在庫管理術

在庫管理×AI|AIを活用して在庫管理を効率化!特徴や導入事例

在庫管理×AI

まずは知りたい!AIとは【定義】

AIとはAI(英語:Artificial Intelligenceの略)は、日本語では人工知能と訳されます。AIの定義ですが、専門家や研究者により意見が多少異なります。

  • 人工的につくられた、知能をもつ実態。あるいはそれをつくろうとすることによって知能全体を研究する分野
  • 「知能を持つメカ」ないしは「心を持つメカ」である
  • 人工的に作る新しい知能の世界である

 

AIを使った在庫管理とは

私たちの身近にあるAIで有名なものといえば、SiriやAlexaなどの「スマートスピーカー」や「お掃除ロボット」、「自動運転車」などがあります。

では、AIを使った在庫管理とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

通常、在庫管理業務では、人力で膨大な商品・製品を管理するため、大変な労力や人件費がかかります。

人間による勘や経験を頼りにすることが多いため、予測の失敗や単純な数え間違いなどのミスが起こることが大きな課題になっていました。

AIはさまざまなパターンを経験し、学習、大量のデータを分析。人間のように作業の手順を覚えることができ、データに基づいた正確な需要予測もできます。

つまり、AIの活用で、在庫管理業務の自動化が可能になります。
コロナの影響で、リモートや遠隔管理といった働き改革が求められる今、ますますAIによる在庫管理の需要は拡大しています。

AIを使った在庫管理の事例

ここで、AIを使った在庫管理をいち早く導入している企業の事例をいくつかご紹介します。

  • 出光興産=NECのAI技術を使った在庫管理
    共同油槽所を含む国内28拠点の油槽所で出荷予測システムによる在庫情報の見える化を図り、油槽所在庫の適正化、業務効率化。
  • セブン&アイ・ホールディングス=三井物産と共同でAI分野の連携
    コンビニやスーパーにおける顧客の需要を予測、発注業務の効率化、在庫管理の精度をアップ。
  • ワークマン=日立製作所のAIを使った需要予測に基づく自動発注システムを導入
    AIが過去2年間の販売実績などから発注量を計算。季節要因などをより細かく反映し、欠品や在庫過多を防止。
 

このように製造業や小売業、アパレルなどさまざまな業界で、AIを活用した在庫管理業務の効率化が進められています。

AIを使った在庫管理の特徴・メリット

AIを在庫管理に活用するメリットAIを使った在庫管理の特徴やメリットは以下の通り。

  • 市場予測が可能
  • 機会損失を防止
  • 人的ミスを防止
  • 従業員やスタッフの労力削減
  • 余剰在庫・過剰在庫・欠品防止

AIを使った在庫管理の課題・デメリット

  • AIシステム導入やロボットの購入などの初期費用やランニングコストがかかる
  • AIで代替できる=雇用の減少
  • 情報漏洩のリスク
  • 責任の所在が曖昧

このようにAIによる在庫管理は大きなメリットが多々ある一方で、デメリットも伴います。両方をしっかり把握したうえで、自社に業務やシステムに合っているのかを見極めることが重要です。

AIより導入が簡単スムーズ!IoTを使ったスマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかった重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

重さで在庫を図るシンプルなシステムなので、RFIDやバーコード管理のようなタグやバーコードの貼り付けなどの作業負担もなく、現場への導入もスムーズです。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に改善するため現場のスタッフの労力も軽減してくれます。

CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

SIMルーター貸与、Wi-Fiアクセスポイント貸与、SIMカード貸与・通信料も無料、親身なサポート体制で導入しやすいと好評です。

契約継続率98%の満足度!累計導入700社/20,000台の以上!スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ: 30kgまで/A5サイズ5kgまで/
マルチマット 複数台の利用で1トンまで計測可能
入荷管理 可能
出荷管理 可能
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wifiで接続
海外での利用 可能
冷凍庫での利用 可能
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知
ロケーション管理 フリーロケーション管理・固定ロケーション管理のいずれにも対応
※2021年5月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人気事例

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎