業種

飲食店

株式会社アールキューブ

店舗資材の発注自動化で、飲食店の現場の負担も発注ミスも軽減

事例を読む
 

飲食店における在庫管理とは

飲食店における在庫管理とは

飲食店の在庫管理の難しさは、食材の管理にあります。 食材管理のポイントは3点あります。

  • 賞味期限消費期限管理をする
  • ②使用するときに先入れ先出しにする
  • 食材・半製品・製品を分けて保管する

納品された食材には品質管理のため、納品日、開封日、賞味期限消費期限を記入して保管します。

生鮮食品は1日に1回はシェルフライフホールディングタイムの確認と品質チェックを行い、期限切れのもの、変質したものは廃棄をします。

  • シェルフライフ:食材の消費期限のこと。これをすぎると品質が変化し人体に悪影響をおよぼす可能性がある
  • ホールディングタイム(賞味期限):製品や半製品の賞味期限のこと。これをすぎると風味が変わり商品価値が下がる

廃棄ロスを防ぎつつ、風味の落ちないうちに消費者に提供できるように、先に納品されたものから使用する先入れ先出し」が必要です。 納品された品は先入れ先出ししやすい方法で保管をします。


また肉や魚などから出る汁(ドリップ)、野菜についた土は、別の食品を汚染するリスクがあります。 食品の種類ごとに分け、保管する必要があります。


発注

食材の発注のポイントは適切な量を、適切なタイミングで注文することにあります。
発注量が多すぎると食料廃棄ロスが増え、少なすぎると機会損失につながります。 勘に頼らず発注と消費の履歴を残しデータを参照して、発注量を決めましょう。

→ フードロス(食品ロス)・食料廃棄の詳しい説明はこちら

→ 機会損失に関する詳しい説明はこちら


棚卸

飲食店、レストランや居酒屋の棚卸は、月1回以上おこないます。棚卸を行うことで、利益を把握し、在庫管理の精度があがります。
在庫数だけでなく、品質のチェックも同時におこないます。


飲食店・レストラン・居酒屋での在庫管理の課題

飲食店やレストラン居酒屋での在庫管理の課題

飲食店・レストラン・居酒屋が抱えている在庫管理の課題といえば・・・

人材不足で、店舗運営が精一杯のため在庫管理の時間が捻出できない
・備品の種類も在庫数量も非常に多い。目視で数えにくい
賞味期限がある食材の管理が難しい。冷蔵庫や冷凍庫の中まで目が行き届かない
・発注し忘れや、発注数のミス、伝票の書き間違いなどミスが絶えない
・発注した数と実際に入荷のあった量が異なり、帳簿の数字が実際の在庫と合わない
・支店の仕入れを本部一括でとりまとめたいが、在庫数は現場でないとわからない

店舗や厨房特有の在庫管理の課題は、スマートマットクラウドが解決します。

飲食店におけるスマートマットクラウドでの在庫管理

飲食店が抱える課題を解決し、業務の効率化に有効なのがIoTです。飲食店では売上管理や予約管理、在庫管理でIoTの活用が進んでいます。

スマートマットクラウドは、在庫管理に特化した重量計測型のIoT。 日々の在庫管理を簡単に正確に行うだけでなく、棚卸と発注を自動化し、生産性アップに貢献します。

→ スマートマットクラウドの詳しい説明はこちら

→ スマートマットの発注機能に関する詳しい説明はこちら

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウドは現在、飲食業界ではレストラン・居酒屋・ホテルと幅広い業態で導入・活用していただいています。
お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

※飲食店での食材の賞味期限管理についてはこちら
フードロスについてはこちら

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

自動発注

飲食店向け事業者

発注方法がFAXや電話、メールと統一されておらず、発注業務にかかる労力が大きい

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

業務効率化

老舗旅館料理責任者

棚卸業務を行う頻度が多く、店舗責任者(店長・副店長)の業務負担が重い

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

業務効率化

飲食チェーン向けSier

ホールやキッチン業務にかける時間が少なくなるため、従業員のやる気が低下

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

在庫管理

都圏ホテル料理責任者

ビュッフェなど頻繁な調理品の残量確認やホール・キッチンスタッフ間の無駄なコミュニケーションが発生

スマートマットクラウドの導入事例

スマートマットクラウドで肉の管理スマートマットクラウドで食材入れの管理スマートマットクラウドで水の管理スマートマットクラウドでペットボトル飲料管理
計測商品(例)
ビールサーバー
ビュッフェ料理
割り箸・おしぼり・テイクアウト容器などの店舗資材
生鮮食品・賞味期限管理
ゴミ箱のゴミ
置き場所(例)
店舗倉庫の棚
店内やバックヤードの床
キッチンの冷蔵庫

▼【動画】テレビ番組「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!」で紹介されました

肉汁水餃子 餃包様が食材・ドリンク・店舗資材全体の9割をスマートマットクラウドで在庫管理されている様子が番組で取り上げられました

 

▼テレビ番組「why not?~私たちの働き方~ 」で取り上げられました

株式会社アールキューブ様がスマートマットクラウドを使っている様子が、BS12のテレビ番組「why not?~私たちの働き方~ 」で取り上げられました

 

番組のアーカイブ動画はこちら(※番組サイトに移動します)

https://why-not-tv.com/2021/10/03/027/

 

▼ビールサーバー管理(株式会社アールキューブ様

スマートマットクラウドでビールサーバー管理

清潔感のある外見で、お客様の目に触れる場所での導入が増えています

▼店舗資材管理(株式会社EBILAB/ゑびや商店様

スマートマットクラウドで店舗資材管理

食材だけでなく店舗資材や除菌スプレーなど業務で扱うほぼ全ての物品を一元管理できます。

今すぐ無料資料を受け取る

スマートマットクラウド導入による効果

 
廃棄ロスの低減・コスト削減
  
残量履歴を元にした賞味期限アラートで効率的に賞味期限管理
無駄な発注をなくし、大きく廃棄ロスを低減できる 
複数店舗の在庫管理が遠隔からでき、コスト削減が可能
業務効率化
従業員が棚卸、在庫管理・発注業務から開放され、接客や調理に集中できる
経験や勘に頼った在庫管理による無駄が多い現場が、大きく効率化される
自動化で数え間違いや記入間違い、発注の漏れや重複など人的ミスが発生しない
配送・補充システムの最適化
遠隔から顧客の残量履歴のデータがチェックできるため、需要予想が可能に
正確な需要に合わせた人材配置、配送ルート決定ができる※食品卸・商社向け
採用力アップ・離職率ダウン
長時間労働になりがちな飲食業における働き方改革に貢献
スタッフの定着率がよくなり、現場の残業も低減できる

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る

飲食店の関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。

申請を検討の方はお急ぎください

  • 無料で事例集を受け取る
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード