発注ノートからの脱却!!院内在庫の発注自動化と発注一元化を実現。業務効率化に加え、スタッフが働きやすい環境を整備|MI総合歯科クリニック

MI総合歯科クリニックのスタッフと理事長とスマートマットクラウド

MI総合歯科クリニック

業種:歯科医

通いたくなる「ホスピタリティ」を大切に、ホテルのようなリラックス空間の中、アロマテラピーも取り入れながら、治療に専念していただける環境を整える静岡県三島駅近くの「MI総合歯科クリニック」。
今回は理事長の岩本麻也先生、フロアマネージャーを務める吉澤さまに経営と現場それぞれの視点から見たスマートマットクラウド導入の効果についてお話をお伺いしました。

  • 将来の人手不足に備えた採用企画の一環として、スタッフの働きやすさを考慮し、DXを進めた
  • 単なる管理時間の削減だけでなく、本来重要な患者対応に集中することを重視した
  • 発注ノート脱却を目標に掲げ、発注の自動化・クリック注文・入管管理と在庫管理業務を一元化できた


9月19日までにお問合せください

\最大150万円!スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです/

  • 資料をダウンロード(無料)

 

スマートマットクラウド導入前の在庫管理・発注の課題を教えてください

 

発注ノートによるアナログ管理が招く発注漏れやミス

岩本先生:

ものを使い切ったら、専用のボックスに入れ、発注ノートに記入するというアナログな方式で行なっていました。

発注ノートに記入する前に、捨ててしまって、注文されておらず「あれ、注文してくれた?」ということもありました。

治療に使用するものですので、発注漏れやミスに関しては常に気がかりでしたね。

吉澤さん:

在庫管理や発注は院内にどこに何がどれだけあるかを把握していることが大前提なので、3年くらい勤務しているベテランスタッフが行なっています。

特に決まったルールを設けていたわけではなく、大体の見当「これぐらいで注文すれば大丈夫だよね」という感じで行なっていました。

しかし、人がやることなので、どうしても漏れがでてきます。欠品に気づいて、急に近くの材料屋さんに「在庫があったら持ってきてもらえませんか」ということもあり、慌ててしまうこともありました。

MI総合歯科クリニックのスマートマットクラウド冷蔵庫管理

消費期限がある冷蔵庫内在庫もスマートマットクラウドで管理。見逃して欠品しがちな物品も自動発注。欠品の抑止につながっている

スマートマットクラウドを導入しようと思ったきっかけを教えてください

雇用が厳しい状況下、在庫管理・発注に携わるスタッフの負担を軽減

 

岩本先生:

開業した7年前は歯科助手さん衛生士さんも広告を出せば応募がたくさん来ていましたが、今はだんだん雇用が難しくなっているのを感じています。

そんな状況下にあっても当院には、たくさんスタッフが集まってくれていますが、治療、患者対応、コロナ対策…など様々な業務をこなすスタッフにとって、在庫管理や発注作業の労力や欠品を起こしてはいけないという心理的負担はかなりのもの。

だからこそ、人の手でやらなくても良い作業はなるべく機械に任せ、負担をなくしてあげたい、と考えていました。

スマートマットクラウドに関しては、Facebookの広告を拝見し、以前から興味を持っていました。


ある展示会に伺った際にたまたまスマートマットクラウドが展示されているのを見つけ、説明を聞いて検討することにしました。

将来のクリニック経営を見据えて考えると、スタッフが働きやすい環境づくりやミスが起きづらい仕組みを作っていく必要があると判断し、導入を決めました。コストと比較しても十分な価値があると確信しました。



また、導入時のフォローやサービスも不安だったのですが、導入前に営業とサポートの方が来院して、しっかりサポートしてもらえたのもありがたかったですね。

スマートマットクラウドの運用方法について教えてください

吉澤さん:

現在、100台のスマートマットクラウドを導入、その7割はよく使用する消耗品を管理。残り3割は、あまり出ないので、うっかり忘れてしまうものを管理しています。


MI総合歯科クリニックのスマートマットクラウド消耗品管理

歯ブラシなどの消耗品を管理

スマートマットクラウドを実際に導入して変わったこと、導入してよかったことを教えてください

入荷状況をパソコンでいつでも誰でも共有可能に

 

岩本先生:

なんといっても大きいのは、在庫管理・発注を担当しているスタッフの労力削減です。

吉澤さん:

そうですね。在庫管理や発注業務の負担が減ることで、本来の業務である患者さんの対応に集中できるようなりました。

さらに発注ミスをしてしまってないか、あの在庫はどうだっけといった心理的な不安要素も軽減されました。

なかでも最も便利で重宝しているのが「入荷管理」です。画面上で注文したものの入荷状況がクラウド上ですぐにわかり、1階や2階のパソコンでみんなで共有しています。

岩本先生:

「発注ノートをなくす」という目標が達成できそうです。

また、待合室の棚を改善し、物販の売り上げもアップしました。ここの在庫が減っても自動発注されるので、補充や注文といった抜け漏れの心配はないですね。

これは予想外の嬉しい効果です。

 

MI総合歯科クリニックのスマートマットクラウド物販管理

待合室で販売している物品もスマートマットクラウドで管理。待合室に置いても違和感がないのもポイント

院内改善を検討している歯科医院の先生に一言コメントをお願いします

MI総合歯科クリニックの岩本理事長

岩本先生:

スマートマットクラウドの導入でさらにDXを進めることができました。


人の手で書くということがミスにつながるのは明白。さらに人は人にしかできない仕事(患者さまの対応)をすべきだと考えています。

デジタルで院内業務の変革をすることで、患者さまとスタッフに対し、さらに向き合っていきたいですね。

インタビューのご協力ありがとうございました。今後も歯科医院のお客様の声に耳を傾け、発注をさらに効率化できるようなシステム作りに注力してまいります。

MI総合歯科クリニック|スマートマット導入の概要

導入目的
在庫管理・発注の自動化、在庫情報・入荷情報共有
設置場所
院内の棚や引き出しの中、冷蔵庫内、待合室など
管理商材
医療用の消耗品、歯科材料、院内販売商品

最大150万円! IT導入補助金対象

\スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)

関連記事

最大150万円!IT導入補助金対象

スマートマットクラウドはIT導入補助金2022対象のITツールです。IT導入補助金ご検討の方はお急ぎください/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)