在庫管理術

BPR|ビジネスプロセス・リエンジニアリングとは?すすめ方やBPRを成功させるツールとは

BPR

BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)とは

BPRの意味

BPRとはビジネスプロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)を略したもので、既存の業務プロセス(手順、役割分担、ルール)を根本から見直し新しく組織構造を再編成することをいいます。

BPRはもともと1993年にアメリカで出版された『リエンジニアリング革命』という本の中で誕生した言葉です。


現在の日本でBPRが再度注目を集めている理由は、労働人口の減少や働き方改革の促進の影響が背景にあります。従来の経営手法を踏襲していては、なかなか目標が達成できないため、BPRのような抜本的な組織改革に着目し、実践する企業が増加しているのです。

今回は、BPRの意味と混同しやすいBPRと業務改善の違い、BPRの目的やメリットについて解説します。またBPRの進め方や役に立つツールも併せて紹介します。

 

BPRと業務改善の違い

BPRと意味を混同しやすい業務改善との違いについて整理しておきましょう。

BPRと業務改善の違い

  • BPR:すべての部分を最適化し、プロセスそのものを根本から見直す
  • 業務改善:プロセスを残したまま、無理や無駄を取り除く目的で部分的に見直す

業務改善は現場が主体となって改善をすすめていくことができますが、BPRは部門の垣根を超え全体を最適化するため、経営者主導、つまりトップダウンで業務改革をすすめていく必要があります。

またBPRには高度で専門的な知識が必要になることが多く、外部の専門家活用が必要になることもよくあります。

BPRの目的とメリット

BPRは、全体的に組織の構造や評価システムを設計するため大規模な改革になり、時間も労力もかかります。
しかしBPRを実施することで、次のような非常に大きなメリットがあります。

BPRのメリット

  • 業務全体の把握見える化

  • 意思決定の迅速化

  • 生産性の向上

  • 顧客満足度向上

  • 従業員満足度向上

フローの見直しによって、業務全体を見える化することが可能に。業務フローの最適化がかなうと、組織として意思決定が大幅に早まります。結果生産性が向上し、提供できる製品やサービスの質も向上


それに従い、顧客からの評価が高まり、売り上げが上昇します。その利益を従業員の給与として還元することで、従業員満足度も高まる、という仕組みになっています。

BPRの進め方

BPRは以下の5つのステップですすめていきます

BPRのすすめ方

  1. 検討
  2. 分析
  3. 設計
  4. 実施
  5. モニタリング・評価

それぞれのプロセスについて詳しく見ていきましょう。

検討

経営層、現場と異なる階層をヒアリング。内容を取りまとめて目的・目標を設定します。対象とする業務の範囲も決定します。

分析

既存の業務課題を分析し、改善方法を検討。
具体的には、業務フローを作成し、業務量を可視化。 業務の分担・役割まで決定します。

設計

改善に向けて新しい方針・戦略を立てます。スケジュールを決め、課題解決に最適なツールを検討。導入時や運用にかかるコストと労力も調査し、現実的に対応できるかもチェックします。アウトソースできる業務がないかの検討も行います。

実施

準備して来たBPRを実行に移します。実施前に、BPRの必要性や目的を経営層から従業員へ共有することが重要になります。大掛かりな改革になるため、中間目標を設定し、短期的に効果を見直すことができる体制を作っておきます。

モニタリング・評価

導入した業務プロセスに問題はないかモニタリングをし、効果を測定します。新たな課題が発生したら、手順1の検討に戻って、原因がどこにあるのかをつきとめ、修正を加えます。

BPRの手法

BPRには、様々なツール・サービスを使うことがあります。
具体的な方法は次の通り。

BPRの手法

  • ITツールの導入
  • ERP(統合基幹業務システム)の導入
  • シェアードサービス:間接部門の業務機能を1ヶ所に集約する
  • BPO:企業のある部門を丸ごと外部の企業に移管し、業務を継続する

 

BPRにスマートマットクラウド を活用した事例

当社の在庫管理システムスマートマットクラウドもBPRを推進するITツールとして様々な業種で導入されています。
製造業、歯科医院での業務改革に役立った具体例を紹介します。

部品在庫切れの発生が課題だった製造業のケース

  • 課題:目視でのチェックに時間がかかるため実地棚卸を週1回で実施。棚卸回数が十分でなく、タイミングによっては発注が間に合っていなかった
  • 導入後:スマートマットクラウドで動きの大きい部品を自動管理し、1日1回数量を計測
  • 効果:発注もれだけでなく、カウントミスによる棚卸誤差も解消した。

歯科衛生士の業務負担が課題だった歯科医院のケース

  • 課題:在庫確認は使用量や使用頻度を把握している衛生士が担当している。診療の合間に時間がとれず残業の回数が多くなっている
  • 導入後:スマートマットクラウドで在庫管理・発注ともに自動化
  • 効果:歯科衛生士が定時で退社できるように

BPRを成功に導くITツール「スマートマットクラウド」

スマートマットクラウドは、現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、在庫管理・発注を自動化するITツールです。

スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録や、確認ができます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A5サイズまでの3サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

 API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

安心サポート

現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

ディセントワーク推進に役立った導入事例【やりがい向上・労働時間短縮の具体例】

●歯科衛生士がスキルアップできる時間を捻出(医療法人瑞翔会 栄駅前矯正歯科クリニック様

sakaeekimae_case_top0523

導入以前は歯科衛生士が中心となり、時間を費やして在庫管理にあたっていた。

 

導入後は在庫管理にかけていた時間を、理事長先生スタッフの技術を直接指導する時間に。歯科衛生士としてのスキルアップをはかる環境づくりに貢献している

 

●負担の大きい冷蔵室内での在庫管理作業を自動化(株式会社isoyaK様

sub1

冷蔵室で保管されている配達用牛乳やヨーグルトの在庫管理をスマートマットクラウド導入によって自動化。

 

体に負担がかかりやすい低音環境での作業がなくなり、在庫確認に要していた時間は他の作業にあてることができるようになった。従業員の働き方改革につながっている。

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 無料資料をダウンロード
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎