業種

宿泊業

株式会社エフ・ジェイ ホテルズ

人手不足解消に向け、在庫管理・発注を省人化。最も大事な「お客様へのおもてなし」へ集中できる環境に

事例を読む

ホテルの在庫管理を効率化するには?

ホテル業は新型コロナウィルス流行の影響を強く受け、いままで以上に人手不足の状態で運営を強いられています。

宿泊客数の変動も大きく、需要予測の難易度があがっているため、アメニティやリネン類、飲料、食材等の在庫管理に頭を悩ませている宿泊業の方も多いのではないでしょうか。

今回は、ホテル・旅館経営における在庫管理効率化をピックアップ。ホテル・旅館業界ならではの在庫管理の課題と課題解決の方法について詳しく解説していきます。

ホテル・旅館業界の在庫管理の課題

現場の人手不足

コロナ禍の影響によって、多くのホテルがスタッフ求人を抑える必要に迫られました。業績の落ち込みもあり、業界全体で離職の増加に歯止めがかかっていない状況にあります。

現在は移動規制の緩和で客数は増加傾向に向かっているため、現場の人手不足は非常に深刻で、残された現場スタッフの負担はますます大きくなっています。

在庫管理をはじめとする定例業務の作業負担が、残っているスタッフの離職リスクとなっていること、在庫管理等定例業務に追われ、収益につながるコア業務に割く時間がないこともホテルにとって大きな懸念となっています。

新型コロナ影響によるホテル業の人手不足

管理物品の種類や点数の多さ

ホテルでは宿泊客のニーズを満たすため、多様なサービスを提供しています。アメニティ、飲料・食品・リネンや浴衣をはじめ管理している物品点数も量も多く、管理に手間と時間がかかります。

例えばスタッフは在庫確認や点検業務のため、広い館内をひんぱんに移動する必要があり、作業に身体的疲労が伴っています。

さらに管理物品の中には目の届きにくいところに保管されていたり、目視で数えにくいものが多くあります。そのため業務用シャンプーやボディソープなどの残量が少なくなっているのに気づくのが遅れることがあります。

ホテル業の在庫別管理の難しさ

また在庫確認や補充の作業のためスタッフが客室や浴室脱衣所に立ち入ることがあり、そのことが原因で宿泊客の満足度を低下させてしまうリスクを伴います。

過剰在庫・フードロス 

宿泊客の要望にできるだけ応え欠品をなくそうとするあまりに、多めに在庫を持つことが過剰在庫の大きな原因となっています。食材のフードロス・食料廃棄を引き起こしたり、滞留している在庫が保管場所を圧迫したりするケースが、後をたちません。

このようなホテルや旅館特有の在庫管理の課題を、スマートマットクラウドが解決します。

ホテル・旅館の在庫管理自動化のメリット

在庫管理の課題を解決するために、在庫管理のDXを推進するホテル・旅館が増えています。在庫管理を自動化するメリットとして、次のようなポイントをあげることができます。

在庫管理自動化のメリット

  • 在庫管理・発注作業の省人化をすすめ、人手不足を解消する
  • 業務過多によるスタッフの離職を予防する
  • リピーターを増やす接客・メニュー開発・清掃、売上増につながるレベニューマネジメントといった重要業務に集中できる
  • 在庫データを分析し、無駄な発注をなくすことでフードロス・食料廃棄を防止
  • 在庫切れがなくなり、顧客満足度がアップ
  • 過剰在庫がなくなり、キャッシュフローが改善する
  • 定期的に棚卸する時間を大幅に削減できる

などといった嬉しい効果が期待できます。

 

ホテル・旅館の在庫管理・発注・棚卸の課題を解消!スマートマットクラウド

ホテル・旅館のスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、体重計のような形の在庫管理用IoT機器。置くだけで在庫管理・発注の自動化ができる在庫管理システムです。

棚卸と発注を自動化し、在庫管理を省力化することができるほか、CSV自動出力も可能で、在庫データをスピーディに共有・活用できます。

 

hotel_case2023_4

詳しく見る

スマートマットクラウド導入のきっかけ

スマートマットクラウドは現在、業界問わず幅広いお客様に導入・活用していただいています。
お客様の実際の声をもとに、抱えていた課題とスマートマットクラウドを導入したきっかけを以下にまとめました。

  • 食品・ドリンク類、アメニティの棚卸・発注が業務負担に
  • もともと人手は足りなかったが、新型コロナウィルス流行以降、圧倒的な人手不足に悩んでいる。RPAやIoTを使った機械化・自動化は必須
  • ホールとキッチンのやり取りが煩雑で職場の雰囲気が悪くなっている
  • 食材の廃棄ロスが収益を圧迫している
  • 大浴場のタオル切れがしばしばあり、宿泊客からのクレームが多い
  • スタッフには単純作業ではなく、接客や企画などの重要業務に集中してほしい

スマートマットクラウドの使用事例

客室で使うシーツや枕カバー、タオルやパジャマのように日々入れ替えが必要になる備品の管理に役立ちます。ホテルや旅館のオペレーションをできる限り自動化し、理想の「スマートホテル」に近づけることも可能です。

スマートマットクラウドを宿泊施設でご利用いただいているお客様の実際の使用例をご紹介します。コードレスかつ省電力なスマートマットクラウドはサイズ展開も豊富で、以下のようにお客様のニーズ・利用方法に対応します。

計測商品(例)
備品倉庫のシャンプー・歯ブラシ・ボディソープなどのアメニティ類

タオル、シーツ、枕カバー、テーブルクロス、浴衣、ガウンなどのリネン類

ホテル内の飲食店・バーで出すアルコール・清涼飲料水
チェーフィングディッシュの中のビュッフェ料理・スープ・ドリンク
売店で販売するお土産・包装資材
割り箸、パンフレット、紙類などの消耗品
置き場所(例)
ホテルバックヤードにあるアメニティ保管場所の棚に多数配置
寝具やテーブルリネンを保管しているリネン庫
飲食店・バーの保管部屋の床
ビュッフェ機材の下。5分間隔で残量チェック

 

顧客満足度の向上
食材や備品が常に適量ある状態を保ち、宿泊客からのクレーム回数を減らす
ホテルスタッフが接客業務に携わる時間を捻出し、お客様の要望に迅速に応えられるようになる
業務効率化・コスト削減

ホテルスタッフを在庫管理・発注業務から開放し、レベニューマネジメント等、利益に直結する業務に注力できる環境を作る

廃棄ロスの低減・CSR貢献
消費履歴のデータを分析することで、事前に必要な材料だけを仕入れることが可能
廃棄ロスに正面から向き合う姿勢をアピールすることで、会社のイメージ向上に
業務効率化・従業員働き方改革・離職防止
在庫管理業務の負担が軽減し、ストレスから開放・働き方改革にも
働きやすい職場をアピールすることで、採用力アップ・離職率ダウンにも貢献

 

 

\スマートマットクラウドで解決できる課題がわかる!/

  • 資料をダウンロード(無料)

宿泊業の関連記事

\スマートマットクラウドで解決できる課題がわかる!/

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)