在庫管理術

VMI|ベンダー主導の在庫管理の成功条件とは?導入事例も紹介

VMIとは

VMIとは?わかりやすく解説

VMIとは

VMI(ブイエムアイ)とは、Vendor Managed Inventoryの頭文字を取った略語で、ベンダーが在庫を管理することを意味します。

ベンダーとは、商品を製造するための材料を供給する業者や、商品そのものを納品する業者を指します。

つまり、VMIとはわかりやすく言うと、材料供給業者や納品業者が購入者に代わって在庫を管理する方式のこと


イメージしやすいVMIの例としては、行商である富山の薬売り方式が挙げられます。薬売りは、各家庭に薬箱を置いて無料で預けます。家庭ではケガや病気などの際に薬箱から薬を出して使います。薬売りは定期的に家庭を訪問し、薬箱から減っている量に応じて料金を請求し、不足分の在庫を補充していきます。

製造業や小売業を中心に、VMIの在庫管理手法を導入する企業が増えています。

 

VMIを成功させるには

VMIを成功させる前提

情報の共有

VMIを成功させるためには、ベンダー(材料供給業者・納品業者)と顧客(購入者)間でリアルタイムに生産状況や売れ行き、在庫情報を共有することが欠かせません。そのためには両者の間に信頼関係が築かれていることが前提となります。

事前に取引条件を明確化

また事前に取引条件を明確化することも必要です。情報の提供方法や所有権、余った在庫の補償問題などをあらかじめ詳細に取り決めておくことで、思わぬトラブルが発生した時にスムーズに解決できます。

VMI倉庫の準備

VMI倉庫とは、必要な部品や商品の在庫を保管するために用意する倉庫のことです。VMI倉庫は、通常ベンダー側が用意します。

 

VMIの導入事例

上述したように富山の薬売りはVMIの一例ですが、そのほかにはどのような導入事例があるのか見ていきましょう。

  • ソニーEMCS

    VMIを取り入れた独自の在庫管理手法を1985年から導入することで倉庫スペースの削減に成功。
    また、納入業務を集約するため2002年から2003年までに東日本と西日本にそれぞれ調達センターを設置し、倉庫の運営コストも削減

  • ウォルマートとP&G

    ウォールマート社はP&G社との受発注の仕組みとしてVMIを導入し、売り上げを大きく伸ばすことに成功。

 

VMIのメリットや効果

では、VMIを導入することで具体的にはどのようなメリットや効果が生まれるのでしょうか。

顧客のメリット

  • 発注・棚卸・在庫管理などの業務負担がなくなる
  • 倉庫代や人件費等管理コストの負担がなくなる
  • 無駄な在庫を抱え込まないですむ

ベンダーのメリット

  • 需要予測がしやすくなる
  • 物流コストを削減できる
  • 欠品による販売機会損失を防止できる
  • 生産数の調整や販売予測を立てやすくなる

このようにVMIを導入することで、顧客・ベンダー双方にさまざまなメリットや効果が期待できます。

VMIのデメリット

VMIの課題

  • VMI倉庫やシステムなどの導入コストがかかる
  • 両者間でルールをしっかり決めないとトラブルの恐れがある
  • 運用やデータ管理に専門的な知識や経験が必要になる

このようにVMIの導入には大きなメリットがある一方で、負担やデメリットも伴います。両方をしっかり把握したうえで、自社の業務やシステムに合っているのかを見極めることが重要です。

 

VMIの成功をサポートする!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。親身なサポート体制で導入しやすいと好評です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
※2021年6月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎