庫管理専門IoTツールの導入をおすすめします。

滞留在庫を発生させないIoTシステムとは

余剰在庫の発生を防ぐのに役立つのが、在庫管理システム。 数ある在庫管理システムの中で、モノに組み込まれているセンサーやデバイスをインターネットにつないでデータを集めるIoTシステムが注目を集めています。

在庫管理業務を省力化できるだけでなく、IoT技術で集まるデータを分析することで、より正確な需要予測ができると評価されています。 

スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった、重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

オフィスのコピー用紙、倉庫の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方の取引先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、正確な在庫管理を可能し、滞留在庫・余剰在庫の発生を未然に防ぎます

「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

多くの企業から寄せられた「今ある在庫を正確に知りたい」という声から生まれたスマートマットクラウド。 ​

「バーコードやICチップを貼る等在庫管理のために労力をかけたくない」
「理論在庫と実在庫を合わせたい」
「現状を踏まえた安全在庫が知りたい」 というニーズにこたえ、在庫管理、発注、棚卸業務を劇的に改善します。

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎