目的

人手不足・生産性向上

NTT東日本 板橋サービスセンター

保守パーツ部材の物品管理業務を削減・RPAで発注システム連携を推進

事例を読む
 人手不足を解消し、生産性を向上

生産性向上とは

生産性向上とは、最小限の投資で最大限の成果を生み出すことです。

日本では、働き方改革の推進など国全体を対象とした、大規模な生産性向上施策が進められています。

また、新型コロナウイルス渦では、従来の働き方が難しくなりつつあり、withコロナを見据え、今まで以上に生産性を向上させる取り組みを行っていかなければならなくなっています。

実際に、製造業や建設業、事務系の企業や個人を中心にユニークな取り組みが広がっています。

生産性向上と働き方改革

働き方改革の内容とは

働き方改革は、日本経済再生に向けての最大の施策です。その実現に向けて、2019年4月から「働き方改革関連法」が適用・施行。

就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることを目的に厚生労働省が中心となって取り組んでいます。

そして、労働制生産性を改良するための最良の手段とされているのが働き方改革であり、生産性向上の成果を、働く人たちに分配することで〝成長と分配の好循環〟が生まれます。

人手不足に悩まされている現状

人手不足に悩むあらゆる業界に対応するスマートマットクラウド

日本では少子化に伴って、人手不足が多くの業界で課題となっています。 さらには昨今のインバウンド需要が追い風となり、さらに深刻化している状態です。特に中小企業やサービス業の現場では、人が足りず、やむなく会社や店を閉鎖するなどの問題も浮き彫りになっています。

移民も政策としては考えられていますが、人材不足の問題を抜本的に解決する見込みは小さく、 かつ外国人労働者をトレーニングする人材育成の追加業務も発生することになり、様々な現場を悩ませています。

こうした現状の中で、業務の標準化・機械化を通じて、労働生産性を高めるために何らかの対策を講じることは日本全体の喫緊の課題です。そのような中で、IoTツールのスマートマットクラウドを利用した在庫管理方法が注目されています。

生産性向上をサポートするスマートマットクラウド

スマートマットクラウドのイメージ

IoT機器スマートマットクラウドは、重量をベースに自動で在庫管理を行う最新のIoT機器です。

2021年5月末時点で導入企業は700社を誇ります。 マットの上に資材を置くことで在庫データを自動計測し、残量データをクラウド上に自動保存します。 また、PCやスマートフォンなど、お好きな端末でリアルタイムに在庫量を把握できます。

残量が減ったらアラームを飛ばしたり、自動で発注を行うことも可能です。

単純作業の機械化を実現することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。また、簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。

スマートマットクラウド導入前の課題事例

スマートマットクラウドで効率アップできる在庫管理業務とは

お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウドを導入されたきっかけを以下にまとめました。

スマートマットクラウド導入のきっかけ

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

飲食

飲食店

おしぼり、割り箸などの備品の在庫を毎日確認するほどリソースをかけることができない

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務を効率化したい

82706cd90b9b8b2526afc0cfbff99ae7-1

オフィス

事務用品
メーカー

コストダウンのため、コピー用紙の発注などの単純作業を自動化したい

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

飲食

老舗旅館料理責任者

ビュッフェ料理を管理するホール・スタッフの人件費を削減したい

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

工場

金属部品
工場

顧客からの急な発注が生産性改善の阻害要因になっている

 

スマートマットクラウド導入による効果事例

実際にスマートマットクラウドを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマットクラウド導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマットクラウド導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減とサービスの向上を実現したい
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった

▼在庫管理・発注の自動化(焼肉ホルモン三四郎様)

Productivity-improvement_03

営業時間後に目視で在庫数を数え、発注していた作業員の負担を軽減し、お客様への接客に注力

▼備品管理(とりい皮膚科様)

Productivity-improvement_04

スタッフの在庫管理のために割く時間を極力少なくし、本来の業務の効率化

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

人手不足・生産性向上の関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード