目的

働き方改革・テレワーク

株式会社 GO TODAY SHAiRE SALON

発注業務、棚卸に画期的な変化を

事例を読む
働き方改革

働き方改革とは

働き方改革をすすめる背景働き方改革とは、

・少子高齢化

・生産年齢人口の減少

・働き方のニーズの多様化

など日本が直面している課題を解決するための国をあげた改革のことです。

この改革によって生産性向上や、就業機会の拡大、個人の意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることで、経済が成長して富が再分配されることや国民ひとりひとりの将来への展望がより明るくなることが期待されています。

働き方改革関連法とは

 

働き方改革関連法案は、働き方の選択ができる社会の実現と働き方の改革を総合的に推進する法律で、正式名称は「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」です。

大企業は2019年4月1日、中小企業は事情に配慮しながら助言指導を行うため2020年4月1日からの施行となっています。

働き方改革関連法案のポイントは以下の3つ。

● 年次有給休暇の時季指定

法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日、年次有給休暇を確実に取得させる必要があります。

● 時間外労働の上限制限*

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできません。

● 同一労働同一賃金

正社員と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇差が禁止されます。

*中小企業におけるパートタイム・有期雇用労働法の適用は、2021年4月1日〜。

残業や有給休暇の申請の手続きを違反した企業に罰則も与えられるようになるため、業務の標準化・効率化が進むと期待されています。

働き方改革の実現に向けた厚生労働省の取り組み

ワークライフバランスのイメージ働き改革法案の施工を受けて、厚生労働省では以下のような具体的な取り組みを進めています。

  • 長時間労働の是正
  • 働き方の見直しに向けた企業への働きかけや、長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導の徹底など
  • 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
  • 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消<
  • 柔軟な働き方がしやすい環境整備(テレワーク、副業・兼業など)
  • ダイバーシティ(多様性)の推進
  • 国籍・性別・年齢などの区別なく多様な人材を積極的に登用する戦略
  • 賃金引き上げ、労働生産性向上
  • 再就職支援、人材育成
  • 職場のハラスメント防止対策
  • 働き方改革取り組み事例、自己診断

働き方改革特設支援サイト参照

このような取り組みは民間の大企業・中小企業にとどまらず、自治体・公務員などの業務でも進められています。

コロナ渦における働き方改革の取り組みとアイデア

コロナ渦における今、働き方改革実現に向けて、積極的に推進しているのが以下のような取り組みです。

  • 労働効率化労働生産性を上げて、残業を減らす。
  • 労働多様化ITツールを活用して在宅・オフィス外で仕事ができるように
  • 労働一般化高齢者・育児中の女性も働きやすいように

働き方改革を牽引するリモートワーク

働き方改革のための取り組みでも、特に注目されているのがリモートワーク(テレワーク)という新しい勤務のスタイルです。

これは「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のことで、特に新型コロナウイルス禍の現在の日本では、「人と接触せずに業務を進められる」という利点からも注目を集めています。

しかし、対面でないと業務が成り立たない飲食サービス業・宿泊サービス業・運送業・製造業・介護や保育園などの教育業務などでは、リモートが非常に難しいという難点があります。これらの業種においても、新型コロナウイルス禍の現在では可能な限り作業を自動化して省人化を進め、リモートワークに近づけていくことが必要です。

業務の自動化に関して、特にミスが出やすく人手が必要な「在庫管理」の自動化は不可欠です。そして、この目的を達成するために有効と考えられているのが在庫管理へのIoT技術の導入です。

働き方改革の課題・お客様の生の声

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

飲食

飲食店

おしぼり、割り箸などの備品の在庫を毎日確認するほどリソースをかけることができない

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務を効率化したい

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

オフィス

大手メーカー

不定期にパンフレットの数量を社員が確認する際、種類や数量が多く、棚卸の作業は社員にとって負担になっている

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

宿泊業

ホテル

様々な業務・不規則な労働時間・休暇の少なさなど、現場の従業員に対してとても過酷な状況になっているので、 業務効率化を図る必要がある

ccbb7801eeb1f61b0d4e9282f2c5e645

物流

卸売業

IoTツールを導入して配送スタッフの労働時間を削減したい

IoT機器スマートマットクラウドは、重量をベースに自動で在庫管理を行う最新のIoT機器です。

2020年6月末時点で導入企業は600社を誇ります。 マットの上に資材を置くことで在庫データを自動計測し、残量データをクラウド上に自動保存します。 また、PCやスマートフォンなど、お好きな端末でリアルタイムに在庫量を把握できます。

残量が減ったらアラームを飛ばしたり、自動で発注を行うことも可能です。

単純作業の機械化を実現することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。また、簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマットクラウド導入による効果事例

働き方改革を後押しするスマートマットクラウド実際にスマートマットクラウドを導入した事業者さまの事例をもとに、業種ごとに導入効果事例をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、社員の業務負担軽減が促進された
在庫を実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマットクラウド導入後はほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムでデータとして確認できるようになり、棚卸も不要になり、お客様へのサービスに集中できるようになった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
複数の顧客の商材確認を踏まえた配送ルートを効率化し、配送スタッフの労働時間を削減できる
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
サービスの質の向上、施設見学に訪れるお客様の満足度向上にも寄与
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
在庫管理に費やしていた時間・人的コストの削減に寄与し、重要業務への集中が可能になった
ホテル
従業員に対しての作業効率だけでなく宿泊者に対しての満足度も向上できる

▼在庫管理(有限会社寒河江衛生管理センター様)

Work-style-reform_06

医薬用外劇物商品 (排水管洗浄剤、トイレ洗浄剤等)を遠隔管理

▼在庫管理(株式会社 GO TODAY SHAiRE SALON様)

Work-style-reform_07

美容院で利用する日用消耗品の在庫管理や発注業務の自動化・省人化

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

働き方改革・テレワークの関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード