目的

資材管理・備品管理

株式会社TRASTA

ホテルのシャンプーやリンス等の在庫管理を自動化。働き方改革の基盤に

事例を読む
資材管理・備品管理

資材管理・備品管理の仕事内容とは

資材管理・備品管理とは資材管理(英語: Material management)とは、企業の経営・生産に必要な原材料・部品・消耗品などを的確に入手するために,必要な品目・量・時期・価格を計画し、購入・保管・投入する生産活動をサポートする仕事です。

似た内容の仕事に備品管理(英語: Equipment management)があります。備品管理は、社内で使用する文房具やデスク、パソコンなど備品の個数や状態を把握し、管理する仕事のこと。物品管理と呼ばれることもあります。

資材管理や備品管理が正しく出来ないと、生産活動の遅れや停滞を招く恐れがあります。どちらも企業の経営に関係する重要な仕事として位置づけられています。

在庫管理との影響も大きく、適正在庫をキープすることがスムーズな資材管理へとつながります。

資材管理・備品管理の方法【エクセル・アプリ・システム】

資材管理・備品管理の具体的な方法は主に以下の3つが一般的です。

エクセル

エクセルを使った在庫管理表などを使用

アプリ

無料・有料の専用アプリで管理

システム

在庫管理システムや資材管理システムの導入

人為的ミスやトラブルを回避するため、近年では、IoT機器を使った在庫管理システムを導入し在庫管理の自動化をすすめる企業が増えています。

資材管理・備品管理の課題【お客様の生の声】

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

飲食

飲食店

ドリンク類を提供出来ない事態があっては困るため、常に多めの在庫を抱えているが、結果として過剰在庫になっている

eb539ca77a3fdbd5b64834d6f29a1b5f

介護

介護施設
事業者

バックオフィスにおける業務を効率化したい

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

メーカー

 

在庫の数量を見える化して、安全在庫を把握したい

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

介護

介護施設
事業者

消耗品の発注が月1回のため、足りなくなったり在庫を抱えてしまったりする

a6456a91e5924739a461a372e441aefc

工場

金属部品
工場

毎日動く仕掛品の数を管理することはできず、時折工場担当者が目視でチェックするのみで、
気づいたら在庫が切れている

資材や備品管理のシステム化が注目される理由

資材管理や備品管理の課題

資材・備品の管理でのミスは経営に大きなダメージを与えることがあります。計画性、判断力が要求される重要な業務です。

製造業では、生産に直結する原材料・資材・部品などの直接材と、それ以外の経費購買対象となる工具、装置、保安資材、消耗品、補修用品・部材、燃料などの間接材(副資材)に分けられます。

間接材は直接、個別製品に費用を振り分けられない、経費購買品のことを指します。 このような製品以外の膨大な量の資材、端材、備品の在庫管理を行うことは手間がかかり、現場では二の次にされがちです。

そのような中で、このような多種多様の資材、端材、備品の在庫管理をIoTシステムを導入して行うことが注目されています。

資材や備品管理を置くだけで簡単自動化!スマートマットクラウド

資材管理に最適なスマートマット

IoT機器スマートマットクラウドは、在庫チェック・在庫量のカウントといった単純作業を自動化するために、大手含め累計導入800社/20,000台(2021年5月時点)の実績を誇り、コロナ渦の現在、続々と導入する企業が増加しています。

単純作業を機械化することで、社員のモチベーション低下を防ぎ、人の生産性を大きく高めています。簡単に導入でき、コードレスで置き場所を選ばないことも、決め手になっています。発注点管理が簡単になり、在庫回転率の向上にも寄与します。

スマートマットクラウド導入による資材・備品管理の効果

資材管理の悩みをスマートマットクラウドで解決したお客様の事例

実際にスマートマットクラウドを導入した事業者さまの実際の声をもとに、業種ごとにスマートマットクラウド導入による効果をまとめました。

オフィス
総務部門が在庫管理・発注業務をする必要がなくなり、重要業務に集中できるようになった
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放された
飲食店
食材・ドリンク・販売商品・雑品等数百商品を毎日1.5時間かけて発注していたが、スマートマット導入後は
ほぼ時間をかけずに発注作業ができるようになった
在庫の数量をリアルタイムで確認できるようになり、棚卸も不要になった
物流
顧客から「自動発注されるので資材切れを気にしなくて良くなった」と好評
急な発注依頼がなくなり、配送効率が改善された
介護施設
在庫管理の見える化・自動化を通じ現場スタッフの業務負担軽減を実現
働きやすい職場をアピールすることで、企業イメージの向上、離職率ダウンにも貢献
工場
工場の現場まで行かずとも生産管理課がオフィス内から在庫量・数を管理出来る体制が構築できた
週に1度の実地棚卸も不要となり、社員はより重要業務への集中が可能になった
小売店
自動で商品在庫の数量が見える化できた。それによって安全在庫の把握が出来るので、万が一のトラブルも防げる
在庫管理に関して属人化・個人に依存していた作業を、誰でも管理可能な体制に変えられた
サービス業
食事・ドリンク類の欠品を無くすことでお客様満足度の向上を図る
残量データを分析することで調理量の調整を行い、フードロスを削減できる
スタッフがマニュアル対応していた実在庫の確認や発注・補充業務の効率を格段にアップ

▼備品管理(株式会社TRASTA様)

shizaikanri_jirei_01

梱包されているため残量がわかりづらいシャンプー・リンス・ボディーソープなどを管理。過剰在庫や目視での確認がゼロに

▼資材管理(Scentee株式会社様)

shizaikanri_jirei_02

倉庫でのルームディフューザーや香料の缶などの在庫管理。スタッフの作業効率の改善に

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

資材管理・備品管理の関連記事

今なら導入費用の2/3を補助!IT導入補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
新規CTA
今すぐ無料資料をダウンロード