通販用在庫を倉庫で確認する作業が不要に|遠隔管理で業務を効率化|有限会社 福亀堂

有限会社福亀堂

有限会社 福亀堂

業種:製造・加工・販売業

今回のスマートマット導入インタビューは、和歌山県を中心に食品製造・加工や直売店・直営店(飲食)サービスを手掛ける有限会社福亀堂 野村社長にお話を伺いました。


Chatworkを活用した従業員のコミュニケーション効率化やGoogleスプレッドシートを利用した在庫管理の効率化に力を入れています。

  • 出先や外部など遠隔から現時点での在庫数量を把握したかった
  • 急な欠品などの際、2階の倉庫までわざわざ在庫を確認に行く手間を削減したかった

最大150万円!スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです/

  • 資料をダウンロード(無料)

 

スマートマットを知る前の倉庫管理はどのような状況でしたか

野村様

福亀堂では、梅干し、お菓子、佃煮などの食品、化粧品などたくさんの商品を取り扱ってます。 それぞれの商品を、どれだけ在庫があるかと把握するための業務が煩雑と常々感じていました。

しかも、出庫する人間も商品の数量を正確に把握していない上、急な欠品による発注依頼も発生します。 その都度、2F倉庫までわざわざ見にいかないといけない点がネックでした。

ネット販売系の商品は、お客様から注文が来て初めて在庫数量を把握するフローな為、 注文の都度、在庫数量を確認していたので、急な欠品が出ると非常に困りますね。

事務所から離れた倉庫の在庫管理にスマートマットを利用

スマートマットを知った経緯と、導入のきっかけになった点はなんでしょうか

野村様

2019年初の展示会でスマートマットを知りました。

事前にお試し導入ができたことで、使い方も簡単だとわかり、 試してみることで、基本的な利用方法、今後の活用のイメージも具体的にわいてきたことがきっかけです。

出先や外部にいても現時点での在庫数量を把握したいと常々考えていたので、これは当社の課題にマッチするのではと導入を決めました。

導入したことでの具体的な効果はどんなものでしょうか

野村様

在庫スペースに行かなくてもパソコンやタブレットで数量を把握できるので日々の業務が簡素化出来ました。2Fの倉庫までいく手間や回数が大幅に減っています。

社員も業務上の課題として考えていた「出先や外部から現時点での在庫数量を把握したい」という要望にもマッチしていますね。

有限会社福亀堂スマートマット導入風景

スマートマットを利用する上での将来的な展望はございますか

野村様

コンビニにも自社の商品を置いてもらいたいと考えてますが、自社からコンビニの所在地が、遠いところで2時間はかかる場所にあります。

スマートマットを活用して補充効率化やルート配送を考えるキッカケとして利用したいと考えています。

有限会社 福亀堂|スマートマット導入の概要

導入目的

倉庫にある商品の在庫数のリアルタイム把握

設置場所

自社倉庫、工場スペース

管理商材

菓子類、食品類 (完成商品)

スマートマット導入の決め手

スモールスタートで始められ、シンプルなサービスで活用の具体的なイメージが沸いたため

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)