在庫管理術

在庫管理の基本

 

在庫管理の基本

在庫管理とは

在庫管理とは

在庫管理は、商品を必要な時に必要な分だけ供給できるように、商品・資材・原材料の在庫数や状態を適正な水準に保つ活動のことをいいます。

在庫管理の目的は以下の2点です。

  • 適正な在庫を持って顧客に商品を提供できるようにする
  • 在庫の無駄を無くして利益を最大化する

在庫管理は商品を求めている顧客や企業の健全な経営のために必要不可欠な業務です。

在庫管理を成功させるポイントを押さえておきましょう。

在庫管理のポイントとは

  • 事前準備として5S=整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(躾)や3定=整理・整頓のやり方を把握する
  • 現在の在庫の数と状態を正確に把握する
  • 適切な計画を立て、計画に基づき実施する
  • 結果をチェックし、評価を行う

在庫管理・発注を自動化する

在庫管理の重要性【メリット】


在庫管理のメリット

在庫管理をしっかり行うことは以下のようなメリットがあります。

  • 生産性の向上
  • 余剰在庫の削減
  • 適正在庫の確保
  • スペースの確保
  • 欠品や廃棄ロスの減少
  • 品質の安定
  • 人件費の削減や光熱費、減価償却費などのコスト削減
  • 残業代の削減
  • 需要予測がスムーズになり仕入れミスを防止
  • キャッシュフローの安定
  • 従業員のモチベーションアップ

在庫管理には企業はもちろん、実際に現場で働く従業員や商品を求める顧客にもメリットがあります。

成長著しい優良企業ほど在庫管理を徹底しているという事実からわかるように、在庫管理は会社の未来を左右する重要な活動です。


在庫管理の方法【在庫管理表・在庫管理システム・エクセル・手書き・ソフト】

在庫管理のすすめ方

多くのメリットと重要性を持つ在庫管理ですが、具体的にはどのような方法があるのか見ていきましょう。


ロケーション管理

ロケーション管理とは、倉庫内の場所を指すロケーションと商品を紐づけて在庫管理を行う手法のことです。棚の場合は、棚の1段ごと、平置きの場合は、床に線を引くことでロケーションを割り振ります。

このロケーションと商品を紐づけることにより、どの商品がどの場所で管理されているかがすぐにわかります。ロケーション管理を行うことで、倉庫内で在庫を探し回ることもなくなります。


ABC分析

在庫管理とABC分析

「在庫削減をしなければいけないのに、どこから手をつけていいのかわからない」…このような問題を解決するのが、優先的に在庫管理を行うべき原材料や製品を分析する手法=ABC分析です。

すべての製品や部品を同じように管理していてはリソースがすぐに尽きてしまうので、優先順ごとにクラス分けをし、重要な事柄を重点的に管理することを目的としており、別名「重点分析」とも呼ばれています。


入出庫管理

入出庫管理とは倉庫にどれだけの商品を入庫したのか、そしてどれだけの商品を出庫したのかを管理することです。入出庫管理の方法には主に以下のようなものがあります。

  • 目視・手書き
  • 在庫管理表
  • Excel(エクセル)
  • ハンディターミナルによるバーコード読み取り
  • RFID(Radio Frequency Identifierの略語)
  • 在庫管理システム

「いつ、どの商品が、何個」出入りしたかを入出庫のたびに記録するため、複雑な手順だと手間がかかる上、記録・入力漏れなど人的ミスも発生する危険性があるため、近年は作業ミスを減らせる・生産性があがるなど多くのメリットがある在庫管理システムを導入する企業が増えています。

 

在庫管理システム

在庫管理システムといっても、さまざまなものがあり、使用するハードウェアや使用環境、自動化できるオペレーションはそれぞれ異なります。主なものは以下の5種類。

  • エクセル(マクロや関数・テンプレート)
  • ハンディターミナルによるバーコード・QRコード読み取り
  • RFID
  • ソフトウェア
  • AI・IoT機器

無料で使える在庫管理ソフトやアプリも存在しますがセキュリティ面で不安もあり、活用する際には注意・確認が必要です。

現在、最も注目を集めているのがクラウド型の在庫管理システムAI・IoT機器です。システムの開発やインフラ調達が必要ないため、低コストでスピーディに導入可能。リアルタイムで外出先からも利用できるなどメリットが多いのが特徴です。


在庫管理の課題

多くのメリットをもたらす在庫管理ですが、

  • 「何から始めて、どうすれば良いかわからない」
  • 「人力で行なっているので、ミスが多い
  • 人手不足で在庫管理専門のスタッフがいない」
  • 「コロナ禍の今、在庫管理をリモート化したい」
  • 「適正在庫の確保が難しく、余剰在庫や在庫不足が起こる」
  • 「在庫管理システムを導入したが、使いこなせない
  • 「ハンディターミナルやRFIDを導入したが、結局スキャンする手間ひまがかかる
  • 「在庫管理にかかるコストがかさむ

など、在庫管理で抱えている課題の声がさまざまな現場から聞こえています。

次の章では、そんな方にぜひ検討してみてほしいIoTを活用したおすすめの在庫管理システムをご紹介します。


在庫管理の効率化に欠かせないIoT機器

在庫管理の課題・リスクを克服し、成功するために注目されているのが、

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)
    企業の営みや産業全体をデジタルの力でよりよくしていく取り組み
  • IoT(Internet of Things)
    IoT=「モノのインターネット化」

です。

IoT機器を導入することにより、「自動化」や「見える化」が可能になり、現場作業の改善、在庫管理、工程管理、品質管理なども効率的に行えるようになります。このように稼働状況や生産状況、在庫などのデータを分析することで、人力では発見しにくい問題や傾向なども把握できるようになり、生産性の向上ロスタイムの削減につながります。

デジタルテクノロジーを駆使して、企業経営や業務プロセスそのものを根本的に改善していくDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためにIoTは欠かせない要素となります。

そして、在庫管理は製造業や小売業、アパレル、薬局や医療業界などにとって大きな関心事項であるにもかかわらず、なかなか成果を出せないという課題を解決するために必要なIoT機器が、大きな注目を集めています。

在庫管理の課題を解消!IoT機器スマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

現場のあらゆるモノをIoTで見える化し、発注を自動化するDXソリューション「スマートマットクラウド」を使えば、簡単に自動化が可能です。スマートマットの上に管理したいモノを載せるだけで設置が完了。

あとはマットが自動でモノの在庫を検知、クラウド上でデータを管理し、適切なタイミングで自動発注してくれます。

さまざまな自動発注に対応

お客様の発注先に合わせた文面でメール・FAXの送信が可能です。

在庫圧縮を促進

推移を把握できるグラフで適切な在庫量を判断し、在庫圧縮を促進します。

置く場所を選びません

スマートマットはA3サイズ〜A6サイズまでの4サイズ展開。ケーブルレスで、冷蔵庫・冷凍庫利用も可能。

API・CSVでのシステム連携実績も多数

自社システムや他社システムと連携を行い、より在庫管理効率UPを実現します。

詳しく見る

生産性向上に貢献。スマートマットクラウドの導入事例

 

従来の在庫管理とスマートマットクラウドの比較

在庫管理ツールの比較

従来の在庫管理は、在庫表やエクセルを用いたもの、RFIDを用いたものなどがあります。
在庫表やエクセルを用いた在庫管理は、出入庫のたびに在庫表に数量を記入したり、定期的に棚卸を行う必要がありました。
そのため、多くの単純作業を必要とし、人件費や時間がかかってしまう上、正確性や迅速性に劣ります。

また、RFIDは正確ではあるものの、1つ1つの商品にタグ付けを行う手間がかかる上、導入費用も高くなってしまいます。

在庫表+エクセル、バーコード、RFID、スマートマットクラウドの特徴

  在庫表+エクセル バーコード RFID スマートマットクラウド
業務負担 ×(在庫カウント・入力) ▲(在庫スキャン・入力) ○(在庫スキャン・入力) ◎(自動計測)
読み取り精度 ー(読み取りなし) ▲(スキャンもれ) ▲(スキャンもれ) ▲(計測誤差あり)
現場での作業 ×(現場で棚卸・在庫確認) ×(現場でスキャン) ×(現場でスキャン) ◎(現場作業不要)
ソフトウェア なし パッケージ カスタマイズ パッケージ

 

在庫管理・発注を自動化する

在庫管理の基本の関連記事

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る

人気事例

最大150万円! IT導入補助金を相談する

スマートマットクラウドはIT導入補助金対象のITツールです。IT導入補助金をご検討の方はお問合せください。

  • 在庫管理システムを見る
在庫管理システムを見る